<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

北穂高岳・東稜(day2)

 2012年 7月29日(日)
 夜半、テントを叩く雨音で目覚める。ボーっとした頭で「このまま降り続ければいいのにな」なんて考えるのは毎度のこと。

 03:40、起床。テントから顔を出すと、一面の星空!お湯を沸かし、朝食。まだ外は暗いが、既に南稜へと続く登山道にはヘッドランプの灯りがちらほら。ハーネスを装着し、ギアとロープをザックに放り込んで、04:40に出発。
b0050067_2122209.jpg

 下部の雪渓はすっかり融け、登山道を登れる。
b0050067_21241894.jpg

 このところの猛暑で、急激に雪渓の融雪が続いているみたいだ。
b0050067_21245137.jpg

 北穂・東稜への分岐に05:00着。モレーンの大きなガレが堆積し、大きく左に曲がり始める場所が目印。ここからガレ場をトラバース。結果的に、今回はY字状の右ルンゼを詰めた。
b0050067_21272321.jpg

 雪渓は融けて凍った部分が見えたので、軽アイゼンを装着。
b0050067_21283282.jpg

 前回は右上の尾根を辿ったが、今回は尾根とルンゼの境を登る。
b0050067_2129486.jpg

 岩は少々不安定で、下に人が居るとなおさらに神経を使う。
b0050067_21302884.jpg

 上部に行くほど傾斜が増してくるが、尾根との境は岩も安定していて快適。
b0050067_21311857.jpg

 06:00に東稜の稜線へ。そこは高山植物が咲き乱れる天上の地。これはなんて言うお花だろうか?
b0050067_2133155.jpg

 明日も休みならば、しばらく昼寝をしたくなるような素敵な場所。
b0050067_2134366.jpg

 ゴジラの尻尾ら辺かな?
b0050067_21342457.jpg

 尾根上は安定した岩場で快適。
b0050067_21352038.jpg

 ゴジラの腰くらいまでは来たかな?
b0050067_21355821.jpg

 落ちそうで落ちないキーストーン。涸沢のテント場がはるか眼下に望める。
b0050067_21364198.jpg

 固く安定しているので、右側フェースにいくつかルートが取れそうな^^;。
b0050067_21374295.jpg

 ゴジラの肩くらい?
b0050067_2138596.jpg

 クライムダウンできそうではあったが、折角ロープを出しているんだし練習を兼ねて懸垂下降。
b0050067_21393839.jpg

 ここから北穂山頂を目指す。踏み跡も目立つが、先を読んだルートファインディングを。
b0050067_21412755.jpg

 ゴジラの頭のシルエット。
b0050067_214236.jpg

 ゴジラを頭から見た図。
b0050067_21424943.jpg

 この辺りから、霧に巻かれるようになる。涼しくていいかー。
b0050067_21434092.jpg

 最終的に、大キレットからの登山道に合流。
b0050067_21442595.jpg

 07:35、北穂小屋着。残念ながら、大キレットや槍方面がガスで展望なし。思ったよりも早く到着したので、20分ほど大休止。07:55、北穂高岳(3,106m)山頂。
b0050067_4414494.jpg

 ええぃ、下ろう。登ってくる人が多い時間帯に重なる。
b0050067_4444532.jpg

 ゴジラ君。
b0050067_44521100.jpg

 前回はルンゼが雪渓で埋まっていたため青いラインを辿ったが、今回はほとんど雪渓がなくなっていたので赤いラインを詰めた。
b0050067_4511531.jpg

 現在の「5・6のコル」の様子。
b0050067_4515942.jpg

 さぁ、ベースキャンプまでもうすぐだ。
b0050067_4531311.jpg

 もう1日あったらなー^^;
b0050067_4541992.jpg

 09:35、涸沢帰着。
b0050067_4544353.jpg

 自由行動。お湯を沸かし、登ってきたルートを見上げながらチャイを頂く。
b0050067_4554997.jpg

 ぽい。
b0050067_4562622.jpg

 テントを片付け、11:00に涸沢発。また来るね。11:50に本谷橋、12:40に横尾を通過し、15:00に上高地BT着。さすがに疲れたわー。牛乳が美味しいこと^^。

