結婚披露パーティー in 八ヶ岳 (その2)

 偶然にも、二人とも四国の出身。式は故郷で執り行うが、披露は青年小屋で、というのが二人の夢であったようだ。そしていよいよパーティーが始まった。新郎新婦の入場。
b0050067_125538.jpg

 集まったのは青年小屋のスタッフはもちろん、新郎・新婦それぞれが所属する山岳会員、会社時代の友人、ワンゲル時代の仲間たちなど。なんと偶然にも、新婦は徳島大学ワンゲルOB!学生時代には中・四国地区の大学ワンゲルが集うイベントがあったりで、実は私の所属していた鳥取大学ワンゲルとは縁深いのだ。

 集まった人々。遠くは四国から訪れた人もいる。
b0050067_1124079.jpg

 それにしても、標高2,400m。駐車場からも2、3時間は歩く山の上で、これほどの料理、お酒を頂けるとはオドロキだ!聞けば、新郎新婦が何回にも分けて、自分たちで担ぎ上げてくれたとのこと。うーん、味もひとしおだ。
b0050067_114414.jpg

 小屋のオーナーでもあり、エベレストやアマダブラム登頂の実績も持つTakeuchiさん自らがステーキを焼く。
b0050067_115234.jpg

 新婦のワンゲル時代の友人達。偶然にも、私の後輩をよく知る人がいた。世間は狭いなぁ。
b0050067_1154179.jpg

 これがオーナー自慢のヒレステーキ。箸でも切れそうなくらい軟らかく、サシの入り方もバツグン!また、レアの焼き方も完璧で、心から驚くような美味しいステーキであった。山小屋で物資が限られる中での「こだわり」をステーキに出したようで、契約牧場から仕入れた最上の肉とのこと。下界でもこれほどの肉に出会ったことがないと断言する!(経済的理由も大きい)
b0050067_1192546.jpg

 山岳会の仲間たちと一緒に!
b0050067_1201891.jpg

 ケーキカット!Takeuchiさん、新郎新婦で3枚のケーキをデコレート。
b0050067_12148.jpg

 ここで、山岳会員で余興を提供。信州では「お約束」のオゲレツ余興!?もし後日、写真が入手できればアップするに。。。

 意外にも盛り上がった余興を払拭するかのように、キャンドルサービス。
b0050067_121234.jpg

 山で出会い、山で育んだ愛の力で、「人生」という名の高峰を目指し、ゆっくり歩いていかれることを祈る。
b0050067_123491.jpg

[PR]
by kanechins | 2006-10-14 22:31 | 「山」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31