晩秋の十国峠。

 2013年12月7日(土)
 強い意思を持つ男、ふくちゃん。これと狙ったルートがあれば、とにかく毎週通う。すごいなぁ。年内にファイブオーを落としたいとのことで、お付き合いさせて頂く。広葉樹の葉もほとんど落ち、晩秋というよりは、むしろ初冬?青空に石灰岩の白い岩が輝きを放っている。
b0050067_2228329.jpg

 落とす気満々のふくちゃん、アップもなしにファイブオーにヌンチャク掛けに上がる。降りてきて、ふくちゃんはそのままトップロープでムーヴの確認。

 ワタシも触らせてもらう。悩んだけれど、トップロープで登ったらまたそれで終わってしまいそうだったので、最初からリードで登らせてもうことに。中間からの核心は相変わらず厳しかったけれど、あれ、トップアウトできちゃった!?不意に私もRPの可能性を感じることができ、俄然テンションが上がってきた。

 ふくちゃん、2便目。すごい、核心部まで流れる水の如く、悩むことなく一気に登る。どんだけ触ってるんだ!?って聞いたら、この1ケ月、ほぼ全ての週末をファイブオーに捧げているとか。情熱だぁ!
b0050067_22294273.jpg

 コズミックのときも思ったけれど、もんのすごくゼーハーしているのに耐えている!その持久力はどこから来るのだ!?2ヶ所の核心を越え、最後の核心は直登コースで!そして、大落ち、残念。その気力、うちも欲しい!しかし、RP体制だ、すごい!

 ワタシ、2便目。中間核心部のクリップまでいけた。うーん、まだ下部に迷いがあるし、何より持久力に課題か。相変わらず、左腕が弱いなぁ。ムーヴも完全には固まっていなかったので探る。試しにふくちゃんムーブをやってみると、足位置を上げることで応用でき、より安定したムーヴを発見。とりあえずトップアウト。

 夜に自治会の会合があるため早く帰らなければならず、泣いても笑ってもラストトライ。ふくちゃん、3便目。下部は自動化ロボットの如くスムーズに抜けて核心。息は荒いが、難なくムーヴをこなして最後の核心へ。丁寧に足を置いてガバを取れた!後は落ち着いてスラブをこなし、終了点にクリップ!やった、おめでとう!いい登りでした、ぱちぱち。
b0050067_22304580.jpg

 さて、ワタシ。泣いても笑ってもラスト。ゆったりレストしながら、青空に流れる雲を眺める。貸し切りで静かだし、優雅な時間を過ごす。

 3便目。集中するも下部にまだ迷いがあり、腕もぱんぱんで気持ちが乗り切れずに、敢え無くテンション。おろそかにしがちな下部のムーヴも固めて、トップアウト。本日、終了。これで満足してはいけないが、まさかトップアウトできるとは思っていなかったので、あまり悔しくはなかったかなぁ。

 次回は来年になってしまうかもしれないけれど、また登りに来たい!常時、パートナー募集中デス!
[PR]
by kanechins | 2013-12-07 22:31 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30