再訪、赤禿山(BCテレ)

 2018年2月4日(日)
 今日は、2週間前に訪れたばかりの赤禿山へ。テレマーカーが3人いるのは嬉しい!
 7:30に前回と同じ、山之坊集落へ。シールを装着し、7:50に登高開始。
b0050067_20034456.jpg

 防火帯の斜面を登る。南面なので、固くパックされている、
b0050067_20041396.jpg

 8:10に大峰峠。2週間前は屋根に雪が無かったお堂も、この通り!
b0050067_20051772.jpg

 東尾根を忠実に辿る。
b0050067_20060477.jpg

 ヤドリギの果実は冬季に鳥に食べられ、種子は粘液に包まれているため、排せつ後は粘液質の糸を引いて樹上に落ちて付着し、そこで発芽して樹皮に向けて根を下ろすらしい。すごいな。
b0050067_20230200.jpg

 日本海に弱い低気圧が入り、山頂方面は深い霧に。
 もしかすると、北面の雪は守られているかも!?
b0050067_20240565.jpg

 ラッセルもほとんどなく、みんな速いのでガシガシ進む。
b0050067_20261685.jpg

 9:25に山頂直下の平らな部分へ。天気もイマイチだし、気温が上がる前に滑走することに。
 早いランチを摂り、シールを外す。
b0050067_20314288.jpg

 今回は、山頂直下の東斜面に入ることに。
 念の為にピットを掘るが、降った割には安定しているようだ。9:55に滑走開始!
b0050067_20315603.jpg

 出だしはなかなかの急斜面。だが、T野氏の狙いどおり、北面は雪面が温存され、驚きの雪質!!
b0050067_20334172.jpg

 T野氏のテレは、ほんとすごい!まさに舞うかの如く、颯爽と下っていく!
b0050067_20350656.jpg

 攻めるRommy!刺激を受けるわー!
b0050067_20341793.jpg

 どこまでも続くパウダーランド!
b0050067_20362953.jpg

 スプレーを撒き上げるT野氏!
b0050067_20362016.jpg
 いつか、こんな風に滑れるようになりたいなぁ~!
b0050067_20391925.jpg

 途中の台地からは、地形を読んで南東側へ。
b0050067_20395710.jpg

 標高830m付近に林道が走っており、一部、天然のジャンプ台になっているので要注意!
b0050067_20404515.jpg

 後半も雪質は悪くない!導かれるように、前回と同じルートに合流!
b0050067_20414565.jpg

 植林帯まで来ると、下りもあとわずか。今回は東側から巻いてみる。
 颯爽と下るF上氏!次回は、ぜひテレで!
b0050067_20433151.jpg
 
 10:25。あっという間に、湿原帯まで下った。
b0050067_20450953.jpg

 再びシールを装着し、10:55に登高再開。
b0050067_20454084.jpg

 うさぎさんのトレースを追う。
b0050067_20455626.jpg

 残念ながら、今日は明星(みょうじ)山はお休みのようだ。
b0050067_20462247.jpg

 カーブミラーもこの通り。
b0050067_20465540.jpg

 11:25に大峰峠。ここでシールを外す。11:35に滑走開始。南面はパリパリ最中(もなか)で、曲がれない、曲がれない、笑。そして、11:45に無事に山之坊集落に帰着!
b0050067_20480084.jpg

 今回のトレース。前回は東尾根の900mコルから滑走したが、今回は山頂直下からエントリー。思いもかけずに素晴らしい雪面に出会え、設定頂いたT野氏はじめ、皆さん本当にありがとうございました!
b0050067_20522178.jpg

 テレマーカーと一緒に滑る機会もあまりなかったので、テレマーカー同士、刺激を受けながらも楽しい1日を過ごすことができました。どうぞ、これからもよろしくお願いします!

[PR]
by kanechins | 2018-02-04 19:50 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31