カテゴリ:「人工壁」の独り言( 25 )

第37回北信越国民体育大会・山岳競技。

 2016年7月23日。初日、ボルダー課題。

 この週末は、岩手県で開催される本国体への出場権をかけた予選となる、北信越国民体育大会。
b0050067_8525784.jpg

 今回も、ビレイヤーとしてお手伝いさせていただくことになった。
 (暗い体育館内でのコンデジのみの撮影となり、お見苦しい部分はご容赦ください)
b0050067_8534165.jpg

 タイムキーパーも大切な仕事。機器や音響を調整中。
b0050067_8541226.jpg

 こちらが、少年女子の課題Ⅰ~Ⅱ。
b0050067_8544048.jpg

 同じく、Ⅲ~Ⅳ。今回も、セッターの腕が光る好課題。
b0050067_8561834.jpg

 スタッフが位置につき、いよいよボルダー競技の開始。
b0050067_857079.jpg

 まずは、オブザベーションと呼ばれるムーヴ解析。選手はホールドには触れることができない。
b0050067_8574783.jpg

 そして、競技開始。各課題に2名の審判とビデオ撮影が入る。
b0050067_8595347.jpg
b0050067_904262.jpg

 続いて、成年女子。ホールドがさらに減らされたり、向きを調整するなどして、より高難度の課題に。
b0050067_91189.jpg

 オブザベーションにも力が入る。
b0050067_914421.jpg

 競技開始。限られた時間の中で、各選手とも素晴らしい登りを見せてくれた。
b0050067_9415.jpg

 続いて、少年男子。
b0050067_945580.jpg

 課題Ⅰ。
b0050067_958100.jpg

 課題Ⅱ。
b0050067_952050.jpg

 課題Ⅲ。ちなみに、ゴールは左上の赤テープ。
b0050067_954972.jpg

 そして、課題Ⅳ。
b0050067_963618.jpg

 初日のボルダーは、けが人もなく、無事に終了。

 2016年7月24日。2日目、ルート課題。
 ベールに包まれた壁。外すのは簡単だが、覆うのは大仕事であった、汗。
b0050067_9911100.jpg

 そして、オープン。感嘆してしまうほどの、立派な壁。
b0050067_910145.jpg

 正面から見るとそうでもないが、基部から見上げると、なかなかの傾斜。
b0050067_9103518.jpg

 本国体も意識して、設定グレードは驚きの13a。
b0050067_919927.jpg

 なかなか厳しそうである。
b0050067_9195967.jpg

 全体のレベルが上がることで、結果に差が出る課題設定は、なかなか難しい様子であった。
b0050067_9214369.jpg

 少年男子のオブザベーション。
b0050067_9222168.jpg

 選手のみなさん、素敵な登りをありがとう。

 閉会式。
b0050067_923127.jpg

 長野県は、成年男子及び女子は本国体へのチケットを得ることができた。少年男子、女子は一歩及ばずではあったが、来年が楽しみな登りを見せてくれた。
b0050067_9305969.jpg

 成年男女の選手のみなさん、本国体ではガンバ!参戦された選手の皆様、応援に駆けつけてくださった皆様、そして運営スタッフの皆様。本当にお疲れ様でした。

 そして、仕事は終わっていない。本当に残念なことだが、この素晴らしい壁はすぐに取り壊されてしまう。
 慣れたスタッフの手にかかれば、わずか2時間程度でこのとおり。
b0050067_9342282.jpg

 ホールドの皆さんも、お疲れ様でした。
b0050067_935872.jpg

 そしてなにより、素晴らしい課題を設定してくれたセッターのお二人にも拍手を送りたいと思います。
[PR]
by kanechins | 2016-07-24 20:57 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

県クライミング大会2016 day2(本番編)

