<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

黒姫山・東尾根(BCボード)

 2012年 1月29日(日)
 今日はチームGTのメンバーに混ぜていただき、もう随分と前に一度だけ滑ったことがある黒姫へ。当初は大渚へ入る予定であったが、あまりの降雪で雪崩リスクが極めて高かったので、急遽黒姫へ変更。
b0050067_1839262.jpg

 リフトを2本乗り継ぎゲレンデトップへ(1本350円)。チケット売り場では「2本目はいつ動くかわからない」と言われたが、1本目を上がったらちょうど動き始めてラクできた。
 
 ゲレンデトップで板を担ぎ、スノーシューを装着して09:19に登高開始。ゲレンデトップはおよそ1,150mなので、稜線まで850mの登りだ。今日は会長&イワモト氏は山スキー、Tokkoはテレマーク。へなちょこボーダー時代に滑れたルートだし、雪も深そうだし、と私はボードに。そして、後で大変なことに^^;。
b0050067_18443482.jpg

 トレースがありそうだったがすぐに見失った様子で、スキーでも膝くらいの深いラッセルとなる。スキー3人のトレースを辿るもさらに膝くらいまで潜る(=股下)ラッセルとなり消耗戦の様相だ。
b0050067_18545973.jpg

 後続がやけに早く近づいてくるなぁ、と東側にトラバースすると、かなりしっかりしたトレースが!うあ、楽ちんだこりゃ。ここからスピードアップし、一気にゲレンデトップへ、10:25。
b0050067_18555141.jpg

 行動食を摂るも、強烈に冷たい風が当たって冷えてしまう。ここからはぴゅあラッセルの様相で、急に遅れを取ってしまう、ごめんなさい!!
b0050067_18574223.jpg

 踏めば崩れる柔らかめの雪で、遅れをとったワタシはただ一人、黙々とラッセルを進める。周りの雪が音を吸収し、やけに自分の息だけが響く。途中、スキーヤーに抜かれながらもなんとか稜線へ。ボーダーで上まで登ってきているのは自分だけか?
b0050067_1914127.jpg

 稜線が見えてからが大変!大した傾斜でもないはずなのに、吹き溜まっている場所は登っても登っても崩れてくる。うーん、スキーの歩行能力ってすごいな!
b0050067_19105825.jpg

 12:40、なんとかみんなに追いつき、ドロップポイントでランチ。
b0050067_19113298.jpg

 13:10、板を装着して、いよいよルンゼへドロップ!のはずが、あまりに雪が深くて板がすぐに潜ってしまう。木も生えているので飛ばして浮力を得るのも難しくめちゃくちゃ後傾してなんとか越えていくが、ルンゼを少し下ったところでみんなは右側の尾根を目指して斜めにトラバース気味に下っていく。雪が深いので、これってボードは実にタイヘン><。

 降りすぎないよう制動していくので、いよいよルンゼの一番深いところでハマった。ルンゼ内は傾斜があり上からどんどん雪が流れてきて、板を呑まれて雪の中に引き込まれてビクとも動かない。ボードで雪崩に巻き込まれたらエライこっちゃ。成す術もなく、腰も背中も手足も雪の中で暴れるだけ。ブラインドで板を外すも、今度は足が付かず溺れそうに。

 落ち着いて雪を寄せ集めて、板にマントルを返し、苦労してなんとか履きなおす。再び斜めに滑ろうとするも、両足は固定されているし重力に逆らえずに再びルンゼの谷方向に落ちていってしまい、このままだとどんどん谷に落ちていってヤバイと思って転ぶ。が、雪はさらに深く、完全に埋没。

 手探りで板を外すと胸くらいの雪。板を流されないよう固定し、雪をかきわけなんとかスノーシューを装着。少しずつ谷に落ちながらの作業で焦る。焦るとロクなことがない。1歩目で違和感を感じて左足を見るとシューが外れている!稜線直下の標高2,000m。ココでのシュー喪失=確実に遭難だ。慌てて探し出すとすぐに見つかってよかった。今度は確実に装着。

 なんとか脱出するが、このままだと危険と判断してスノーシューで下降開始。が、スノーシューを履いていても腰以上に埋まる激しいラッセル。この瞬間に「あ、今日、降りられないかも」、「みんなに悪いな~」、「ツェルト持っててよかった」「あ、明日の会議どうしよ」と、実に色々なことを考えていたので、まだ少し余力があったのかもしれない。