 このところ山をサボり気味であったので、肩も脚も相当に疲労困憊><。
 それでも、やっぱ、山はイイネ!
[PR]
by kanechins | 2012-07-29 22:14 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(2)

北穂高岳・東稜(day1)

 2012年 7月28日(土)
 いよいよ7月も終わり。長野を離れる前に山に行っておきたく仲間たちに声を掛けるも、都合がつく人がいない><。少し悩んでいたhanecoに「ギアでもロープでも何でも持つからお願いっ!!」と、半ば強引に誘い出し成功v。

 久し振りに晴れ予報の週末。普通ならわくわくするはずが、久し振りの山って「怖い」というか「緊張する」というか、もうどきどき。体力にもちょっと不安があったりしたので、前に行った北穂・東稜に。初日は涸沢までなので、のんびり目に出発。

 07:25、上高地BT発。トップシーズンの割りに静かな印象。
 08:05に明神、08:45に徳沢、09:40に横尾着。久し振りのテント泊装備+クライミングギアの重装備で心配であったが、なからコースタイムとおりでよかった^^;。
b0050067_025257.jpg

 いつ見ても迫力ある屏風。
b0050067_0253177.jpg

 本谷を流れる冷たい風が心地よい。
b0050067_026097.jpg

 10:45に本谷橋着。ここで20分ほど大休止。いくらアルプスとは言え暑いので、沢の涼風が心地よい。そして、ここから傾斜が増すためか渋滞の始まり^^;。
b0050067_02824.jpg

 現在の雪渓はこんな様子。
b0050067_0282420.jpg

 そして、12:25に涸沢着。久し振りの山でかなーり心配であったが、実動4時間半ほど。てか、hanecoの早さにびっくり!さすが、つよつよの旦那様に鍛えられているだけのことはあるな^^。
b0050067_0311435.jpg

 ベストシーズンなので激混みを予想してたが、思いの外テントが少なく、道沿いの平らなスペースをGET!
b0050067_032465.jpg

 テントを設営したところで料金(1人1泊500円)を支払い、展望レストランへ!名物おでんを肴に生ビールで乾杯!これだけでも、ホントに来てよかった~!正面のスカイラインが明日に登る北穂・東稜。
b0050067_033997.jpg

 長野県警ヘリ「やまびこ」。お疲れ様です。
b0050067_0423454.jpg

 最初は少ないと思っていたテント村も、徐々に賑やかに^^。
b0050067_043298.jpg

 夕食は、恒例の「グリーンカレー」(レトルト)で安全祈願。日没と共に雨が。
b0050067_0463746.jpg

 緊張で眠れないかと思っていたら、あっという間に寝付いてしまった。就寝20:00?

 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2012-07-28 22:06 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(2)

HOTなエビ焼きそば。

 とにかく、蒸し暑い。というと県外の方から「何言ってんだ!」っていつも怒られる。
 けれど、実は盆地だし、基本的にクーラーはないし、外仕事は多いし、仕事部屋は分析機器やフリーザーなどで常時30度超え。とにかく、信州だろうと、暑いものは暑いのだ。

 ということで、暑いときには熱いものを!ペ○ングのHOT焼きそばにインスパイアーされ、バナメイエビをふんだんに使ってHOT焼きそばを作った。デザートは、信州産のすもも「大石早生」。
b0050067_22251596.jpg

 唐辛子をベースにコチュジャンを大さじ1杯は入れたけれど、なんのなんの。ペ○ングには遠く及ばなかった。どんだけ辛いんだ、HOTペ○ング!?

 さぁ、明日からひっさしぶりに山に入る!誰がなんて言っても入るのだ!
 安全第一で行ってきます!
[PR]
by kanechins | 2012-07-27 22:26 | 「料理」の独り言 | Comments(0)

戻り梅雨の小川山

 2012年 7月22日(土) 小雨
 この週末は悪天とわかっていながら、とうとう9週連続で「高原のパン屋さん」。どんだけパンが好きなのだ。ん?違う?