 2016年6月12日(日)
 昨日の体育館内の蒸し暑さは尋常ではなかったのでヌメリが心配されたが、今日は少しマシなようだ。
 
 受付開始前から会場入りする選手たちも少なくない。
b0050067_2324029.jpg

 受付、開会式のあと、早速にMⅡクラスのリードから。
b0050067_233993.jpg

 途中からMⅠクラスのリードも始まる。出だしから油断ならない課題。
b0050067_2335766.jpg

 最高点に達したのは、安定した登りで魅せるH選手。
b0050067_2354782.jpg

 MⅡクラスのボルダー課題Ⅰ、Ⅱ。
b0050067_2361245.jpg

 MⅡクラスのボルダー課題Ⅲ、Ⅳ。
b0050067_2365726.jpg

 ダイナミックなムーヴ力が試される課題Ⅱ。
b0050067_23749100.jpg

 バランスだけではなく、思い切りも求められるスラブ課題Ⅲ。
b0050067_2392594.jpg

 体幹とバランス、保持力が求められる課題Ⅳ。
b0050067_2383772.jpg

 いずれも素晴らしい課題であった。セッター陣に拍手。

 続いて、MⅠクラスの課題Ⅰ。
b0050067_2311224.jpg

 MⅠクラスの課題Ⅱ。
b0050067_23111989.jpg

 MⅠクラスの課題Ⅲ。
b0050067_23114251.jpg

 観ている者を興奮へ誘う、MⅠクラスの課題Ⅳ。
b0050067_23115626.jpg

 好課題に渾身の力でトライする姿には、感動を頂くこともしばし。
 
 大会も無事に終わり、表彰式。
b0050067_23161490.jpg

 本大会は国体予選も兼ねていて、成年男子・女子、少年男子・女子、それぞれ長野県を代表する2名ずつが選出された。次は、北信越国体。皆さんのご健闘をお祈りしております。
b0050067_23171879.jpg

 スタッフとしては、まずは事故なく終わったことに感謝。
 コンペビレイも随分と経験を重ねてきたが、まだまだだなー。

 参加された選手の皆さま。そして運営に関わったスタッフの皆さま、本当にお疲れ様でした!

 第37回北信越国民体育大会は、来る2016年7月23日(土)~24日(日)に、小谷村にある白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」体育館で開催されます。
 観戦は自由。北信越の強者が競い合う大会、多くの皆様の来訪、応援をお待ちしております!
[PR]
by kanechins | 2016-06-12 22:59 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

県クライミング大会2016 day1(準備編)

 2016年6月11日(土)
 今年もこの季節がやってきた。運営スタッフの一員として、前日から白馬入り。

 今年は北信越国体(兼ブロック予選)もあり、思わず感嘆する見事な壁が仕上がっていた。
b0050067_22442972.jpg

 正面からみるとさほど傾斜を感じさせないが、壁側から見るとなかなか。
b0050067_2245375.jpg

 セッター陣の頑張りで、ほぼ課題は完成していた。採点用の手順書を作製。
b0050067_2245581.jpg

 今回もビレイヤーを仰せつかっているので、ビレイ位置やフォールポイント、クリップ加減、流し程度などを、試登を交えながら確認。
b0050067_22472018.jpg

 リップから先はブラインドビレーとなる。
b0050067_2248877.jpg

 ボルダー課題のセット風景。MⅠクラス、MⅡクラス各4課題の計8課題。
 試登をさせて頂きながら、課題の微調整に入る。
b0050067_22484812.jpg

 強傾斜、ダイナミックなムーブ、そしてスラブと、総合的な力が試される好課題が組み立てられていく。
b0050067_2250419.jpg

 夕食を挟みながら、セット作業は深夜0時を回った。
b0050067_225625.jpg

 セッターの皆さま、本当にお疲れ様です。 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2016-06-11 23:36 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

長野県クライミング大会2015 (兼 国体県予選)

