雪上技術交流会 in 針ノ木雪渓(初日)

 県山岳協会主催の「雪上技術交流会」に参加してきた。I山岳会のK2登頂経験のあるNakajima氏、酒では会で右に出るものがいないJ嬢とアルペンルート・扇沢駅の駐車場で待ち合わせ。パッキングを済ませて出発。
 「あれぇ、天気悪いなぁ。オレぁ雨男だからなぁ」とNakajima氏。「大丈夫、私は強烈な晴れ男!」のはずだったんだが、おかしいなぁ??
b0050067_22285847.jpg

 それにしても、2年前に参加したときと比べると雪が少ないなぁ。写真は堰堤横の斜面を登る先行パーティー。のちに、交流会参加パーティーとわかる。
b0050067_2230874.jpg

 歩くこと1時間弱。大沢小屋のある最終堰堤付近の左岸にキャンプを張る。我々もエスパース4テンを張る。今年は参加者が少ないみたいだ。
b0050067_22313236.jpg

 「お、晴れてきた!さすがやなぁ、オレ」と思ったが、大きな間違いであることに後に気が付く。写真の青空は爺ヶ岳JP方面。
b0050067_22324096.jpg

 準備を整え集合し、リーダーから挨拶。そして各自で自己紹介。長野をはじめ全県から集まってきた山仲間たち。
b0050067_2234583.jpg

 まずは蓮華大沢に入り、適当な斜面で実力テスト!?斜面を登降する様子を見て班分けを行うとのこと。新しい雪靴はキックが決まって実に快適!
b0050067_223630100.jpg

 中級班に混ぜていただき、斜面の上り下り技術の確認と練習を行う。指導部の方針で、ロープワークや滑落停止よりも、まず「歩行技術」ということで「歩行」に重点を置くとのこと。
 そのうち冷たい雨が体を打ちつけはじめ、谷に吹き降ろす冷たい風も次第に強くなっていった。終いには雪に変わり、訓練らしい天候になってきた。そうだ、今日は訓練なんだから晴天である必要はないのだ!ということで、晴れ男パワーは封印(うそ)。

 2時過ぎまで訓練を行い、テン場へ戻る。さぁ、待ちに待った宴会だ!この頃には天気は回復し始めた。スコップでテーブル、イスを掘る。無邪気になれる楽しい時間だ。
b0050067_2243826.jpg

 指導部が用意してくださったビールにワイン(3リットル!)、芋焼酎!そこに我々持参の梅酒、ウィスキー、日本酒も加わる。どうやら、酒に困ることはなさそうだ!?
b0050067_22441211.jpg

 そして、かんぱ~い!体が冷えても、ビールはうまぃなぁ。体が水分を欲しているのだろう。
b0050067_22445112.jpg

 参加者が少ないと、お互いの顔が見える距離感なので楽しい。
b0050067_22455785.jpg

 テントの中に移動。なんと12人全員が入り込むことができた。ガスを炊けば気温は上昇。とたんに冷えた酒がうまくなる。
b0050067_22502853.jpg

 それぞれのパーティーが持参した夕食を回し食い。パスタ&ソーセージ、具だくさん中華風丼、鍋、さぬきうどんと、おいし~食事にも大満足!

 明朝は午前3時半起床なので、午後9時前にはテントに戻ってシュラフに入り込む。ほどよく酒が回り、あ!っという間に眠りについてしまった。。。 【続く】
[PR]
Commented by 美都 at 2007-05-23 23:54 x
うわ!
素晴らしいレポですね!

続きが楽しみです!
Commented by kanechins at 2007-05-24 22:28
その節はお世話になりました^^;。稚拙な内容で恐縮ですが、またのご訪問をお待ちしております!
by kanechins | 2007-05-19 22:23 | 「山」の独り言 | Comments(2)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30