 ナナーズ集合。長野県側は路面が乾いているし、とりあえずアイロンさんらが居る瑞牆へ向かう。が!信州峠を越えた瞬間から、小雨が舞い深いガスに覆われる。

 駐車場はさすがにガラガラ。アイロンさんらの車があったので、その隣で新しい遊び「ポイ」を教えてもらう。もとはニュージーランドの先住民、マオリ族の儀式に使用されていた、ジャグリングの一種。紐の片側の先に玉がついていて両手にひとつずつ持って回すというもの。

 興味がある方は、コチラの動画。「情熱のポイ」という有名な動画らしい!?


 が、こいつが難しい、当たり前か^^。それよりも、めっちゃ腕を使うのでヘンなところが速攻で筋肉痛に!?小雨が舞う中ポイポイしてると、じきにアイロンさん、をっちさんが瑞牆散策から戻ってきて合流。そのまま、ひっさし振りに「増富の湯」へ。

 夜はポイ大会。暗闇を舞うポイ、ほんとにきれい!上手な人は、火をつけたファイアーポイを回すらしい!?みんなクライミングも上手だけど、ポイも上手だなぁ~。
b0050067_6423532.jpg

 お花みたい。
b0050067_6425266.jpg


 2012年 7月23日(日) 曇り 一時 強烈な雨
 朝一で廻目平へ移動!わ、青空が!
b0050067_6435154.jpg

 komekenさんも合流し、まずは仏岩へ。どーんと聳える岩峰が圧巻。まずはをっち君がおっきなフレークから始まる「ノーリターン」(5.10c NP)へ。なんか、恐ろしい名前のルートだな^^;。
b0050067_6464496.jpg

 下部のオフィズスパートはパワー系みたいで激しい息遣いが下まで聞こえてくる。上部はフィンガー。今回で2便目らしく、持てる力を振り絞っていて応援にも力が入る。2峰からも声援が!?
b0050067_6482691.jpg

 そして、見事完登!ぱちぱちぱち、すごいなー^^。引き続いて、komekenさんが違うムーヴで。パワー溢れる登りでこれまた完登!
b0050067_650775.jpg

 トップロープを掛けてくれたので、Hanecoとトライさせていただく。下部はけっこうパワーを吸われ、カムもそれほど効かせられる場所もないのでリードはおっかねーなぁ~^^;。上部のフィンガーパート。慣れていないということもあるかもしれないけれど、もうまったく指なんかキマらず右往左往。小川山でクラックなんて、まだ早いなぁ~。修行、修行。それでも、ずっと触ってみたかった1本なので嬉しかったな~^^。

 komekenさんは、すっごく難しそうなバナナクラックへ。と、ここで大粒の雨が!雨宿りするkomeken。しかし、無常にも岩は徐々に黒く光りはじめ。。。
b0050067_653265.jpg

 通り雨かと思えば、まるでスコールのようにザーッと降り始めた><。霧が立ち込めてきて、とりあえず雨が通り過ぎるまでやり過ごす。登ることを考えなければ、霧が立ち込める廻目平は美しいのだが。
b0050067_6553711.jpg

 雨でもへこたれないポイ使いたち。
b0050067_6561961.jpg

 お見事。
b0050067_6563761.jpg

 小雨になったところで荷物を撤収し、下山!折角だからとスラックラインも貼られ、関東方面のクライマーらも集まってわいわい。
b0050067_6573679.jpg

 と、雨に濡れても楽しい時間を過ごすことができたみなさんに感謝。お初の方々も多かったですが、これを機会によろしくお願いします^^。

 備忘。太平洋南東岸に弱い高気圧が張り出し湿った空気が中部に流れ込み、大陸からは比較的冷たい空気が真南に向かって吹く気圧配置。信州峠を境にこんなに違う天気にびっくり。このようなときは、瑞牆よりも小川山ということがわかっただけでも収穫。収穫って、そこまでして行く、笑??
[PR]
by kanechins | 2012-07-22 22:24 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