 みんなに要所要所で待っていてもらいながら(本当にゴメンナサイ!!)、わっさわっさと一人、ラッセルで下る。背中の板がやけに重いぞ。ちなみに、板とビンディングで6kgくらいある。途中、「もう大丈夫かな~」と思って板を履いてみるが、相当足腰に来ているみたいで踏ん張れずに、板をコントロールできずに吹っ飛ばされた。えーい、もうヤケでラッセルしながら下ることに。

 ちょうど標高1,000mくらいのところで広い斜面が。みんなも「かなり雪、締まってきたよー」とのことなので、板を履いて見る。うん、ここならなんとか。最後のわずか150mほどだけでも滑れてよかった。再び林道から板を担いでゲレンデに向かって歩いていく。ええい、もうどこまででも歩いたるわー。

 なんとかゲレンデへ帰着!車に帰着したら15:40。もう1時間遅かったらやばかったな~。一時はどうなることかと思ったけれど、無事でよかった~。みなさん、タイヘンお待たせして、本当に申し訳ございませんでした><。ということで結局、標高差900mを板を担いでラッセルで下ったとさ。まだまだ元気だな、オレ。
b0050067_19461358.jpg

 あとでイワモト氏から頂いたGPSデータ。こんなに細かくトレースしてくれるんだ!
b0050067_19482331.jpg

 あ~、でも、無事だったから言えるけれど、楽しかったな。今まで随分とボードでバックカントリーに入って「ボード最強!!」と思っていたが、今回は「自分の実力不足」と「ボードの弱点」の両方を知ることができて、本当によかった。

 みなさん、本当にご迷惑をおかけしました&ありがとうございました!今回の教訓を活かして、ルートと雪量を総合的に判断して板を選択するようにします。それにしても、ひっさしぶりにヘロヘロになったな~。
[PR]
by kanechins | 2012-01-29 20:36 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)

信州須坂は「蔵の街」

 名実共にワイルドであった「やまぼく」滑走の帰り道。Syokoが「そういえば、味噌がなくてね~」って話になり、ふと思い出したのが中村醸造場。職場がある須坂は「蔵の街」として知られ、酒蔵、味噌蔵がある。

 なので、帰り道に井上にある販売所に寄ってみた。通り道なのに、入ってみるのは初めて!
b0050067_22464041.jpg

 早速、試食コーナーへ!各種味噌はもちろん、白瓜の麹漬けやきゃらぶき、金山寺味噌なども試食できる。お店のお姉さんが、すかさずお茶を出してくれた!
b0050067_22485931.jpg

 汗をかいていたこともあってか、塩分が美味しい!やっぱり、ちゃんとした手作りの味噌はおいしぃなぁ~!味噌をなめながら日本酒いけるよ、これは。ということで、「まるゆき味噌」(大豆は青森産おおすず)の中甘1kg(630円)と生きた麹の「しょうゆ豆」(要冷蔵、315円)を購入!
b0050067_2251107.jpg

 今日はパスタな気分であったので、半ば強引ではあるが「まるゆき味噌」を使って味噌ナス炒めを作り、ペンネ150gと合わせてみた。パルメザンを振ったら、なからいけたよ~。
b0050067_22533292.jpg

 「朝茶はその日の難逃れ」って聞いたことがあるが、味噌のパンフを見ると「味噌汁は朝の毒消し」という言葉があるみたい。なんでも、二宿酔いにも効くらしい!?美味しい味噌がある生活って、なんかいいな~。

 中村醸造場 http://www.suzaka.info/nakamura/
[PR]
by kanechins | 2012-01-28 22:55 | 「料理」の独り言 | Comments(0)

初やまぼく&たこち

 2012年 1月28日(土)
 ここ数日の寒波で、やっと里にもまとまった雪が!「これはチャンス!」と、Yoko&Shokoと初「やまぼく」へ!「やまぼく」は今年50周年を迎える「(旧)山田牧場スキー場」の略で、貴重な非圧雪ゲレンデとして静かなブームになっている。が、知らない間に「Yamaboku ワイルドスノーパーク」という名前になっていた!

 うーん、こんなに素晴らしい雪なのに、人が少ない!
b0050067_20483926.jpg

 メインルート以外の非圧雪部分はかなりの積雪で、コケたら最後。板を外さないと脱出できない^^;。それにしても、ゲレンデでこの雪ってすごいな!県外ナンバーが多いのが印象的!

