2018刃物のまち関シティマラソン(ハーフ)。

 2018年3月18日(日)
 会場近くで仮眠。目覚めると、フロントガラスに霜が降りている。このまま冷えて欲しい。
 指定駐車場の関市役所へ行き、着替えてシャトルバスに乗り、会場となる陸上競技場へ。
b0050067_15183754.jpg

 荷物やフリースを抜いで半パン、Tシャツ1枚になる。気温はまだ1ケタ台で、かなり寒い。理想的だ。
 まだ時間があったので、軽く会場周辺をジョグ。岐阜県警の白バイチームは、実車CB-1300に跨らせてくれたりと、サービス度高い。
b0050067_15230108.jpg

 8:30、開会式。
b0050067_15263270.jpg
 
 雲が少しずつ減っていき、気温は急激に上昇。このまま曇っていて欲しい。スタートラインに並ぶ。3,000人位の大会なのだが、招待選手、A~Cと4ブロックに分けられ、自分はなぜかAブロックに。
b0050067_15301518.jpg

 号砲直前、岐阜県出身のQちゃんが声援を送ってくれる。「アップダウンがきついコースです」(え、そうなの?)「キツいときは足元を見て、腕をしっかり振ってがんばって!」(え、あ、はい)。けど、このアドバイスが後で活きることに。

 そして、定刻通り9:30に号砲。
b0050067_15424135.jpg

 今回、新しく取り入れてみたのが「敢えて下見をしない」こと。どうも先を計算して抑え気味になる悪い傾向があるので、地図と断面図だけを見て全体のイメージだけつかんだままレースに挑んでみた。

 スタートしてびっくり!いきなりのハイスピード!時計を見るとキロ4:00。さすがにこれはいかんと、脇に逸れてキロ4:20位まで落とす。それでも、自分の実力からしたらかなりのハイペース。

 しかし、ハーフだと最初からペースを抑えると後半で追い返せない気もして、今回はいきなり限界ペースで走り、維持できるだけしてみようという作戦に。

 コースの、まさに山場は2か所。11km地点と16km地点にピークがある。ペース配分はあまり考えず、とにかくキロ4:30を目安に頑張る。
b0050067_16065162.jpg

 特に16km地点のピークは峠が見えていたこともあり、周囲からも「まぢかこれ?」という嘆息が聞こえたほど果てしない登りに見えた。ここで、Qちゃんの教えが役立ち持ちこたえる。
b0050067_16100093.jpg

 19km地点からの緩い登り返しが異様にきつく、エネルギー切れも相まってペースダウンしつつも、とにかく足を運ぶ。そして、トラックに入ってから、まさかのQちゃんのハイタッチを頂き、最後までベストを尽くせた。が、18km地点からゴールまでのペースダウンが痛い。ここをキロ4:30で走ることができていたら。

 そして、いつになく嬉しいゴール。公式記録は1時間41分36秒(平均4:49/km)。くー、目標の40分切りは今回も果たせず。こんなにも40分切りが難しいとは思わなかった。しかし、自己ベストを2分2秒短縮と大幅に更新。目標不達であるが、寄る年波に抗えてるだけでもよしとしよう。
b0050067_16331711.jpg

 備忘の記録。
b0050067_16023613.jpg

 自分なりに、頑張った証拠。
b0050067_16282780.jpg
 
 ローカルレースの楽しみは、レース後の屋台。鶏ちゃんとか揚げ団子とか気になるものばかり。
b0050067_16391948.jpg

 塩分を欲していたので、行列に並んでラーメンウォーカー岐阜県No.1となったらしい「麺屋 白神」に。あー、走った後のラーメンって、たまらん!
b0050067_16405649.jpg

 牛乳好きにはたまらない、地元、関牛乳のミルクバー。冷えた低温殺菌牛乳、めちゃうま。もちろん、片手は腰に。
b0050067_16431572.jpg

 シャトルバスに乗り、帰路へ。
b0050067_16413139.jpg

 アップダウンは想像以上であったが、気温は自分向き。過去を振り返ると、フラットなコースよりも、今回、前回のようにタイムが伸びたのはアップダウンがあるコース。やっぱ、山屋なのかなぁ。
 
 自己ベストも出せたことだし、はるばる岐阜まで来た甲斐があった。素晴らしいロケーション、またレース運営に携わって下さったスタッフの皆様、沿道で応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!素晴らしい大会でした!

[PR]
by kanechins | 2018-03-18 20:28 | 「走り」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30