カテゴリ:「氷」の独り言( 1 )

初アイスクライミング in ジョウゴ沢

 2014年 3月29日(土)
 実は、アイスクライミングって未体験。アルパインでミックス(岩と氷が混じった尾根歩き)はたまにやるけれど、切り立った氷の壁に両手にアックス(カマキリの鎌みたいなの)で立ち向かったことは、ない。

 興味がなかったわけではないが、そもそも機会がなかったこと、新たな道具が色々と必要なこと、冬は仕事が忙しい上にテレマークとクライミングだけでも手いっぱいだったので、アイスまではなかなか手が出なかった。

 今回、sonoのお仲間である某CMCの皆様に混ぜて頂き、初アイスにトライできることに!松本合庁でS木さんの車1台に乗り込み、諏訪南インター経由で八ヶ岳へ。Sさんの車はパワフルな上、ドライビングテクニックがすごい!!赤岳山荘まで車で入ることができた。駐車料は1日1,000円。

 荷物をまとめ、1年ぶりに八ヶ岳入り。北沢経由で歩く。道は良く踏まれていてラクチン。気温が高く、むしろ踏み抜いてしまうくらい。
b0050067_10551679.jpg

 冬の八ヶ岳は行者小屋にテントを張るのが常であったたので、赤岳鉱泉のアイスキャンディは「生では」初めて見る。なかなかの迫力だ。
b0050067_1056065.jpg

 赤岳鉱泉で休憩。団体さんが山に入っていったが、やはりジョウゴ沢に入るらしい。今回のメンバーAZは、前に八ヶ岳でニッコウキスゲハイキングをご一緒させてもらったボルダラー、偶然の再会に嬉しくなる。山の世界は狭いなぁ。
b0050067_1057792.jpg

 硫黄に向かって登山道を進み、大同心沢を越えた次がジョウゴ沢。青空が気持ちいい!久しぶりの山に、気持ちが上がってくる。
b0050067_1143723.jpg

 じきに最初の滝「F2」(10m)へ。先行パーティが左岸にフィックス工作に入っていた。我々もここでアイゼンを装着。
b0050067_116626.jpg

 滝は雪で覆われ、危ういブリッジを越えて乗り越す。
b0050067_1163020.jpg

 振り返ると、青空に浮かぶ阿弥陀岳が。お久しぶり!
b0050067_1173041.jpg

 本谷のノドの部分に入る。
b0050067_11144949.jpg

 右ルンゼにある「乙女の滝」(15m)。
b0050067_11153397.jpg

 今日の目的地「ナイアガラの滝」(10m)へ到着!左からAZ、T野さん、sono。
b0050067_11165290.jpg

 振り返ると、主峰「赤岳」と「阿弥陀岳」が。暖かいし、最高のロケーションだ。
b0050067_11185114.jpg

 本日のリーダーは、ベテランのN沢さん。
b0050067_11191251.jpg

 使う道具は、アイスアックス(バイル)とアイススクリュー(氷にねじ込んで支点とする)。写真のアックスはグリベル社の「Grivel Quantum Tech」。今回、4種類のアックスを使わせてもらったが、これが一番しっくりきた!買うならこれか!アイゼンは、普通に縦走で使う平刃で済ませた。
b0050067_1124138.jpg

 スクリューをねじ込むAZ。
b0050067_1125676.jpg

 こんな感じで登っていく。AZ、すごおい!
b0050067_11254935.jpg

 sono。チムニーちっくなうえ、抜け口はハングしていて大変そう。
b0050067_112727.jpg

 そして、初アイス!まずは、好き勝手にトップロープで登らせてもらう。気温が高く、アックスを打ってもアイゼンを蹴り込んでも、どんどん崩れていく!?初めてクライミングしたときみたいに腕に頼りまくって、あっという間に劇パンプ。何度もテンションを入れて、やっと登り切る、汗。これは思ったよりも大変だ。

 2回目は、N沢先生にスタンスの角度やアックスのポジションなどを教えてもらってから。カウンタークライムで、(1)アックスを打ち込む、(2)カウンターの足をアックスの軸下にもってくる、(3)逆スタンスを決める、(4)逆のアックスを打ち込む、の繰り返し。おお!これは楽チンで早い!フォローで登るときはこれでOKだそうだが、欠点は手が1点支持になるので、リードのときは怖いと。

 3回目は、正対(せいたい)で。(1)ワン・ツーでアックスを決める、(2)ワン・ツーでスタンスを上げる(広げすぎず、高すぎず)、(3)体を引き上げロック、の繰り返し。確かに安定する。

 4回目、トップロープでスクリューセットの練習。決めたアックスの腕は伸ばし、スタンスをしっかりきめて腰を入れて安定させる。フリークライミングと一緒だ。スクリューはまずゴジゴジと押し当て、食い込み始めたら一気にねじ込む。専用ホルダーがないので、ハーネスからスクリューを外すのが核心?

 そして、5回目でいよいよリードトライ。落ち着いて、体勢を整えてスクリュー。足元が心許なかったので2本目も早めにねじ込む。リップ抜け口は落ちる気はしなかったが、念のためにもう1本スクリューを打つ。登れた!簡単なところではあったが、リードはやっぱり気持ちが違う、楽し(コワイ・・・)!

 N沢先生の素晴らしい指導のおかげで、とても楽しい初アイスとなった!やばいなぁ、アイスは思ったよりも全然楽しい!なんでもっと早くから始めなかったのだろう。でも、道具がまずは核心か。。。

 帰路も長いので、15時を回ったところで撤収。
b0050067_1144389.jpg

 また来たいな、ジョウゴ沢。阿弥陀岳も、またね。
b0050067_11452449.jpg

 F2は右岸を巻いて降りた。
b0050067_11461331.jpg

 赤岳鉱泉から北沢経由で赤岳山荘の駐車場まで。美濃戸口までの悪い林道も、S木さんの素晴らしい運転テクニックで一撃!ぱちぱち!

 CMCの皆様、本当にありがとうございました!N沢さん、すごくわかりやすいご指導、ありがとうございました!S木さん、クライミングもぜひご指導ください!素晴らしい運転、ありがとうございました!T野さんも、またランについて語りましょう!AZ、今年はボルダーもご一緒させてください!sono、素敵な機会をありがとう!

 来シーズンはどうしてるかなぁ。この冬はテレもろくにやらなかったし、うーん、時間がいくらあっても足らないな、こりゃ。
[PR]
by kanechins | 2014-03-29 22:30 | 「氷」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