 上部の上級者コース「ルッキーチロル」は、最大斜度38度!バーンだったら滑落必至であるが、こんだけ雪があるとなんとかなるものだ^^。上部に向かうリフトは、懐かしのシングル!
b0050067_2052502.jpg

 午前券(2,500円)で真性パウダーを頂いたのち、タコチ券(500円)で日本一を謳う全長13kmの名物「タコチコース」へ。メインは林間であるが、ショートカットルートはなかなか!ココからは自己責任のBC(バックカントリー)エリアだ!
b0050067_20554974.jpg

 最初は勝手がわからず快適にパウダーを突っ込んだら強制ジャンプ台となっている部分で飛んでしまい、引力を感じたり!今日の深雪だと「ボーダーは大変!」ってリフトの人に言われたけれど、遅くに入ったためかよく踏まれていて、快適にフィナーレを迎える!
b0050067_2057433.jpg

 最後は距離にして600mほどのハイクアップ!雪上ハイクと考えたら、楽しいものだ。途中、雪上で放牧されるホルスタインの群集が!!
b0050067_20585118.jpg

 やっぱ、山の中を歩くだけでもいいなー。
b0050067_20593119.jpg

 タコチコースのゴールである「山田温泉キッズスノーパーク」(旧山田温泉スキー場)で帰りのバスチケット(300円)を購入!このときにリフト券とタコチ券を確認される。バスは8:32、11:02、13:32、14:59、16:22の5便。臨時便が出ることもある。
b0050067_2133849.jpg

 タコチコースは土日祝日のみオープンされ、ゲレンデ外滑走となるので「遭難・捜索・救助の場合それぞれの費用が必要」と明記されている。万一に備えて携帯電話、携帯食の携行を勧めていた。バスに乗ったら、心地良い振動と寝不足で爆睡!
b0050067_2163058.jpg

 帰りは野趣溢れ過ぎの「七味温泉・渓山亭 恵の湯」(500円)へ。
b0050067_2193429.jpg

 単純硫黄泉で湯は白く濁る。露天は貸切状態!
b0050067_2110617.jpg

 近くにありながら、なかなか雪に恵まれずに行ってなかった「やまぼく」。規模は少し小さいけれど、信州のシャルマンって感じ。雪が良いときにBC感覚が楽しめるステキなゲレンデ。

 非圧雪ゲレンデって貴重なので、なんとか経営が持って欲しいなぁ~。雪が良いときに、また行くとしよう!
[PR]
by kanechins | 2012-01-28 21:15 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)

今週末はヤバそうだ。

 久しぶりに強い寒気と降雪に恵まれている!「うれしー!!」って思っているが、この週末は北部でのBCはちょっとヤバそうだ。小谷の積雪推移と白馬の気温推移をグラフにしてみた。
b0050067_23305190.jpg

 累積で降雪574cm、特に寒気が入ってきた23日以降は既に120cmの上載降雪があり、今もコンコンと降っている様子だ。これって相当にヤバいと思う。

 特に県北でBCに入られる方は、本当にお気をつけください。
 かく言うワタシたちも、気をつけないといけない。
[PR]
by kanechins | 2012-01-27 23:33 | 「山」の独り言 | Comments(3)

雪崩講習会(2日目)。

 2012年1月22日(日)
 午前5時00分起床。外はまだ真っ暗で、軽く雪が舞っている。昨晩の雨で、道路の雪がかなり溶けた。1月の大町にしては暖かいな~><。朝食を頂き、掃除をして出発。

 今日は実際に山の中で、班に分かれての講習。鹿島槍のリフトを1本乗り、一旦林道へ。
b0050067_22273779.jpg

 林道では、まず搬出のパッキングから。
b0050067_22412964.jpg

 傾斜がある場所の登下降を想定し、下降時は立木を使ってムンターヒッチ(半マスト)で確保、登高時は1/3引き上げシステムで確保する。ATCガイドを使用しての1/3を教えてもらう、なるほど。
b0050067_22441951.jpg