【動画日記】 車山ハイク in 霧ヶ峰高原

 初めての、動画日記。夏休みを使い、唐突に梅雨が明けた霧ヶ峰高原をハイキング。



 リンク:http://youtu.be/hZJFRBHTlMw
 Music:「Dirge For A Lover」 by The June Umbrella
 Hiker : Momo, Mai2, az and kanechin
[PR]
by kanechins | 2012-07-18 22:07 | 「山」の独り言 | Comments(0)

盛夏の瑞牆ボルダー。

 2012年 7月16日(海の日)
 今日はUeQ、Oggy+Honda君という、今思えば(良い意味で)異色のメンバーで瑞牆へ!「高原のパン屋さん」も好い加減に9連荘。当の瑞牆は「連休だから大混雑!?」と思ったら、拍子抜けするほどガラガラ^^。

 まずは四ノ谷、材木岩でアップ!なんか、びみょーに岩が湿気てる?
b0050067_22501841.jpg

 UeQはガリトラ、他の面子はガリガリ君にトライ!瑞牆では久し振りの青空ではあるが、強烈な陽射しで蒸し暑く、ぬめる!?細かいポッケも止まる気がせずジプシー!

 まずは三ノ谷へ。「日々の暮らし」(1級)にトライするも、いきなりのヒールが止まらない!まさか、足が短いとか!?いやいや、技術が未熟ということで。お日様がガンガンに照りつけ、隣の8級もちょっと苦労^^;。

 続いて、二ノ谷へ。宿題となっていた東雲岩「黎明期」(3級SD)へ。下部は解決済みであったので難なくこなせるが、なぜだか上部の5級部分が今日はこなせない!?写真はHonda君。
b0050067_5455246.jpg

 がんばるOggy!
b0050067_5462240.jpg

 UeQもがんばる!この日、女子3人でのセッションとなったが、リーチがない人は上部はどうこなせばよいのだろう、今後の課題だ。
b0050067_5463832.jpg

 
 【動画】 瑞牆・東雲岩 「黎明期」(3級SD)

 リンク:http://youtu.be/7CQ2I3uZV7E
 
 続いて、Oggyならオンサイトいけるんじゃねぇ的な「百里眼」。
b0050067_5575882.jpg

 Oggyも岩も熱かった><。
b0050067_613760.jpg

 何の気なしに取り付いた千里岩裏のコケコケ6級。核心はコケ!スタートが限定なのかわからないが、なかなかに苦労できて楽しめた^^;。Oggyが道を拓き、UeQも完登!地味だけど、ちょっと楽しいかも?
b0050067_611483.jpg

 さらに、団栗岩の「団栗」(5級)へ。うーん、なかなかハマる1本だなー^^;。
b0050067_621888.jpg

 ムーヴのリクエストが以前もあったので、再登。これで5級はちょっと辛いと思うけれど、でも、なかなかにバランシーで高さもほどほどにあり、好きな1本。

 【動画】 瑞牆・団栗岩 「団栗」(5級)

 Music:「Don’t Stop Moving - Clean Edit」 by X & Hell
 リンク:http://youtu.be/ta7JXHrgpR4

 最後にUeQがガリトラに本気トライ!やっぱり、岩のコンディションは夕方がよいなぁ~。全てのパートは完成したので、あとはつなげるだけだね!!
b0050067_662149.jpg

 ちゅうことで、今日も遅までお疲れ様!静かな瑞牆でこんもり盛り上がった感じ、好きです。
b0050067_674235.jpg


 【今日の成果】
・東雲岩「黎明期」(3級SD)
 最初は「え?」って思うシットから始まる1本。意外に傾斜もあり、最後まで気が抜けない。ぐいぐいとうすかぶりを上がって光溢れるマントルを返す様は、まさに黎明期。(個人的評価☆☆☆☆★)
・ガリガリ岩 5級
 アップに良い?これで5級って団栗も5級って、登るところ間違えてる?(個人的評価☆☆☆★★?)
・美しき日裏 8級 再登 ぬめっていると8級には思えない!?
・千里岩裏 6級
 コケとの戦い。スタートはカンテから行ってよいのかでグレードが変わると思われる。スラブだけど、ちょっと好きかも?(個人的評価☆☆☆★★)
・団栗岩「団栗」(3級) 再登 ムーヴがわかれば楽しいかも。ちょっと評価アップ。(個人的評価☆☆☆☆★)
[PR]
by kanechins | 2012-07-16 22:34 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

