柏原新道~鳴沢岳~赤沢岳~針ノ木周回(日帰り)

 2018年8月4日(土)
 なんとか時間を作り、扇沢から柏原新道を経て、岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳から扇沢へ戻る贅沢コースを、残念ながら日帰りで。標準コースタイム14時間50分、累積登高差2,960mと、ちょっとハードそう。
b0050067_21395304.jpg

 

 ほとんど睡眠時間がないまま、深夜1時半に起床。扇沢には午前3時前に到着するが、無料駐車場はどこも満車!?さすが、シーズンだ。仕方なく、下の24時間1,000円(上は12時間1,000円)に駐車。

 3:10、ヘッドランプを点けて、登山口に向かって真っ暗な道路をとぼとぼ下る。
 10分ほどで登山口着。無事にあっきゃんと合流し、3:35に登高開始。

 種池~針ノ木までの縦走は、実に28年振り!柏原新道は初めてだが、大変によく整備されていて登りやすい。

 4:40、標高1,950m付近。徐々に空が白み始めた。徐々に日の出が遅くなっていることを感じる。眼下に扇沢、彼方に針ノ木が望める。
b0050067_22270441.jpg

 モルゲンロート。左が蓮華岳、右が針ノ木岳。
b0050067_22281509.jpg

 尾根を外れてカールを斜上。いくつか沢を越え、5:50に種池山荘。ばったり知人に遭遇してびっくり。
b0050067_22291471.jpg

 
 ノンストップで上がってきたので、15分ほど小休止。
 これから目指す針ノ木岳を眺めながら朝食を摂る。
b0050067_22311768.jpg

 
 秋を感じる冷風が尾根を流れ、空気も澄んで実に清々しい朝である。
 昨日は一日、ガスに覆われていたとのこと。左が立山・雄山。
b0050067_22325441.jpg


 7:00、岩小屋沢岳(2,631m)を通過。眼下に新越乗越山荘が、そして右から鳴沢岳、赤沢岳、スバリ・針ノ木が望める。
b0050067_22361323.jpg

 7:35、新越乗越山荘着。
b0050067_22373543.jpg

 15分ほど休憩して、水分と塩分を補給。
 8:10に鳴沢岳に到着。いや、なかなかの光景である。
b0050067_22394284.jpg

 休まずに先に進む。西側(右側)には、去年登った剣岳・源次郎尾根と、その下に「下の廊下」が望める。
b0050067_22413311.jpg


 展望がよい稜線歩きは景色がどんどんと変わり、飽きることがない。
 赤沢岳はもうすぐ。
b0050067_22425257.jpg


 黒部湖が近づいてきた。
b0050067_22431214.jpg

 
 8:55、赤沢岳(2,678m)に到着。スバリ岳がぐっと近づいた。
b0050067_22445036.jpg


 スバリ岳との鞍部から、赤沢岳、鳴沢岳を振り返る。
b0050067_22451777.jpg

 北側から見ると、スバリ岳はなかなか恰好いい山である。
b0050067_22463127.jpg

 スバリ岳の山頂直下から振り返る。遠くまで歩いてきたなー。
b0050067_22471844.jpg
 
 10:20にスバリ岳(2,752m)着。針ノ木岳までもう少し。
b0050067_22473615.jpg


 15分ほど休み、先へ。下り始めがかなりザレていて要注意。

 11:05、針ノ木岳(2,821m)に到着!振り返ると、左側から今日歩いてきたスバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳が一望できる。
b0050067_22510860.jpg

 あとは下るだけなので、30分ほど眺望を楽しみながら昼食を摂る。 
b0050067_22531400.jpg
 
 名残惜しいが、11:35に下山開始。正面に見えるのは、コマクサで有名な蓮華岳。
b0050067_22551665.jpg


 針ノ木峠には、いくつものカラフルなテントが並ぶ。いいなぁー。
b0050067_22564928.jpg


 12:05、針ノ木峠着。雪渓から吹き上げる風が天然のクーラーのようで、むしろ寒いくらい。心地よい風にずっと当たっていたいが、ええい、降りよう。
b0050067_22585810.jpg


 途中、マヤクボ沢手前の、潤沢に沢水が流れている場所で小休止。水は冷たくて、甘い!ノドの手前から雪渓に入る。前に来た時に夏道を歩いた記憶がありアイゼンを持ってこなかったので、時間を要してしまった。写真はノドの様子。
b0050067_23020196.jpg