 引き上げるときは雪面との抵抗を減らすために、軽く持ち上げると良い。
b0050067_22442875.jpg

 さらにリフトを1本乗り、ゲレンデトップから黒沢尾根に入る。簡易的に弱層を見るハンドテスト。
b0050067_2246275.jpg

 雪柱を持ち上げて、軽く下から叩くだけで10数cmの所からスパッと切れた。
b0050067_2250443.jpg

 崩壊した部分をひっくり返して見てみると、内部の弱層部分に霜ができているのがわかる。
b0050067_22511955.jpg

 もう一度、大町のグラフを見てみよう。
b0050067_2252047.jpg

 場所、標高が違うので一概には言えないが、19日の高温と直射日光で表面に霜が発達し、20日の気温降下とともに降雪したものが上載積雪となっている予想と一致する。

 続いて、雪崩捜索訓練を2つの設定で。
 まず、3人パーティ全員が雪崩に巻き込まれるが、うち2人は途中で脱出。1人が埋没したという、実際にありそうな設定から。皆、講師レベルの人たちなので、2人ずつペアで実演し、良いところ、悪いところをそれぞれ協議する。
b0050067_22571716.jpg

 ほぼ共通しての反省点は、最初の状況判断と掘り方かな。深さ1~2mの埋没者を掘り出そうとすると相当手前から掘らないといけないのに、ついついクロスサーチで電波の強いところをめがけて掘ってしまう^^;。

 続いて、8人パーティのうち、ビーコンを装着した2人と、ビーコンがない1人を捜索する場合。
b0050067_22595672.jpg

 複数埋没捜索であったが、慣れたみなさんだったので7分程度で2名のピンポイント捕捉。しかし、やっぱりワタシも含めて掘り方が甘いかな~。折角人数がいるのだから、システマティックに掘っていかないと非効率。掘る練習の必要性を感じた。
 
 ゾンデ捜索。こうなったら、基本的にはアウトだけれど、諦めないこと。ゾンデ捜索は、一旦捜索した部分で見逃すとなかなか再び入ることはないので、丁寧な捜索が求められる。
b0050067_232230.jpg


 続いて、ピットを掘っての断面の観察。ホントは直射日光が当たらない場所で行うこと。雪温の調査、指の触診による断面構造の把握、結晶の観察、コンプレッションテストなど。プローブで積雪量を測ると110cm程度。去年は170cmあったので、やっぱり雪が少ないなー。
b0050067_2324280.jpg

 力の入れ具合などは、とても文章では表現できない。何度もやって感触をつかむしかないかなー。
b0050067_2333310.jpg

 雪面内部の温度を10cmごとに計測。雪は断熱効果が高いため、積雪当時の気温がメモリーされるとか。うーん、なんか感慨深い。雪の中に温度差が生じると、昇華と凝結により弱層が生まれることがある。

 雪崩捜索の手法は各論あるようだが、自分なりに理解した「全体の流れ」を備忘のために記す。「こうしたら良い」などご意見があったら、ぜひコメントをいただきたい。

(1)統率できる人が各メンバーの役割を指示。2次雪崩の監視役を決め、発生時に逃げる方向を確認する。2人の場合は実質、見張りを置くのは不可能なので、作業しながらも上部に気を配る。

(2)周囲の安全をよく確認し、静かにかつスピーディーに現場へ。

(3)発生地点に到達したら、2次雪崩が来た場合の退避方向を確認。ゾンデ、スコップを取り出し、ビーコンを受信状態にする。狭いルンゼの場合には1人が飛んで末端から上がり、残りが上から探すと探索距離が短くなり早い。広いスラブ面の場合は2人が雪崩の両端付近を下降しながら捜索する。

(4)遺留物を発見したら大きな声でコールし位置を伝達。遺留物を持ち上げ確認。(そのまま遭難者が埋まっている場合もある)。

(5)雪崩発生地点と遺留物を結ぶ直線上、流れが変わる場所、デブリ付近に埋没していることが多いので、それを考えながらラフサーチを続ける。

(6)二次雪崩が発生したら、監視役は速やかに笛などで合図。解除も笛で行う。

(7)電波を捕捉したらコールする。それぞれの位置や状況によるが、3人が一つの電波に執着せず、もう一人の埋没者を捜索するか、プローブを出すなど状況に応じて行動する。ザックは安全地帯に木やピッケルで固定するか、背負って行動する(二次雪崩で流失させないため)。

(8)埋没が浅いと想定されたり、トリプルアンテナの場合にはピンポイント捜索を1人が続け、他のメンバーはスコップを準備する。埋没が深かったりシングルアンテナの場合には2mくらいを切ったらプロービングに変えるのも良い。

(9)プローブがヒットしたら、プローブは抜かずに斜面下側のかなり手前から広く掘り進む。埋没者に近づいたら手で掘る。

(10)発見したら、まず呼吸を確保するため頭をやさしく速やかに掘り出す。複数埋没時は発見した埋没者のビーコンを切り、全身を掘り出したらマットを乗せたツエルトに包むなどして保温し、安全地帯へ搬送する。状況に応じて、手が空いている人が別の捜索に入る。