梅雨明け間近、小川山ボルダー。

 2012年 7月15日(日) 小雨 のち 晴れ
 今日はチームAWのみなさん、総勢10名で小川山へ。「高原のパン屋さん」も、とうとう8週連続。まさかボルダーにこんなにハマるとは思いもしなかったな。残念ながら朝方は小雨が舞い、岩はしっとりテカテカと輝いている。

 まずはビクターへ!実はワタシは初ビクター!林道から見える巨岩を見て、高いところが嫌いなワタシは「一生触らない岩だろうな」と思っていたはずであったが、いよいよ。

 行ってみると、やっぱりデカい!まずは裏側にある「コンケーブ」へ。名前の由来は岩の形の凹面(concave)から来ていると思うが、うちの業界だと「根茎部」と思っても仕方があるまい。写真はトライするToru。
b0050067_22463834.jpg

 ワタシもトライ!リップのカチはそれほど苦労しなくても取れたが、問題はそこから。リップからのマントルがすっごく悪い、しかも(自分的には)高い。1度ほどマントル体勢から堕ち、なかなかの衝撃であった。

 そして、十分にココロもレストしてから再トライ。

 【動画】 小川山・ビクター 「コンケーブ」(3級)

 Music:「AWRA」 by R.O.A.R.
 リンク:http://youtu.be/PG_nyl5nKSM

 他のつよつよメンバーは「三日月ハング」(1級)にトライ!ちょっと触ってみたけれど、わ、ニガテな極小カチ!この日、Yoshi&Rubbyはお互いに火を付け合い、二人とも完登!おめでとう&すごいわー、ぱちぱち!

 ビクターの裏側に回ってみると、Sally、Fuku-chan、いよいよ復活の兆しが見え始めたsonoが「サブウェイ」(3級)にトライしていたので、仲間に混ぜていただく。
b0050067_22531053.jpg

 (高さがないので)好きなトラバースの課題。まずはオンサイトトライするが、半分くらいの核心で敢え無く撃沈。けれど、程よいカチが続くのでなんとか登れそう!?
b0050067_2255660.jpg

 核心部分のムーヴを解析し、再トライ!お、核心を越えた!?そのまま右へ進み「もらったな!」と思うのも束の間。最後の最後で行き詰まりフォール!?え~、もうほとんど終わりなのに!?ムーヴを確認するが、最後もなかなか悪い。

 十分にレストし、再トライ!核心はこなれてきており、「よし、今度こそもらった!」と思ったら、なんとまた同じところで行き詰ってフォール!って、おいっ!!結構、狭いムーヴが求められるので、足位置が雑だとホールドできないみたいだ。そして、三度目の正直で完登、汗。

 【動画】 小川山・ビクター 「サブウェイ」(3級)

 Music:d'n'b by Musicshake
 リンク:http://youtu.be/muF3Fn_nZGM

 後半戦は「捕鯨隊」と「石楠花隊」に別れ、我々は石楠花エリアへ。

 一筆岩は大盛況!さっきまで一緒にビクターで登っていた方々であり、仲間に混ぜていただく。写真は、身長はワタシとさほど変わらないはずなのに手足が明らかに長いSally。
b0050067_23415100.jpg

 いよいよ、復活か!?sono。
b0050067_2343966.jpg

 ほぼ2ヶ月ぶりというのに、これだけ登れれば十分!早い復活を祈念している。
b0050067_2351056.jpg

 続いて、扇岩へ。
b0050067_2353668.jpg

 Sallyから「蛇腹」(4級)はカンテを使わずに中央突破するのが正式らしいと聞いて、再トライ!しばし悩んだものの、足位置がわかれば、うん、これも面白い!カンテスタートも中央突破も、どちらも4級程度と思われるし、そしてどっちのムーヴも楽しい!オススメの1本である。

 【動画】 小川山・扇岩 「蛇腹」(4級) 中央突破版

 Music:「A Dream」 by Musicshake
 リンク:http://youtu.be/EE-O3NNunFM

 楽しい時間は、過ぎるのも早い。共に課題解決に向けて汗を流した愉快な仲間達に感謝!さぁ、いよいよ梅雨明け間近!!

