<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雨上がりのカサメリ。

 2017年6月25日(日)
 今日は貴重な休日、だが午前4時に雨音で目覚める。雨雲レーダーを見ると、関東甲信越一帯、広い範囲で降雨があった様子。

 前日にA氏に「予報では夜半より雨。」とメールした返事が「了解!では、カサメリで。」であったので、「今日はどうしますか?」なんて野暮なメールは打てなかった、笑。

 6時半に集合、路面はびったびたに濡れている。不動沢の駐車場は、当然のように車はゼロ。一路、雨でも登れるらしいモツランドへ。
b0050067_23383814.jpg

 名前の由来が気になるモツランド。周囲はびちょびちょに濡れているのに、あら不思議。どうやったらこの地形が生まれるのか不思議な、要塞ちっくなエリア。
b0050067_23464048.jpg

 もつクラック(5.8 NP)を登るA氏。濡れていないとは言えじめじめ感に溢れ、結構難しく感じた。
b0050067_23483787.jpg

 続いて、オリーブ(5.11c)を登るA氏。上部は湿っぽい感じであったようだが、さくっと登ってしまう、さすがだ。
b0050067_23521450.jpg

 レーザーズエッジ(5.10d)の部分だけリードさせてもらったが、思いのほか難しかった。出直してきて、またいつかトライしたい。(写真はA氏)
b0050067_23511358.jpg

 そう、ビレイしていて、ヌカカがいることに気付く。瑞牆にヌカカがいる認識がなく、既に10カ所くらい刺されていた。自分はかなり腫れがひどいので、明日が心配。梅雨時期のクライミングは虫よけスプレーが必要であったことを、すっかり忘れていた><。

 雨ということで登れるエリアが限られるのか、続々とクライマーが集まってきた。続いて、A氏のお目当てであった「金のわらじ」(12a)へ。ガスが立ち込め、上の方は濡れているようにも見えるが、A氏は気にしない!
b0050067_23552997.jpg

 ワタシは「ぞうりむし」(5.11a)を触らせていただくが、出だしのスクイズチムニーがちんぷんかんぷんで激消耗。中間から上部はクラック&右壁が濡れていて大苦戦。長時間に渡るビレイ、ありがとうございました。。。

 そして、A氏。2、3便目で終了点直下まで登るも、最後のマントルでフォール!?時折小雨がぱらつく中、トライを重ねる。そして、この悪条件の中、見事にRP!!このコンディションの中で、果敢に攻める姿はかっこよかったです。
b0050067_00000712.jpg

 梅雨らしい天気の割りに、岩に触れることができてよかった。本当に登れなくなっていて情けなくなったが、登らないことには体を戻せない。精進したいと思います。梅雨時ながら岩に触らせてくれたA氏に感謝。

[PR]
by kanechins | 2017-06-25 22:39 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

長野県クライミング大会2017 兼 国体予選

 2017年6月18日(日)
 今年の会場は2年前にもお世話になった「achieve」(伊那市、http://achieve2015.com/)にて。県山岳協会の一員として、今年もビレイを中心にお手伝いさせていただくことに。受付時から壁はオープンになっており、早速、オブザベーションに取り組む選手たち。
b0050067_22503240.jpg

 ルート課題。
b0050067_22513903.jpg

 中には、熱心にムーヴメモを作成するUeQの姿も。
b0050067_22550614.jpg


 9:30から開会式。唐木会長の挨拶に始まり、競技部長の森山さん、そしてルートセッターから競技説明。
b0050067_22551998.jpg


 写真がMⅠクラスのルート課題(赤棒)。
b0050067_22553461.jpg


 MⅡクラスのルート課題(青棒)。
b0050067_22555886.jpg


 そして、MⅡクラスのボルダー課題1-1、1-2。
b0050067_22571170.jpg


 課題2-1、2-2。
b0050067_22572830.jpg

 制限時間5分間の中で、2課題ずつトライ。今年も伊藤さん、米倉さん、そしてDKの豪華セッター陣が素晴らしい課題を用意して下さった。

 土曜日の準備の際は、猛暑でホールドが滑りどうなるかと思っていたが、天気予報に反して曇り空で風が通り、大会本番としてはよいコンディションになってくれて本当に良かった。