 2015年6月21日(日)
 6時過ぎに起床。朝食を摂り、会場へ。
 セッターらはルートセットの最終調整に入る。我々は会場の片付けや受付準備。
 
 受付時刻を迎えると、急に会場は賑やかになってきた。リードルートのオブザベーションはフリー。
b0050067_0492359.jpg

 皆、熱心に手順を読んでいた。
b0050067_0492873.jpg

 写真は、MⅡクラスの後半部。赤いテープが貼ってあるホールド、スタンスのみ使用できる。一見、「こんなにあるの?」と思うが、手順はほぼ限られてた濃厚なセット。
b0050067_0523930.jpg

 9:00から開会式。
b0050067_0542199.jpg

 競技は、MⅡクラスのリードから。
b0050067_0544639.jpg

 ビレイは前後の関係から順番を決めるので、誰が誰のビレイになるかはわからない。が、偶然にも3年連続、Hさんのビレイに。足腰の安定感が抜群で、見ていて墜ちる気がしない。上部の核心で逡巡したあと、遠いホールドを取りに行き大きくフォール、おしい。

 途中から、MⅠクラスも同時にスタート。MⅠはK太兄ちゃんと2人でビレイを回す。すぐにビレイが回ってくるので忙しいはずなのだが、かえって集中が途切れずよい!?

 続いて、ボルダーもMⅡクラスから。今大会から、2課題トライ、レスト、2課題トライのベルトコンベアー方式に。
b0050067_0593265.jpg

 続いて、MⅠクラスのオブザベーション。
b0050067_111297.jpg

 試登をしてみたが、まるっきり刃が立たなかった。
b0050067_123985.jpg

 応援にも熱が入る。
b0050067_13096.jpg

 そして、大会は無事に終了。選手の皆様、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

 表彰式。国体代表も決定。
b0050067_14177.jpg

 健闘をお祈りします!
[PR]
by kanechins | 2015-06-21 23:01 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

長野県クライミング大会2015(準備編)

 2015年6月20日(土)
 今年も、この季節がやってきた。
 今年の会場は、6月25日に伊那市に新しくオープンする人工壁「achieve」(http://achieve2015.com/)。
b0050067_0371085.jpg

 広さ、高さともに、なかなか!「achieve」は、天竜川の東側、県道19号線沿いに位置する。

 早速、お手伝い。今大会もビレイヤーを任されている。クリップポイントや、墜ちやすいポイント、落下方向や姿勢などを確認しながらビレーする。高さがない壁の中で、手数を増やすためにルートは右往左往しており、場所によってはかなり振られる。
b0050067_047543.jpg

 壁の形状を活かした、見事なルートがセットされている。
b0050067_053422.jpg

 お父さんと、ジャッジペーパーの作成。
b0050067_0533751.jpg

 白いボルダー壁に、息が吹き込まれる瞬間。
b0050067_0443254.jpg

 グレードは、MⅠとMⅡの2つ。MⅠグレードはトップクラスのレベルが高いので、ポイント差が出るような課題設定に余念がない。
b0050067_0511590.jpg

 ルートセッターのお手伝いや試登。我々の登りが参考になっているのかは定かではないが、それを見ながらホールドを替えたり、向きを変えたりと調整に入る。
b0050067_0481931.jpg

 大阪からはるばる戻ってきたEriちゃん。最近、ジムで頑張っているようで、なかなか美しい登りを見せてくれる。
b0050067_0472333.jpg

 ボルダーはそれぞれ4課題の計8課題。
b0050067_05415.jpg

 結局、セット作業は22時を回り、練りに練られた面白い課題が完成!
b0050067_0541456.jpg

 セッターのItoさん、Akiさん、そしてDK。お疲れ様でした!
 さぁ、明日の本番が楽しみである。 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2015-06-20 23:10 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

駒ヶ根人工壁。

 2015年 4月12日(日)
 久しぶりの、晴れの休日!のはずが、昨日の深酒が朝まで尾を引いてしまい、目覚めたら7時過ぎ。思い切って笠置にでも行こうかとも思ったが、胃腸の調子のダウンに伴い、テンションもダウン><。そういえば、「ロープとハーネスは車に入っているなぁ」と思い出し、妥協案として、久しぶりに駒ヶ根人工壁へ行ってみることに。