 【本日の成果】
●ビクター 「コンケーブ」(3級)
 カチからアンダーカチ、リップカチへとつなぎ、厳しいマントルが待ち構える有名な1本。マントル体勢から堕ちると一瞬宙に浮く感じがたまらない!? (個人的評価 ☆☆☆★★)

●ビクター 「サブウェイ」(3級)
 バランシーなカチが続き、最後の最後まで気が抜けない好ルート。少々の雨でも登れるのも魅力!?最後は横に抜ければOKらしいが、なんとなく上へ抜けてしまう。(個人的評価 ☆☆☆☆★)

●一筆岩 「達筆」(3級) 再登

●扇岩 「蛇腹」(4級) 中央突破ルート
 前回はカンテスタートで。どちらも4級程度で、それぞれに楽しいムーヴが待っている。個人的にはとっても面白い1本だと思う。(個人的評価 ☆☆☆☆★)

●扇岩 「左うちわ」(5級) 再登 マントルの練習に好適。

PS.好敵手と思っていたRubbyはこの日、1級を2本もGET!!誕生日ということで、2倍めでたいね、おめでとう!しかしやばいな、どんどんと置いていかれそうな勢いだ><。がんば、自分!!
[PR]
by kanechins | 2012-07-15 22:32 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

暑いもんで、グリーンカレー。

 今週は、蒸し暑い日が続いている。なんて言ったら、県外の方に怒られるらしい。久し振りにアルプスにでも行くかーって企んではいたが、天候不順で中止。仕事を片付けに職場へ。半日だけであったけれど、1日分の仕事が片付いた感じ。電話が鳴らないのって、ほんとに素晴らしい、キラキラ。

 とにかく、蒸し暑いのだ。冷たい素麺もよいが、なんか朝から気分はカレー。しかも、激しく辛いものが食べたい!ということで、今夜はグリーンカレー。
b0050067_21232132.jpg

 鶏のもも肉、たまねぎ、なす、ししとう、ブラウンマッシュルーム、そしてネマガリダケ(水煮)を使ってみた!辛さMAXにしてみたところ、明日は登らなければならないのにご飯が止まらず1.2合、合掌。

 ここ何年か、アルパインに行くとグリーンカレー(レトルト)をご褒美として頂く習慣に。こいつを食べると色々な思い出が蘇ってくるなー。苦手だったココナッツ料理も、こいつのお陰で好きになったしな。

 今後、タイに行く機会に恵まれるかわからないが、一度はくそ暑い現地で本場タイカレーを頂いてみたい。
[PR]
by kanechins | 2012-07-14 21:30 | 「料理」の独り言 | Comments(0)

梅雨の瑞牆ボルダー。

 2012年 7月 8日(日)
 前日の予報は90%。誰もが「雨天中止」と思ったであろう日曜日であったが、7週連続「高原のパン屋さん」へ。「パン屋に行きたかっただけじゃねーの?」と思われても、それでも行くよ!だって晴れるんだもの、多分。

 霧の末端壁も乙ですな。
b0050067_043449.jpg

 路面がびっちゃびちゃ。まぁ、さっきまで降ってたから当然だわな。でもね、ここで青空が見えてきたのだよ、諸君!
b0050067_052985.jpg

 だけど、はい、ガリガリ岩はびっちょびちょ。「いやぁ、なんか沢みたいで楽しいね!」って言ったところで、だれもうなずきはしない。「えっとね、こういうときは雑に足を置くとカンタンに滑るから、すごくいい練習になるんだよ!」、しーん。「こんなの登ってれば、次回はチョーカイテキに登れるよぉ」、しーん、汗。