(11)意識を確認し、必要に応じてCPRを施す。湯たんぽを作れるなら、脇の下や首の付け根に入れる。

(12)必要に応じて救援要請を行う。

(13)安定したら、もう1人の捜索に入る。以下、同様。

 雪崩の捜索訓練は今までに何度も行っているが、やっぱり焦ってしまうためか思ったとおりに動けない。訓練でこれなら、いざとなったら推して知るべし。反復練習だけが自信と落ち着きを得られる最良の方法と思われる。

 慣れた人ばかりで、雪崩発生から2人を掘り出し安全地帯に搬送するまでスピーディに行えた。しかし。現実には現場到着時間に加えて埋没深度はもっと深いであろうから、救出までははるか長い時間を要するであろう。やはり、雪崩に巻き込まれてはいけないのだ。

 こうして、2日目の講習もあっという間に終了。何かの折りに、少しでも多くの人にこれらの技術を伝達しないと。
b0050067_2314574.jpg


 講師の東先生、センターのKさんをはじめ、ご一緒いただいた皆さま、ありがとうございました。慣れない班長で、至らなくてごめんなさい。

 雪崩事故が少しでもなくなりますように。皆様の安全登山をお祈り申しあげます。
[PR]
by kanechins | 2012-01-22 22:23 | 「山」の独り言 | Comments(0)

雪崩講習会(1日目)。

 2012年 1月21日(土)
 今年も県山岳総合センターで開催された、指導者対象の雪崩講習会に参加。悲惨な雪崩事故を少しでも減らすために多くの方と情報を共有したく、また本人の備忘のためにもできるだけ詳しく記載したい。講師は今年も国立登山研修所の東さん。

 午前中は講義から。
b0050067_23385240.jpg

【冬山に安全に入るために、特にリーダーに必要なこと】
(1)事前のトレーニング
 体力トレーニング(余裕のある行動能力が不可欠)、確実な登下降能力、雪山での生活能力、サバイバル能力、そして雪崩回避・対処法と蘇生術を含めた搬送技術。
(2)入山前の準備
 ルートの安全確認(過去の雪崩事故の解析)、メンバーの体調・能力管理、行動の時間管理(引き返すタイミング)、そして気象データの活用である。

【雪崩に遭わないために】
(1)雪崩は「ある時点」の事象だけで判断できるものではなく、それまでの積雪や気温推移などの状況から現在の山の状況を推測する訓練が必要。考え、そして実証することが「経験」と「カン」につながり、本を読んだだけでは習得できない。
 【情報収集に使えるHP】
 「気象庁」 http://www.jma.go.jp
 「専門天気図(HBC提供)」 http://www.hbc.co.jp/pro-weather/
 「週間寒気予想」 http://www1.ystenki.jp/kanki.html

 今年も気象庁のデータを利用して自己分析してみる。まずは研修場所のある大町から。
b0050067_0242032.jpg


 12月27~1月3日は高温で推移し表面霜が形成されたあとに1月4日から20cmちょっとの上載積雪があり少し危ない状況であったと予想される。そして、1月18日で再び高温となったあとに研修があった土曜日(1月21日)にかけて20cmの降雪があり、再び危険な状態と予測される。実際の様子はのちほど記載するが、なから合致する結果となったので、このような予測は判断材料として有効であると感じる。

 続いて、白馬。
b0050067_0243348.jpg


 1月18、19日に気温が高かったため、このあとに乾いたドカ雪が来ればかなり危険が予測される。今週末に白馬山域に入山される方々は注意したほうがよいかもしれない。

 同様に、雪に恵まれた野沢温泉。
b0050067_0244177.jpg


 12月24日以降、1月4日以降はちょっと危ない感じかな?1月9日以降も弱層の上に新雪が1m以上積もっているので、ちょっとやばい感じである。青線は日照時間で、ほぼ日最高気温とリンクしていることから、晴天が続いたあとの降雪は要注意と考えてよいかもしれない。ちなみに、本日24日までの累積降雪量は大町が162cm、白馬が226cm、そして野沢温泉はなんと618cm!うーん、すごいな。

(2)過去の雪崩事故を振り返る。「雪崩学」の巻末には、過去の雪崩事故リストがある。雪崩事故が過去に起こった=これからも起こる可能性が高いので、行く山域の事例を調べるのは基本中の基本とのこと。