まずはMⅡクラスのリード競技から。
b0050067_22583378.jpg

 今年は全クラスを通して50名弱がエントリー。特に中高生の数が増えてきている。小学生の選手も何人かいて、こんな小さな時から壁に触り、コンペに参戦するだなんて、これからが楽しみでならない。

 後半からはMⅠクラスのリード競技と同時並行に。ここからビレイを2人体制で回すことになったが、ロープ周りの補助には大変に助けられた。

 MⅠ課題はさすがに難しいようで、中間部に到達するのすら容易ではなさそうであった。

 そうこうして自分としては幾つか課題を残しながらも、リード競技は無事に終了。お昼を挟み、午後からはボルダー競技。

 MⅡの2-2課題。練りに寝られた好課題。
b0050067_23012676.jpg

 強傾斜の2-1課題、Toyaっち、軽々一撃。
b0050067_23025127.jpg

 同じく、Hayarieさんも安定の一撃!
b0050067_23032165.jpg

 今年も遠路からのご参加、ありがとうございます、煙草屋さん。
 見事、完登!
b0050067_23040922.jpg

 続いて、MⅠのボルダー競技。1-1、1-2課題。
b0050067_23050552.jpg

 2-1(終了点は裏側)、2-2課題。
b0050067_23055700.jpg

 なかなかハードな課題。
b0050067_23065996.jpg

 豪快なムーヴが繰り出される毎に、歓声が上がる。
b0050067_23072281.jpg

 強傾斜の課題2-1にトライするwataru。
b0050067_23081962.jpg

 そして、大会は無事に終了。公式リザルトはこちら(http://www.nmaj.org/about/yakuinmeibo.pdf)から。入賞したみなさま、ぱちぱち!そして、国体選手に選考された皆さま、がんばです!まずは北信越大会in福井、応援してます!

 表彰式、閉会式が終わり、課題を一般開放!
b0050067_23153917.jpg


 熱い(暑い)戦い、素晴らしいトライを見せてくださった選手諸氏、応援くださったみなさま、素晴らしい課題を設定くださったセッター陣、また素晴らし場を提供くださったachieveの皆様、そして運営スタッフの皆様。お疲れ様でした&ありがとうございました!


~前日の準備の様子~ 2017年6月18日(日)
 9:00に会場着。既にセッター陣は無地のキャンパスに向かってホールドを付けたり外したり。
b0050067_23132806.jpg

 今年はどんな課題が生まれるのか、楽しみ。
b0050067_23135150.jpg

 ホールドを付けては試登。面白いだけではなく、参加者全体のレベルを見て、差がうまく出るように調整を重ねるという地道な作業が続く。
b0050067_23145684.jpg

 今年も結局、課題設定は22:00近くまで及ぶ。毎年のことながら、セッター陣のみなさま、本当にお疲れ様でした!今年の課題も素晴らしかったです!!

[PR]
by kanechins | 2017-06-18 22:43 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

瑞牆山 十一面岩 末端壁。

 2017年6月11日(日)
 入梅という予報に反し、晴れマークが付いた日曜日。
 お休みを頂けたので、A氏とともに瑞牆山へ。まともにクラックに触るのは2年振りであったので、末端壁は自分には敷居が高かったが、思い切って同行させて頂く。
b0050067_21555166.jpg

 末端壁というと混雑しているイメージが強かったが、今日はほどほどの密度。
 風は涼しく快適で、花崗岩クラックの洗礼を楽しく受けることができ、A氏には本当に感謝。

 間髪入れずに再訪したいが、そうは問屋が卸してくれそうもない><。

[PR]
by kanechins | 2017-06-11 21:55 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

神通川水系 高原川 沢上谷(岐阜県上宝町)

 2017年6月3日(土)
 「でこでこてっぺん」を読んでいて、ふと「たまにゃ沢もいいなぁ」と思っていた矢先。以前に所属していた山岳会のお仲間から沢のお誘いが!!タイミングが良すぎ。

 日記を見ると、最後に沢に行ってからなんと6年。目的となる「沢上(そうれ)谷」は、手ごろな入門向けの沢らしいので丁度よい。

 松本で集合し、6:00過ぎに出発。安房トンネル、平湯温泉を抜け、県道89号線へ。沢上谷に掛かる橋を過ぎて、すぐ左手に駐車場が2カ所(合わせて5~6台は停められそう)ある。谷間なのでGPS測位に誤差あり、衛星「みちびき」に期待。
b0050067_22555549.jpg