 さすがに責任を感じ、ひたすらホールド&スタンスをタオルで拭いて、チョークをはたきつける。で、もういっぱいいっぱいで「がり子ちゃん」を再登。これは3級はあるわな^^;。でも、前回のびっちょり皇帝岩でもそうだったけど、誰かが登れると「行けんじゃね?」って気持ちになるのね。みんな気を取り直してセッション開始、ほっ!!Fuku-chan、がんばる!
b0050067_094338.jpg

 ミョーにカチに強いTakamori君もがんばる!見よ、この左手!カチれるんか、これ??
b0050067_0123359.jpg

 UeQもがんばる!ここのムーヴが固まれば、いよいよ次回はガリ虎に真剣トライだね!
b0050067_013289.jpg

 ボルダーって、課題によっては絶対的なリーチが求められるものも少なくない。今は辛いだろうけど、そこをテクニックで乗り越えられるようになると、途端に強くなるからね、UeQ!
b0050067_014498.jpg

 青空が広がり、岩もどんどん乾いていく!大黒様へ移動!それにしても、でかいわ。
b0050067_0153158.jpg

 「あかね雲」へ。うーん、やっぱり遠いなぁ~(遠い目)。
b0050067_0173482.jpg

 一番近いのがFuku-chan。それにしても、「あかね雲」と名前を付けた人、素晴らしいセンス!ボルダラーが増えるほどに、雲が増えていく感じもたまらない。
b0050067_019062.jpg

 と!あろうことか、ここで突然に大粒の雨が!団栗ハングで雨宿り。こうやって、森の中で雨音と雨の薫りを味わうのなんて、考えたら久し振り。賑やかだけど、それでいて静かな時間をしばし満喫。

 折角乾いた岩も「元の木阿弥」。まぁ、これだけ降れば諦めつくわなー。時間もあることだし、ボルダー散策。二ノ谷の下のほうとか岩を探してハイク。触ってみたくなるような課題はまだまだあるなー。また、次回が楽しみである。

 わずかでも岩に触れることができてよかった。こんな天気なのに一緒に遊んでくれたみんな、ありがとー!Ichicoもごめんね!あのまま晴れが続くはずだったんだけどなぁ~^^;。では、またね!

 PS.Happy Birthday dear Fuku-chan。サプライズでケーキを!大台へようこそ!照れるFuku-chan^^。
b0050067_0403525.jpg

 帰りの車中はなぜか料理の話で盛り上がり、気がついたら長野市であった。Fuku-chanはこれから趣味に「料理」を加えることに!?日記を楽しみにしてるにー!
[PR]
by kanechins | 2012-07-08 23:55 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

高級ソファー。

 高級ソファーを買った。

 メーカーは、なぜか山道具屋のCASSIN!?
b0050067_23495611.jpg

 ぷー太郎、マントル10級くりあ!
b0050067_23524813.jpg

 これがボルダーマット(正式にはクラッシュパッドCrash Pad)と呼ばれるもの。岩っころを登りたくて仕方がないビョーキな仲間達を守ってくれる守り神。まさかこんなにボルダーにハマるとは思わなかったので、そろそろちゃんとしたのを買おうと思ってた。

 たかがマットだが、これが実に色々なメーカーから様々なものが売り出されている。色々なマットを見てきたけれど、Minoringが持っていたこのマットが一番のお気に入り!何がいいって、このサイコロ目。ヤベって堕ちる時に、実にこのサイコロ目がマットの位置を把握しやすいのだ(視認性)。

 そして、安心感溢れるマットの圧さ。パッション溢れる色合い。複数のマットを結合して、マットとマットの間に堕ちるのを防ぐ機構(これで足を怪我する人が多い)。既に仲間内で2枚揃っているので、これで3代目!さすがに3枚揃うと、チームDOMINO感溢れてくるな^^;。

商品情報:
http://www.camp-usa.com/products/cassin/cassin-bouldering/domino.asp
[PR]
by kanechins | 2012-07-05 00:05 | 「岩」の独り言 | Comments(2)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のコメント

久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16
はじめまして。 昨日、..
by eco_neko at 13:08

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