(3)地形図を事前に読む。1:雪崩のハイリスク角は25~35度、2:雪崩が想定される場合には、例え大変でも迂回(18度以下の斜面)、3:1人づつ通過(これは実践できてなかったなー)、4:ザックのチェスト&ウェストベルト、ストックのベルト、流れ止めを外す。簡易で細いウェストベルトは内蔵破裂の原因になるので必ず外す。クッションがしっかりしたものなら、逆にザックが浮力になるという考え方もあるとか。

(4)降雪中に雪崩が起きやすいのは、安息角で耐えているため。なので、弱層に関係なく突然発生する=降雪中&降雪直後は危険地帯には入らない方がよい。

(5)事前分析で「やばい!」と判断したら、「行く山を変える」くらいの気持ちで!あなたが無理するそのルートは、命を張ってまで登る必要があるのか?

(6)いざ雪崩に巻き込まれたら、最後まであきらめない(明るい方に泳ぐ、エアポケットの確保)こと。探すほうも諦めない。40分後に掘り出して助かったケースもある!

(7)ビーコンの基礎知識。1:初発信号は4秒数えて待つ(ノイズを拾っている可能性)、2:充電式電池は初期電圧が低いので使用を避ける、3:表示距離はあてにならない(後述)、4:機種により操作や特性が異なることを認識、5:パートナーのビーコンの電源の切り方を確認(複数埋没時のキャンセル動作)、6:シングルアンテナに慣れているなら、慣れないトリプルアンテナより良い場合も。

(8)救出後の保温・加温。1:急激に温めるのは危険で、毛布などでじんわり。2:ジップロックに小さいタオルを入れたものを携行し、万一の際にはテルモスの湯を入れると湯たんぽに。血流が心臓に戻る脇の下、首まわり、股を温める。3:加温専用のペットボトル(オレンジキャップ)も使える。

(9)特に立山など日本海側では、「黄砂」が弱層になることも考慮する。

 午後は搬送訓練から。いざというときにリーダーシップを発揮するためにも反復練習。色々なやり方があるらしいが、写真は傾斜地を想定して確保が必要な場所での搬送用に、ロープでバックアップを取っているところ。腰はシュリンゲで簡易ハーネスを作り、手足は手錠結びで固定する。なお、ロープのテンションは搬送用のツェルトにかかるようにするのがコツ。
b0050067_001736.jpg

 しっかり固定できれば要救助者は苦痛を感じるどころか、快適ですらあった。ツェルト1枚でもかなり温かかった。くるまれてみるのも良い経験だ。
b0050067_012688.jpg

 ビーコンの特性学習として、色々なビーコンの電波補足能力を確認。機種によって大きな違いがある。
b0050067_022767.jpg

 埋設されたビーコンの向きによって捕捉状況が大きく変ることも確認する。大事なことは、自分のビーコンを使いこなすこと。パートナーのビーコンの電源の切り方を、ビーコンチェックと併せて行うとよい。
b0050067_04650.jpg

 後半は班毎に分かれて疑問点の洗い出しを行い、東先生と一問一答。経験豊かな方も多かったので、具体的な山域での話など、聞いているほうも興味深い。

 夜は恒例の懇親会!なんで山ヤはお酒が入るといつまでも語れるのだろうな~。 
 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2012-01-21 23:35 | 「山」の独り言 | Comments(10)

陽だまりでいわいわ。

 2012年 1月15日(日)
 今日はチームAWに賑やかに混ぜていただき、のんびり陽だまりクライミングぅ。上手なクライマーも、はじめたばかりのクライマーも、Let's ENJOY!!
b0050067_23211791.jpg

 仕事が忙しいお父さんとも、久しぶりのクライミング!
b0050067_23215627.jpg

 アップのつもりが、ぎりぎりでOS/mとなった1本。やっぱ登ってないとカブリはだめだ~!
b0050067_23224637.jpg

 相棒と「はなもも」を触りにいくも、結露のためかなんとな~くしっとりし、おまけに指先感覚なくなるほどの寒さじゃきびしー!ということで、こりゃ春までオアズケだな。「はなもも」の花が咲く頃に登れるといいな。
b0050067_23285630.jpg

 KumiもがんばってRP!
b0050067_23244846.jpg

 Eriもビレーをがんばるっ!
b0050067_23251684.jpg

 Syokoもがんばってトライ!
b0050067_2326334.jpg

 これで、しばらくは生岩には行けないかなぁ~??
 また春には復帰するで、みなさん、よろしく!!
[PR]
by kanechins | 2012-01-15 23:19 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