 ノドを過ぎたところ。思ったよりも雪渓が長く、足にこたえた。
b0050067_23030064.jpg

 雪渓が途切れ、渡渉して夏道に。朝に登った、爺が岳への尾根が近づいてきた。
b0050067_23044694.jpg


 夏道に入ると、陽射しは遮られるものの風が遮られ、蒸し暑い空気に汗が流れる。
 13:50に大沢小屋着。5分ほど休む。
b0050067_23045274.jpg

 ここからの道も地味にアップダウンが続き、疲れた足腰にこたえる。
 林道に出て、ショートカットの登山道を4回歩き、14:40に扇沢着。総行動時間は11時間40分。万歩計を見ると、47,000歩!?いやー、よく歩いた1日であった。
b0050067_23045758.jpg

 久しぶりの縦走であったので全身に痛みが残るが、始終好天に恵まれ、久しぶりの山歩きを存分に楽しむことができた。お付き合いいただいたあっきゃんに多謝。

■記録■ ( )内はエアリアマップの標準コースタイム
扇沢 3:10 ー 柏原新道登山口 3:20 [0:10 (0:15)]
柏原新道登山口 3:35 - 種池山荘 5:50 [2:15 (3:50)]
種池山荘 6:05 - 新越山荘 7:35 [1:20 (2:30)]
新越山荘 7:50 - 鳴沢岳 8:10 [0:20 (1:00)]
鳴沢岳 8:10 - 赤沢岳 8:55 [0:45 (1:00)]
赤沢岳 9:05 - スバリ岳 10:20 [1:15 (1:45)]
スバリ岳 10:35 - 針ノ木岳 11:05 [0:30 (1:00)]
針ノ木岳 11:35 - 針ノ木峠 12:05 [0:30 (0:30)]
針ノ木峠 12:15 - 大沢小屋 13:50 [1:35 (2:00)]
大沢小屋 13:55 - 扇沢 14:40 [0:45 (1:00)]

実行動時間 9時間25分 (14時間50分) CT比 0.63
b0050067_00175459.jpg

[PR]
Commented by 島根の青木です。 at 2018-08-06 08:53 x
超ロングコースうらやましいです。僕には無理かな。こっちは22日(日)三鈷峰(約4時間山行)、5日(日)烏ヶ山(約3時間山行)と短いですが
伯耆大山にはめずらしく「ド快晴」登山で暑くて大変でした。ユートピアのお花畑、烏山頂からの大展望が最高でした。
Commented by kanechins at 2018-08-10 00:47
島根の青木さま
山から離れていたので、ちょっとビビリながらも行ってきました。三鈷峰!6月は天気が良ければいけたのですが。今度は、紅葉の時期に行きます!カラスも懐かしい!中四合ワンを思い出します。次回こそは、ご一緒しましょう!
Commented by 島根の青木です。 at 2018-08-10 10:23 x
いよいよお盆休みですね。遠出の山行計画ありならば、安全登山を祈念しています。またブログアップして下さい。私の方は自治会納涼祭や盆野球大会の合間で日帰り山行のみな感じです。
Commented by kanechins at 2018-08-28 21:32
青木様!
お返事、遅くなりました!基本的にカレンダーどおりなので、おとなしくしてました。
また、そちらの様子もFBにアップ願います!!ではまた、どこかで!
Commented by 元T.U.W.V.青木です。 at 2018-08-29 15:22 x
先日の8月26日(日)は川床・大休・矢筈・小矢筈の往復ピストン(約4.5時間山行)でした。長野と異なり、鳥取は暑くて大変でした。
ド快晴でガスや風もなく、マムシ2匹、ヤマカガシ1匹、クマ(?)の大量の糞もあり充実の山行でした。
Commented by kanechins at 2018-09-03 22:13
アオキさん、いつもコメント、ありがとうございます!
川床!!新歓で忘れられないルートです。先日も大山に行ったときに、ほんといろいろなことを思い出しました。あれから20数年!?ちょっと前の出来事のようです。ほんと、秋にもう一度行きたいなーっと思ってはいるのですが、なかなか!!
by kanechins | 2018-08-04 21:32 | 「山」の独り言 | Comments(6)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30