 久しぶりの駒ヶ根。一番乗りでマットを広げる。ハーネスを装着していると、急に頭が真っ白に。「ヌ、ヌ、ヌンチャクがない(汗)」。もともとボルダーするつもりで、ロープとハーネスはたまたま車に載っていただけ。駒ヶ根はヌンチャクが必要だったことなんて、もうすっかり忘れていたわ。

 「ボルダーごっこでもして帰るか」、と思っていたら、たまたま一緒になったT氏グループがヌンチャクを貸して下さることに。110°まで倒した壁で、なんとかロープを触ることができてよかった。ありがたいやら、恥ずかしいやら。
b0050067_23525585.jpg

 いまどき110°なんて大した傾斜には入らないだろうが、久しぶりのロープでこの傾斜は、足元も見えるしビビるわぁ。けど、やってみたら意外に面白い。セッターは、かのI氏。課題もなかなか面白い。
b0050067_23544643.jpg

 ブランクがあったので心配してはいたが、思ったよりもカラダは動きを覚えていてくれた。が、持久力はやっぱりガクッと落ちてるなぁ~。また、初心に帰ってイチからやり直しだ。側壁のボルダーは、FRPで作られた擬似岩。限定をつけて課題を設定、なかなか遊べる。
b0050067_2356877.jpg

 帰り道。これまた久しぶりに「かんてんパパガーデン」へ寄り道してみる。試食のゼリー、おいしい。
b0050067_2358585.jpg

 ショップで「かんてん雑炊」をカゴに入れていると、ふと目に留まる商品が。ショップ限定と書かれていたそれは「寒天えんどうスナック」。寒天スナック?ノンフライスナックで、1袋111kcal。他にも「オニオン風味」があったので、試しに購入。
 
 帰り道。小腹が空いたので、購入したスナックを頬張る。な、なんだこれ!?美味しい!!しかも、なかなかのボリュームなのだ。しまった!ローカロリーでこんなに美味しいのだったら、もっと買っておけばよかった!次回、駒ヶ根の帰りは「かんてんパパガーデン」で決まりだな。

 無事に帰宅。なんとなーく、駒ヶ根ソースカツ丼の香りが脳裏から離れず、また、なぜだか無性に「肉うどん」が食べたくなったので。うーん、クライマーとは思えない。いや、もはやクライマーではないなぁ、苦笑。
b0050067_034193.jpg

 そうは言っても、信州はいよいよシーズンイン。今年こそは、今年こそはと、毎年思うのであった。。。
[PR]
by kanechins | 2015-04-12 23:31 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

初めての、Obuse Open Oasis。

 2014年11月29日(土)
 飯山からの帰り道。前から気になっていた、小布施ハイウェイオアシスに併設され、今年7月にオープンした「Obuse Open Oasis」へ。道の駅に駐車し、歩道橋を渡って受付へ。様子見なので、30分500円で入場。時間が中途半端だったためか、子供連れのお父さんとうちらだけで貸し切り。

 長手物を触り、幾つかテープ課題を楽しむ。じきに、強いお兄さんがやってきて、自然とセッションに。聞けば、ここがオープンしてからボルダリングを始めたそうな。始めてわずか4ヶ月でとても強くて上手なのに、びっくり!思わず30分延長し、難しめの課題を一緒に打ち込む。
b0050067_10174130.jpg

 1時間なんて、あっという間。また、どこかで再会できるといいな。職場からは近いのだけれど、コンセプトはファミリー向けって感じかな?ちょうどA壁の会員が切れたのでどうしようかとも思っていたけれど、そこが悩みどころである。

 高速道路「上信越道」の小布施PAから「高速を降りずに」利用でき(スマートICで降りることも可)、会員登録がなくても利用可能(30分500円)なココは、遠来の人には嬉しいかも。妙高や野沢など北信方面に滑りに来たついでや、悪天時の転戦先としていかが?板と一緒にクライミングシューズなんてのもアリです!!

