伊豆合宿day3「湯河原幕岩Ⅲ」

 2013年 5月 5日(祝)こどもの日 
 折角だから「滅多に行けない城ケ崎にでも行くか」と思っていたが、JFAのHPを確認すると岩場でのトラブル続きから自粛っぽい雰囲気が。GWの東伊豆といえば観光客も多い時期だろうし、敢えてそんなときに地理に不案内な我々が行くのもあれだなぁと思い、今日も湯河原で「のんクラ」することに。

 まずは「アブラカダブラ」(5.10a★)へ。傾斜が寝ていそうだったので気楽に取りつくが、中間部はなかなか迷わせてくれて、よいアップになった。
b0050067_1222113.jpg

 そのまま、すぐお隣の「ゼルダ」(5.11a★)にヌンチャクをかけながら降りる。1便目。カンテから奥は限定らしい。1ピン目をクリップしてから、どうやっても上に上がれない!?リーチがある人なら上のクラックまで届いちゃいそうだけど、到底無理っぽ。「星ルートなのにリーチもの!?」、一旦、上まで抜けてみる。下部の核心が解決すれば、なんとかなりそうだ。
b0050067_123336.jpg

 相棒がTRで取りつく。すると、岩にへばりついていたときには気付かなかったホールドやスタンスが目に留まる。と思ったら、なんと相棒がムーヴを解決してしまった!やるなぁ。もう体がうずうずしちゃって、2便目。あれ、取れちゃった。核心を越えてからもバランシーなムーヴが続くが、なんとかRPできた。相棒に感謝。

 さすがに3連登すると指皮が痛い。今日は朝から気温が高く、陽射しが肌に刺さり汗ばむほど。折角だからと、湯河原幕岩の上に鎮座する、多くのハイカーが訪れる「幕山」に登ってみることに。と、このときはすごく軽く考えていた。
b0050067_1274090.jpg

 すぐそこが山頂と思っていたら、標高差は350mと意外にある。写真は湯河原の町並みと真鶴半島。
b0050067_12105693.jpg

 道端では「マムシグサ」(蝮草、サトイモ科)がお出迎え。後で知ったが、球根や葉にはシュウ酸カルシウムの針状結晶が含まれ、誤って食すと口中からのどまでに激痛がはしり、唾を飲み下すことすらできないほどとなるらしい、こわい。
b0050067_121525100.jpg

 じきにT字路に。ん?これって、どっちが近道なの?
b0050067_1217099.jpg

 風が心地よい暑さのなか、ハイカーに混ざって40分ほどで幕山山頂(標高625m)へ。
b0050067_12172928.jpg

 山頂でくつろぐ家族連れが目立つ。のんびりとした時間が過ぎる。木陰が心地よく、寝てしまいそうだ。徐に起きだして下降開始。ランをやる相棒に煽られながらの、ザレザレ道の下降は意外に消耗した。

 最後に、「ダ-クヘラー」(5.9★)へ。うん、昔はいっぱいいっぱいな登りだった記憶があるが、こうやって落ち着いて登れるようになった自分との出会い、悪くないな。

 折角だから、そのまま隣の「ワンダーマリア」(5.11b★)にトップロープトライ。いきなりボルダームーヴが続き、自分には到底登れない感じ><。で、相棒。ん?な、なんと少し岩と触れているうちに、またも核心を越えるムーヴを発見!すごいなぁ、絶好調だなぁ~。
 自分だとちょっとパッツンパッツンで厳しいムーヴを強いられるけれど、うん、なんとか高い確率で越えられそうだ。次回、また来る機会があればトライしてみたい!

 腕も指皮も終わったので、早めに移動に入る。海岸線に伸びる国道135号線は、東京方面は渋滞がどこまでも続く。熱海を越えて伊豆多賀からスマホに導かれ、県道80号線に入る。が、狭っ!すれ違い困難な道で、向こう側から続々と車がきて難儀。

 車列を越えれば、あとは快適。あっという間に大仁に到着!いつもの光林でゆったり汗を流してくつろぎ、ジャスコで刺身を買い漁る。長いと思ったGW後半も、あと1日だ。 (つづく)

 ■ 本日の「のんクラ」 ■
「アブラカダブラ」(5.10a★) ○ 再RP/m パッと見は寝ていて「こりゃ、楽勝」と思っていると、微妙な迷いホールドが山ほどあって、中間部でなかなか楽しませてくれる。
「ゼルダ」(5.11a★★)×○ RP これもパッと見で「いけるわ」と思っていると、出だしで跳ね返される。リーチがある人は簡単かも!?一発で取れないワタシは、3~4手余計に手数を加えてあの一手を取る。最後の最後までバランシーで、短い中に凝縮された好ルート。自然に登ればカンテ奥を触ることもなく、限定は気にならない。星2つは納得。
「幕山」 (標高625m) OS? 湯河原ではメジャーと思われるハイキングコース。登り40~1時間程度?海を遠目に眺めながらのハイキングは楽しい。ザレっぽい道が続くので、足が不自由な方にはちょっと辛いかも。
「ダークヘラー」(5.9★) ○ 再RP/m アルパインっぽいルート。午後は日陰になるので涼しくて快適。2ピン目が異様に遠く見えるが、登れば違和感はない。初心者のリード練習に最適?
「ワンダーマリア」(5.11b★) TR 出だしから厳しいボルダームーヴ。プリクリなしだとチビりそうだけど、やっぱりプリクリはナシだろうな。厳しいのはリップまでなので、次回、指皮があるときに再トライしたい。
[PR]
by kanechins | 2013-05-05 23:13 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31