再び、坊抱岩。

 2014年 5月10日(土)
 GW明け早々、大量に発生したケムシ君たちとの戦いに明け暮れ、あっという間に週末が。3日間駆け回ることで事態は収束に向かいそうだったので、思い切って休みとさせて頂いた。いつでも対応できるよう、近場の坊抱岩へ。

 カエル池。でっかいカエルの卵塊があちこちに。中指ほどの太さの卵管に、黒い卵がびっちり生まれている。このサイズだと、どんだけでかいオタマジャクシが出てくるのだろう!?しかし、やっと名前に納得。
b0050067_0135515.jpg

 今日の坊抱は、安曇野から来た御夫婦と貸切。アップで「ライジングサン」(5.10a)を登る。
b0050067_0144423.jpg

 明日の二子の練習も兼ねて、初めて2ピッチ目も登ってみることに。写真は、1ピッチ目終了点でビレイしてくれる相棒。
b0050067_0154479.jpg

 ピッチグレードは、おそらく5.7程度。坂城方面の展望が素晴らしい。
b0050067_0164131.jpg

 フォローする相棒。なかなかの高度感なので、マルチの練習にもってこい。
b0050067_0173513.jpg

 坊抱岩の頂きから望む善光寺平(長野市方面)。とっても気持ちよいが、冷たい風がもろに当たって、ちと寒い。
b0050067_0182649.jpg

 終了点がよくわからず、一番てっぺんまで登る。すると、錆びたハンガー3つが静かに佇んでいた。
b0050067_0193548.jpg

 ここから懸垂し、下降しながら「コズミック」にヌンチャクを掛けられた。登る気はあまりなかったけれど、折角だから1トライだけさせてもらう。プリクリップ無しでスタート。

 あれ?最初の核心、普通に安定して一発でクリア。気が付いたら2つ目の核心も、いつになく素直にクリア。3つめの右上する核心もクリア!?腕はパンプしまくっていたが、レストを交えながらあと2ピンのところまで。まさかここまで来るとは思いもせず、体を引き付けたまま右手を伸ばしてホールドを探る。どこをどうしてもわからず、テンション。ああ、左手だったわ、ここは!あまりに順調すぎて、びっくりしたわ、もう。

 ヌンチャクを回収し、相棒は「カサブランカ」にトライ!苦手なカブリ克服トレーニングの様相。まじ墜ちしながらも、果敢にがんばりました!

 とまぁ、ちょっと空いた時間で来れてしまう素敵な岩場であることを再認識。コズミックも、ほんと面白いわ!次回こそは、さっくり一発でRPを決めたいところである。
[PR]
by kanechins | 2014-05-10 23:05 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30