BC初めは根子岳で。(動画あり)

 2012年 1月14日(土)

 BC初めは、恒例の根子岳へ。

 携帯はhttp://youtu.be/qvZW2Esogasから。PCの方は右下の360Pを480Pにすると、画面を大きくしても耐えられると思います。カメラに乾燥剤を入れ忘れて後半は結露し、見づらくてごめんなさい^^;。

 朝イチのリフト(500円)でゲレンデトップへ。いつになく寒い!予報は「くもり時々雪」で天気図を見ても西高東低。初BCの2人を連れてだったので、BCの最初の印象を大事にしたかったのでちょっと気が引けたが、ええい、行ってまえ!
b0050067_2085168.jpg

 今日のパーティはスキーはKeita&Sono、ボードは二人とも初BCのSyoko&Yoko。そしてワタシは最近調子が良いテレマーク!登りもまた楽し!
b0050067_2010279.jpg

 避難小屋はシャッターが新しくなっていた。
b0050067_2011321.jpg

 初BCは印象が大事なので、晴れてほしいなぁ~。
b0050067_20112860.jpg

 慣れないスノーシューも、また新鮮で楽しいものである。
b0050067_20121737.jpg

 ん?なんか空が明るいぞ!?
b0050067_2013273.jpg

 雲よ、のけー!!
b0050067_2013252.jpg

 モンスターは生育中!!
b0050067_2013447.jpg

 そして、標高2,207mの根子岳山頂へ!そして、なんと晴れたー!!みんな、どんだけ普段の行いがよいのだ!!
b0050067_20142376.jpg

 やっぱ、雪山は青空が映えるなぁ~!
b0050067_20152484.jpg

 さぁ、楽しい時間のはじまりだ!石や笹が出ているので慎重に~!
b0050067_20155659.jpg

 もんすたー!
b0050067_20163381.jpg

 みんないい笑顔だー。
b0050067_20171065.jpg

 あれだけ寒かったのがうそみたい。去年の今時期に比べると雪が少なく笹の落とし穴もあるが、ルートを選べば滑走は十分可能であった!山頂周辺はまだ石が出ているので注意!
b0050067_20182751.jpg

 あとは一気に下るだけ!好天に恵まれ、幸先の良いBC初めとなった。
 今シーズンも安全第一で山と接していきたいな~。みなさん、よろしくお願いします!!
[PR]
by kanechins | 2012-01-14 20:02 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)

伊豆合宿3日目は城山で。

 2012年 1月 9日(成人の日)
 なんだろ、このアルパインからフリーに戻る日の気楽さは。とはいえ、今日も一日、安全に登りたい。
b0050067_2303018.jpg

 初日、2日目と好天に恵まれたため、今日はまったりクライミングモード。さてどうしよー。念のために「こんにちはマコロン」を見に行くが、やっぱりハンガーは外れたままだ、悲しい><。

 ということで、久しぶりに癒しのエリア「クッキングワールド」へ!何が癒しかって、高度感がないのがステキ!まずは「トマッテーナ」(5.10b☆☆)でアップ。風もなく、なんだかぬめる感じで少してこずってしまった^^;。ずっと懸案であった「ストロガノフ」(5.11c☆☆☆)にヌンチャクをかけながら下降。

 悪そうだし、ボルト遠そうだし、疲れているし(言い訳)ということでTRでエンジョイすることに。最初はほんとチンプンカンプンで「これのどこが三ツ星!?」って思っていたが、あれこれ探っているうちに1手1手ムーヴとクリップポイントを解決。なんだろ、クライミングって、ほんと身体で解くパズルみたいだ。

 最初は「リードなんてあり得ん!!」って思っていたけれど、なんだかイケそうだったのでロープを抜いてリードトライ!
b0050067_23101798.jpg

 初見とムーヴ解決後のこの動きの違いはなんだ!?かなり落ち着いて登ることができ、なんとRPできてしまった!当初は「気合と根性のルート」と思っていたが、全手順ムーヴでこなすことができた。解れば三ツ星も納得の、とても面白い1本!!最初から最後まで、こんだけムーヴが連続するルートも珍しい~、オススメです!

