雪上訓練、忘年会のちテレマークスキー

 12月11日(土)
 今でも信じられないが、立山でI君が亡くなって10日が経つ。雪崩ネットワークのキャンプにまで参加していた彼がなぜ??って問うても、今さらだ。ルーフを軽快に登る彼の姿が瞼(まぶた)に浮かぶ。なんかだクライミングやBCのモチベーションが下がりつつあったが、それは彼にとっても本願ではないと思い、会の雪上訓練にしっかり参加してきた。
b0050067_3284494.jpg

 去年は全くと言ってよいほど雪がなかった遠見尾根も、今年は良好。まずは装備の点検から。講師のT谷氏が所属する白馬ガイド組合では今年はD峰、立山と若手を2名失っただけに、訓練にも力が入る。まずは雪山におけるギアのまとめ方、タイトコンテのためのロープワークなど。
b0050067_329162.jpg

 雪はふっかふかで、滑走欲を抑えながら(笑)遠見尾根を詰める。
b0050067_3291416.jpg

 ピッケルワークとロープワーク(雪上での支点構築)。
b0050067_3293326.jpg

 なんだろー、雪の感触って、やっぱ嬉しいな~^^。
b0050067_3294973.jpg

 訓練でガスったり、風が吹いたり、鉛色の空を見て嬉しいと思うワタシは、完全にビョーキだな^^;。八方尾根をバックに。
b0050067_3295964.jpg

 下界に雪の便りが届くには、まだ時間がかかるか?
b0050067_3302989.jpg

 急斜におけるピッケル&アイゼンワーク。
b0050067_3304217.jpg

 雪崩発生時におけるチームワークについて講義。1分1秒を争う捜索では、リーダーシップの確立と的確な指示が不可欠。これって、日頃から意識していないと、いざというときには難しいな~。
b0050067_331115.jpg

 2チームに分かれ、チームワークの確認。ビーコンによる探索能力があるのが前提。改めて、信頼できる仲間があってこその雪山、バックカントリーなんだなー、って実感。
b0050067_331356.jpg

 雪上における下降支点の構築。枝が確保できる場合、何もない場合(スノーボラード構築)、ピッケル2本による回収可能な支点構築など。毎年やっているのに忘れるな~^^;。吹雪いている時には速やかな支点構築能力は極めて重要だと再認識。
b0050067_3315223.jpg

 T谷先生、今年も有意義なレクチャーをありがとうございました!
b0050067_3323879.jpg

 夕方から、T谷氏の経営するペンションで恒例の忘年会!今年の反省と来年の抱負を抱きながら乾杯!
b0050067_3325810.jpg

 松茸ご飯までご用意頂き、感謝!今年は豊作でした!
b0050067_318724.jpg

 BCに岩に頼れる姐さん、事務局のT塚さん、来年もよろしくお願いします!
b0050067_3201143.jpg

 おいしー料理においしーお酒。山ヤが集えば話は尽きずに午前さま^^;。久しぶりにカラオケなんぞしたりして、遅くまでごちそーさまでした^^。

 12月12日(日)
 翌日は、五竜でスキー講習会。ずらり並ぶ会員の車たち。いよいよシーズンイン!今年はテレマークもボードもより精錬させたいな~^^。
b0050067_3341073.jpg

 今回はテレマーカー5人、山スキーが9名。それぞれに技術の再確認。軽快なテレワークを持ち味とするS氏。
b0050067_3362163.jpg

 それにしても、今日はテレマーカーが多かった!ゴンドラで上がっている700人のうち、テレマーカー人口は30人近かったよなー^^。さすがにこの時期から入る人たちは、上手な人たちばかりでびっくり!!スタイルもそれぞれで、とても良い勉強になりました^^。

 いよいよシーズンイン!皆様、安全第一で雪と戯れましょう!!ちなみに、年明けは山岳総合センターの雪上訓練にも参加予定です!ちょっと気合いを入れて、捜索&搬出について修行してきます。ご同席いただく皆様、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by kanechins | 2010-12-12 23:26 | 「山」の独り言 | Comments(0)

【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30