万太郎本谷(2) 一ノ滝登攀 ~ BP

 開けた谷に落ちる、一筋の水流。万太郎の顔とも言える30m大滝「一ノ滝」と、念願のご対面~!時間は9:45。人数が多い割には、早めに着いた。
b0050067_22115344.jpg

 まったくもって、堂々たる見事な大滝である。
b0050067_2213212.jpg

 遡行図では右壁を登るとあるが、左壁も登れるらしい。メンバーでこの滝を登った人がいないので、情報は遡行図とオブザベーションのみ。じっくり眺めると、どうも水流左の方が良さそうだ。念願の大滝。ここは手を上げて、トップを行かせていただくっ!

 最初のリングボルトにクリップし、あとはひたすら攀じ登る。ハーケンセットを持たず、ギアはナッツ数本のみ。支点はプアで、墜落は許されない。濡れたスタンスを慎重に選び、ゆっくりと登る。
b0050067_2217113.jpg

 ランナウトしてきたので、ここで左側の潅木に支点を取る。
b0050067_2328379.jpg

 こうやって見ると、伸ばしたつもりのシュリンゲも、まだまだ短いのがわかる。まだまだ修行が足りないなぁ。
b0050067_22214096.jpg

 ほとんど登りきったと思ったが、核心は最後の最後にあった。傾斜が落ちてきたので支点も取らずに登ったら、最後のスラブはスタンスが乏しく、おまけに磨かれてツルツルに滑る。
b0050067_233013100.jpg

 遠くのヤブで気休めの支点を取り、思い切ってスラブへ突っ込む。雰囲気的には、ガマスラブ2P目の核心をフェルト&ランナウトで越え、軽くデッド気味にリップを取る感じ??ここで落ちたらかなりフォールするのでビビッた。。。てか、今思えば、ザックを置いていけばよかった??

 なんとかOSをきめ、振り返る。念願の一ノ滝を登れて、実に満足、満足^^。
b0050067_22284176.jpg

 人数が多いので、皆が登ってくる間に荷物や服を乾かしに入る。I女史も登ってきた。写真の部分が核心となったスラブ。45分ほどで、全員が無事に一ノ滝を登り終えた。
b0050067_22305467.jpg

 谷川の稜線が見えてきた~。気が付けば、青空が!!
b0050067_22581450.jpg

 二ノ滝(10m)は、右側を快適に登れる。直登の記録もあったが、既にみんな服の乾かしモードに。8月の暑い日だったら、シャワーが気持ち良さそう~!
b0050067_2303166.jpg

 さらに谷を遡行すると、ハングした三ノ滝沢が見えてきた。いよいよ、三ノ滝だ。(12:30)
b0050067_2351034.jpg

 下部は右側の凹角から。トップはSリーダー。支点が取れずノープロだが、ホールドは豊富。
b0050067_2372697.jpg

 問題は上部。じっくりオブザベーションするも、どうにもルートがわからない。それっぽいラインが2本あるが、どちらもシャワーだ。Sリーダー、迷いもなく右側のルンゼに入っていく。かなりヌルヌルなので要注意。途中から樹林帯に入り左にトラバースし、50mロープ一杯で落ち口へ。
b0050067_23163235.jpg

 14:20、全員が無事に三ノ滝を越え、ビバークポイント(BP)を探す。かなり上流まで偵察に出るが、なかなか良い場所がない。笹を踏み、なんとかBPを設営。タープを張り、火を起こしたところで乾杯~!充実した遡行であっただけに、ウマイのなんの!
b0050067_23184412.jpg

 9人分の調理は大変~。
b0050067_23192753.jpg

 夕食の食糧当番は、普通のメニューじゃもはや満足しないU嬢。ツナの炊き込みご飯&春雨スープ!これがまた、ウマイ!ツナと炊き込みって、こんなに相性がいいんだ~。
b0050067_23205435.jpg

 ウマイ、ウマイとみな、箸が進む。
b0050067_23215553.jpg

 じきに陽は西に傾き、焚火を囲みながら盃を傾ける。
b0050067_23241951.jpg

 ガスは晴れ、白鳥座が夜空を羽ばたく。稜線から大きな満月が飛び出した。そうか、中秋の名月か。心地よい疲れを芋焼酎で溶かしこむ。さぁ、明日も"make my day”だ! 【続く】
[PR]
Commented by 桜ん坊 at 2008-09-18 09:46 x
こんにちはー

すみません。質問なのですが、
> なんとかOSをきめ、振り返る。
"OS" ってなんですか?
知らない言葉を検索しながら読んでいるのですがw
"OS" だけは見当たらなくて。
教えてください (:D)┓ペコリ
Commented by kanechins at 2008-09-19 02:11
★桜ん坊さん
 コメントありがとうございます^^

 わかりづらい用語で申し訳ありません^^;。
 OS=オンサイトの略で、事前に他人の登りを見ることなく初めてルートに取り付き、フォール(墜落)&テンション(ロープへの加重)せずに完登することをさします。ホントはクライミング用語なので適切な表現ではないかもしれません^^;。
 ちなみにFL=フラッシュは事前にルートは触ってないけど、他人の登りを見てからノーフォール・テンションで完登すること。またRP=レッドポイントは、事前に何度ルートを登っても良く、とにかく取り付きから終了点までノーフォール・テンションで完登できればOKです。何トライでRPできたかを、よく「○便でRPした」とか言います。
 蛇足でTR=トップロープ、NP=ナチュラルプロテクション、B=ボルト、CS=チョックストーンなど略語が多いので、山に縁が薄い方はナンノコッチャって感じだと思います^^;。

 もしまたご不明な用語などがございましたら、お気楽にコメントを頂ければと思います^^
Commented by 桜ん坊 at 2008-09-19 14:41 x
おお!ご丁寧にありがとうございます (:D)┓ペコリ
これでもっと楽しんで読めます!

写真で滝を見てびびってしまったので、
実施は無理そうですが (^-^;)
Commented by kanechins at 2008-09-20 09:38
★桜ん坊さん
 いえいえ、どうぞまたお気軽にコメントをお願いします^^
by kanechins | 2008-09-14 22:09 | 「沢」の独り事 | Comments(4)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31