映画「桐島、部活やめるってよ」

 4月7日、月曜日夕方の会議を終え、あまりに具合が悪くて熱を測ったら、38.5℃!仕事を切り上げ慌てて内科医へ向かうが、こんな時間(18:00過ぎ)に診てくれるところってないのね!!車を停めスマホで検索したら、なんとA壁のすぐ近くに、19時まで診てくれるところを発見!

 あの痛いインフル検査の結果は陰性ではあったが、発熱から6時間ほどしか経っていないので感染の可能性もあると。「明朝、37.2℃を超えていたら、また検査ね」(37.2℃ってびみょうね)と。お薬を頂き、さすがに帰ってすぐに寝た。

 明朝。「抗生物質、すごい!」、熱はきっちり36.1℃まで下がった。今思えば、このときに仕事を休んででもしっかり治しておいたほうが、後々良かったと思う。が、風邪如きで仕事を休むワケにはいかないので職場へ。夕方には再び37.5℃の発熱、ばか、ばか。

 早々に帰宅するも、なんだか寝付けない。こんなときは映画でも観て気を紛らわせるか。

 今日の映画は、「桐島、部活やめるってよ」。原作は朝井リョウによる同名の青春小説。第34回ヨコハマ映画祭作品賞および監督賞をはじめ、第67回毎日映画コンクールで日本映画優秀賞および監督賞、第36回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を含む3部門で最優秀賞を受賞したらしい。


<リンク http://youtu.be/KjjG0WTQ6C4
 
 すっかり、見入ってしまった。ストーリーは割愛するが、高校の頃に抱いていた色々な思いが、泡(あぶく)のように記憶の淵に浮き上がってくる感じ。あの頃は、色々なものをもっと素直に好きと思えたし、信じられないくらい情熱的であったなぁ。

 映画のストーリーはもちろん、ふと自分を振り返ったりもしてしまった。黄昏時に、コーラ片手に独りで観るのが良いかもしれない。個人的評価は☆☆☆☆★。

 監督 吉田大八、脚本 喜安浩平、出演 神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ ほか。主なロケ地は高知県。2012年、日本、103分。

 ところで、この映画の主題歌が、妙に耳に残った。改めて、歌詞を見ながら聞いてみたが、なかなかいいな。久しぶりにギターをかき鳴らしたくなった、声は出ないけれど。

 主題歌、 高橋優「陽はまた昇る」。

<リンク http://youtu.be/0X9P2ZqYZDY
[PR]
by kanechins | 2014-04-09 23:10 | 「映画」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30