信州100名山「虫倉山」

 日曜日には、中条村に位置する信州100名山のひとつ「虫倉山(1,378m)」に登ってきた。

 写真は、山姥伝説の里、虫倉の観光ポイントのひとつ、水車。
 複雑に入り組んだ道路が散在する中で、目印になりやすい。
b0050067_102044.jpg
 主要幹線が通行止めで迂回していたりしたら道に迷い、この辺りの地理には少し詳しくなったような気もする。
 そうこうして、不動滝コースの登山口に辿りついたら、1時を回ってしまった。
 写真は、不動滝を少し過ぎたところにある公衆トイレと駐車スペース。他にも車を停められるところがあり、10数台は駐車できる。
b0050067_102869.jpg
 写真は「不動滝」。 立派な名前なので荘厳な滝を期待していたが、うーん、といった感じか。
 登山口は、この滝を過ぎたすぐのところにある。
b0050067_103560.jpg
 虫倉山にはルートが5つあり、今回は「不動滝」コースを辿る。
 いきなりの急登を登り詰めると、北アルプスの眺望が素晴らしい尾根に出る。
 快適な稜線歩きを続けること15分程度で、360度の眺望が素晴らしい虫倉山頂に立つことができる。
 ガイドには2時間程度と書かれていたが、ものの1時間ちょっとで山頂に登頂してしまった。
 山頂は、広くも、狭くもないといった感じ。ぐるり展望が利いて気持ちよい。
 また、山頂には巨大な双眼鏡(無料)が設置されており、除いてみると、なんとその能力は白馬大雪渓を登る人を確認できるくらいで驚いた。
b0050067_104842.jpg
 写真は、長野市の奥に聳える根子岳と浅間連峰の峰々。
 さらに右に目をやると、八ヶ岳連峰、美ヶ原、北アルプス連峰、そして北信五岳の眺望が素晴らしい。
b0050067_105448.jpg
 ゆったりと眺望を楽しんでから、40分弱で一気に下山。
 写真は虫倉山の全容と、今回登った「不動滝コース」のイメージ図。
b0050067_1203033.jpg
 ちょっとした岩場も楽しめる「さるすべりコース」を登って、この不動滝コースを下りてくるというのも面白そうだ。
 次は、空気が澄んで野山も真っ赤に染まる秋に再登してみたい。
[PR]
by kanechins | 2005-06-12 22:50 | 「山」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28