 入渓点には7:40頃到着。ハーネスにヘルメット、そして久しぶりの沢靴を履いて、いざ入渓!
b0050067_22582787.jpg

 フェルトのフリクションを確かめながら歩くと、程なくして左手に10m滝が。左手から巻くことができる。
b0050067_23010042.jpg

 さらに進むと、6m滝。左岸(上流から見て左側)に巻き道あり。
b0050067_23033748.jpg

 この滝の上部は少し傾斜のあるナメとなっており、スリップに気を付けて進む。視界が開けると、そこが「五郎七郎滝」。
b0050067_23071997.jpg

 ナメは、登りよりも下りが怖い。スリップに気を付けて、慎重に下る。途中の小滝は、練習を兼ねて懸垂下降。
b0050067_23085069.jpg
 
 本流に戻り、先に進む。大きな淵も散見された。(撮影:T氏)
b0050067_23095855.jpg

 とにかく、ナメが多い沢である。(撮影:T氏)
b0050067_23115857.jpg

 段々状のナメ。
b0050067_23125406.jpg

 3段のナメ。
b0050067_23140268.jpg

 沢が左に曲がると、左手が開けてくる。およそ1:2の出合いを左手に進む。少々歩きづらい谷を進むと、突如、巨大な庭園のような空間が。そこに掛かる滝が「岩洞(がんど)滝」(30m)である。
b0050067_23180483.jpg

 周囲はオーバーハング状にえぐれ、なかなか圧巻。(撮影:T氏)
b0050067_23171660.jpg

 滝の裏側に回り込むことができた。暑い日であれば飛沫が気持ちよさそうであるが、今日はちと寒い。
b0050067_23194213.jpg
 
 1株だけ花開いていた、ラショウモンカズラ(シソ科の多年草)、花言葉は「幸せを招く」。
b0050067_23223303.jpg
 
 
 再び本流まで戻る。ナメの廊下が続く。
b0050067_23232677.jpg

 そして、目玉である「蓑谷大滝」(30m)に到着。
b0050067_23242866.jpg

 左岸の踏み跡を辿り、高度を上げていく。
b0050067_23253117.jpg

 滝の落ち口を越えると、進路が岩で阻まれる。ここまで上がってから、右手(下流側)の踏み跡を進む。
b0050067_23264545.jpg

 すると、まるで整備されたような道へ。
b0050067_23273672.jpg

 なかなかのスケール。
b0050067_23280553.jpg

 壁の末端まで登り、右手へ曲がるとすぐに下降点。小沢が出てきたら行き過ぎである。結構な傾斜の斜面を70m程度下る。
b0050067_23295916.jpg
 
 慎重に下ると、蓑谷大滝の落ち口へ。ここでのスリップは致命的。
b0050067_23303121.jpg

 さらに、美しいナメを進む。
b0050067_23304748.jpg

 縁に2本の滝が流れ込む。
b0050067_23322166.jpg

 10m滝は左岸にフィックスロープあり。
b0050067_23331908.jpg

 意外に滑るので、ロープがあるからと言って気が抜けない。
b0050067_23334924.jpg

 そして、再びナメ。沢は徐々に細くなり、旅を終わりを感じされる。さらに二俣となり、左手に橋が見える。右側の沢に入り、きれいなナメ床をあるくと、11:45にゴールとなる橋が見えてきた。
b0050067_23381090.jpg

 林道に上がり、トレッキングシューズに履き替える。しばし未舗装の林道を進み、国道89号に入る。途中、登ってきた蓑谷大滝に岩洞滝、五郎七郎滝を見ることができた。
b0050067_23390895.jpg
 
 13:15、駐車場に帰着。お疲れ様でした!
b0050067_23395018.jpg

 帰り道、平湯温泉「ひらゆの森」(500円)へ。 日曜日の割りには空いていた。
b0050067_23405560.jpg

 ウワサ通りのナメ天国で、4時間程度とコンパクトな谷にインパクトのある大滝が散在。気は抜けないが、沢入門としてはなかなかよいルートである。いつか、紅葉の季節に入ってみたい。
b0050067_23424341.jpg

 お誘い頂いたTさん、Yさん、ありがとうございました。
 今シーズン、機会があればまた沢をご一緒させてください!こえーけど、やっぱ沢はいいなぁ。

[PR]
by kanechins | 2017-06-03 23:17 | 「沢」の独り事 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