小川山「流星めぐり」。

 2014年10月26日(日)
 今年最初で、恐らく最後の小川山へ。今日は相棒のリクエストにお応えして「流星めぐり」(5.10c、9P)へ。廻目平に07:20amに到着。わかってはいたけれど、すーんごい混んでいる。なんとか駐車スペースを見付け、林道を南へ。

 標高1,600m付近は紅葉真っ盛り。青空に彩り豊かな木樹が映え、絶好のハイキング日和だ。金峰山へ向かうハイカーに混じり、フェニックスの大岩を越え、右手の祠を過ぎたところで準備。ここまで、およそ30分。

 1P目(5.9)はワタシ。小川山にしてはボルト間隔が近く、安心して取り付ける。最近、モロい岩が続いたので、硬い花崗岩はなんだか嬉しい。
b0050067_2364272.jpg

 弱点をついて右往左往するので、ランナー調節の練習にも良い。終了点がないので、木を支点にする。
b0050067_238062.jpg

 2P目(5.10c)は相棒。ほぼボルトラインでリップを越える。直上すると、リップへ立ちこむ部分が核心。ここもボルトが近いので、安心してトライできる。
b0050067_23104316.jpg

 上部は快適なスラブが続く楽しいピッチ。そこからは、林の中を右側に踏み跡を辿る。ちょっとわかりづらい。
b0050067_23114434.jpg

 3P目(5.8)はワタシ。ひたすら、快適なスラブが続く。暗い林のトンネルを抜け、陽が当たる上部を目指す。
b0050067_23125832.jpg

 4P目(5.8)はボルト2本のボルダーちっくなフェース・クラック。
b0050067_23144184.jpg

 そこから尾根を直上し、岩に出合ったら左へトラバース。「流星めぐり」の核心、5P目(5.10c)はワタシ。
b0050067_23161643.jpg

 下部スラブは5.9程度。途中、枯れ木があるところからが核心。今回こそはと意気込むも、やはりどーやっても越えられず、またもテンション><。時間も早いし貸切であったので、今日はゆっくりムーヴを探ることに。ほんとにあれこれ試してみて、やっと「これか?」というムーヴにたどり着くが、手順、足順が複雑で、とても10cには思えないムーヴになってしまった、汗。また、いつの日か。ゴジラ岩が見えてきた。
b0050067_23195935.jpg

 大日岩方面。
b0050067_23204822.jpg

 核心部をフォローする相棒。ザックがあるときつそうだ。
b0050067_23211043.jpg

 6P目(Ⅳ級程度)は相棒。ボルトがない部分を探りながら。
b0050067_23211999.jpg

 頭から6P目を振り返ったところ。
b0050067_23215083.jpg

 尾根まで歩き、一旦、左側の谷を降りる。あちこちにある大小さまざまな流星を辿る、まさに「流星めぐり」だなぁ。写真は7~9P目。
b0050067_23235774.jpg

 7P目(5.8)はワタシ。出だしは逆層スラブになっているが、弱点を探ればそれほど難しくはない。かえって、中間部がちょっとバランシーか。上部岸壁の下にある、写真左上の白い木でピッチを切る。
b0050067_23245671.jpg

 このピッチも支点豊富で快適。
b0050067_2325329.jpg

 8P目(5.9)は相棒。出だしのスラブに5.9が付いていると思う。
b0050067_23262864.jpg

 上部岩壁の右側を巻き上げるが、そこそこ高度感も出てきて爽快。
b0050067_23272733.jpg

 終了点から振り返ったところ。見えている岩峰は、6P目の終了点。
b0050067_23282051.jpg

 上部岩壁を歩き、花道である9P目(5.8)は相棒に譲る。スラブから始まり、大きなルンゼを登る、これまた爽快なピッチ。ランナーの取り方がポイントとなる。
b0050067_2329245.jpg

 そして、終了点へ。気が付けば、冷たく強い風が吹き荒れ、めっちゃ寒い。すぐ上までガスが降りてきており、今にも雨が降りそうであったので、下ることに。帰りにゴジラ岩へ。真っ白で美しい壁であるが、かぶりもすごい!
b0050067_23313335.jpg

 ザックを回収し、すぐに降りれる場所であるスラブ状岩壁へ。雲行がアヤシイからか、いつもは混雑しているエリアは1パーティいただけ。久しぶりに「オーウェンのために祈りを」(5.10c)を触る。前は下部スラブはコワかったけれど、楽しく登れるようになっていた。「小川山ショートストーリー」(5.9)も触るが、ショートな割りに楽しくてよい。

 他のパーティの方、どこかで見たことがある。もしや、インスボンのトポを書かれた広瀬さん?思い切って声をかけてみたらやっぱりそうで、ソラクサンやテドンサンについて教えていただいた。あのトポがあってこそインスボンに行けたので、感謝である。

 岩も湿気てきたので下山。車に着いたところで、本格的に雨が降り始めた。良い引き際だったなぁ。「流星めぐり」は、喧噪から離れた森の中を静かに登ることができるのがステキ。また、忘れた頃に行きたいな。
[PR]
by kanechins | 2014-10-26 22:54 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31