 思いもかけず、久しぶりにRPという誕生日プレゼントを頂け、上機嫌で伊豆を後にすることができた。今日も狩野川は美しい。
b0050067_23184667.jpg

 3日間、ステキな天気とクライミングを共にしてくれた相棒にはココロから感謝。
b0050067_23161343.jpg

 さぁ、いよいよ2012年も本格的に始動だ!!本年もよろしくお願いします!!
[PR]
by kanechins | 2012-01-09 22:58 | 「岩」の独り言 | Comments(2)

伊豆・海金剛 「Super Haruna」 (日記版)

 2011年 1月 8日(日)
 恐らく、Superシリーズでは一番難しいと予想される「Super Haruna」に挑む日がやってきた。

 1P目は恒例によりワタシ。「またココ登るんかよっ!」って自分に突っ込みながら、悪い場所がこなれてきた自分がちょっと笑えた。にしても、ろくに支点も取れずに悪いわぁ。

 2P目はスラブとクラックに強い相棒。出だしからフォールが許されないフェースクライミング。上部水平クラックからトラバースしカムをセット。舌状フレークがあるので、120シュリンゲで延長するが、これがよかった。登りはもちろん、支点セットも随分とこなれてきたな~。
b0050067_22122218.jpg

 なかなか手応えがあるみたいで、じっくり時間をかけて登る相棒を、ロープがひっかからないよう注意しながら支える。フォローすると確かに5.9だけれども、浮石も多くシビアな支点セットやクライミングが要求されるピッチであった。

 南面の「Super Rain」は岩は固く安定しているので「スポーツマルチ」の色が強いが、北面の「Super Triton」「Super Haruna」はグレードこそ高くはないが、岩がかなり不安定であり、シビアで総合的なクライミング能力が要求される印象。

 ビレーポイントまで登った後、右にトラバースして岩小屋へ。高いところがダメなワタシはすっかり意気消沈し、このまま下降したい気分に><。けどなんとかリカバリーし、3P目はワタシ。右側から回り込む。前回の反省を活かして、斜上クラックに支点を取らずに登る。
 ロープの流れが悪くなるのは知っていたので極力支点を取らずに尾根に上がるも、やっぱりロープが来ない!それでもがんばって登るも、支点が取れないスラブでロープスタックしてから一気に勇気が失せてしまい、スラブクラックの途中で支点を構築してフォローを迎える><。
b0050067_22241075.jpg

 4P目は相棒で、そのまま緩傾斜帯まで上がってもらう。
b0050067_2225268.jpg

 5P目はオフィズスとあったので相棒にまかせる。取り付きがわからないが、まぁここだろうという場所から登る。結果的に正解であった。
b0050067_2226275.jpg

 オフィズスというよりはコーナー?巨大チョックストンは少しずつ動いているみたいなので、力を極力加えないよう慎重に尾根に上がる。一気に展望が広がり、崩落地帯をトラバースして終了点へ。トポにあるボルトはなく、カム3つで支点を構築していた。

 6P目はワタシ。ルートはいかようにも取れそうなので、ちょっと不安。
b0050067_22281563.jpg

 階段状を登っていくと、巨大な逆層スラブへ。塩の影響か、岩肌がぺこぺこしている。かろうじて小さいカムをセットできたので、マントルしてスラブへ立ちこんでいくが、ワタシ的にはココが一番シビれた。
b0050067_22294356.jpg

 上部では右か左か選択を迫られたが、左の凹角を偵察。クラックが走っていたので、迷わず突っ込む。
b0050067_22305495.jpg

 ずっと先までクラックが見えたので一安心。右上しながら登っていく。
b0050067_22334680.jpg

 さらに右上する。写真は終了点直下から振り返ったところ。
b0050067_22314169.jpg

 そして、Super Rainの下部要塞に合流。残念ながら、ここでタイムアウト。それでも、十分に二人の力を出し切れたので、悔しさよりは充実感が勝った印象。
b0050067_22331814.jpg

 さぁ、降りよう。
b0050067_22344744.jpg

 4回の懸垂で取り付きへ。登ってきたルートを振り返るのは、いつでも楽しいものだ。
b0050067_22354333.jpg

 「極楽ロック」エリア。当初は「時間があれば」なんて考えていたが、甘いなぁ~。岩上部の踏み後がアプローチの道。
b0050067_22363387.jpg

 今日もステキな天気をありがとう~!
b0050067_22365517.jpg

 また来ることがあるかな~。機会があれば、Super Harunaの残り2ピッチや「ネイビーブルーに抱かれて」などを登りに再訪したい。 (伊豆合宿は続く)
[PR]
by kanechins | 2012-01-08 23:46 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