 Obuse Open Oasis (http://obuse-open-oasis.jp/
 ビジター(初回登録料不要、500円/30分)
 会員(初回登録1,000円、1,000円/日、5,000円/1ヶ月、50,000円/年)
 営業時間:月・火・木・金・土: 10:00 - 21:00、水・日: 10:00 - 17:00
 (変更がある場合があるので、HPをご確認ください)
 TEL 026-247-6600
 住所 長野県上高井郡小布施町大島609-2
 駐車場 あり(200台)
[PR]
by kanechins | 2014-11-29 23:35 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

プチコンペ at Edge & Sofa。

 2014年11月26日(水)
 ETCの通勤割引が無くなってから、すごく行きづらくなったEdge & Sofa。しかし、このところ低迷しているクライミングのモチベーションに火を注ぐべく、がんばって高速に乗って参戦!久しぶりのEdgeは、なんかキラキラと輝いていた。
b0050067_1053425.jpg

 プチコンペとはいえ、やっぱり緊張感が漂う。まず、スラブ右面にオンサイトトライ。それほど難しくなくても一撃を目指すと、なんだこの緊張感。自然と気合が入る。

 しかし、他のサービス課題でまさかのフォール!?でっかいホールドを完全に見逃していた。「緊張感」と「焦り」が「なんで?」というミスを引き起こす。そんなこんなで、一撃できるはずであった課題を2つも逃す。これで1ポイントマイナス。いい経験になるなぁ。

 経験のない課題設定、壁の形状を利用した巧みな課題設定、どこが効くのか予想できないホールドと、楽しく、そしてあっという間の1時間であった。今回も、Rubyに刺激をもらいながら底上げをしてもらえた。ありがとう。

 夜は、相棒と頂きものの手製ベーコン&よなよなエールで締めくくり。はるばる行った甲斐がある、一夜であった。
b0050067_10132222.jpg

[PR]
by kanechins | 2014-11-26 10:01 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

ノボリバ4周年記念焼肉セッション

 2014年11月9日(日)
 今日は、千曲市にあるクライミングジム「ノボリバ」の4周年記念・焼肉セッション!って、もう4年も経つのねぇ。数多あるジムのなかで、室内で焼肉させてくれるジムはココくらいでは?

 焼肉食べ放題まで付いて、コンペの参加費は2,000円、太っ腹!足自由課題20本+αを10:00からの3時間、完登数を競う。といっても、みんなでわいわい、セッションしながら、気楽に課題にトライできるのがよい。競技説明ののち、セッションスタート!
b0050067_21542958.jpg

 「3時間もあるのかぁ」と思ったけれど、良質の課題に悩まされながら楽しくセッションしていると、終了時間が名残惜しいほど。やはり、セッターが変わると、また新鮮でいいな。

 セッションの後は、焼肉大会!
b0050067_21555186.jpg

 伊勢でぷくぷくになったカラダに追い討ちを掛けるかのよう。ええい、毒を食らわば皿まで。
b0050067_2244083.jpg

 お久しぶりに再会できたクライマーも多く、ローカルならではの楽しいセッションとなった。企画・運営のHassy、ありがとう!

 「ボコダキに来たけど、雨にやられた!」という場合の駆け込み寺にもなるノボリバ!
 また、寄らせていただきます!

 クライミングジム・ノボリバ(http://www.noboriba.com/

 営業時間
  平日 月~金 18:30~23:00
  土曜日 13:00~22:00
  日曜 祝日 13:00~20:00(HPのグーグルカレンダー参照)
  休業日 HPのグーグルカレンダーに表示

 利用料金(会員、非会員限らず一回から遊べます)
  平日 月~土 一回 大人 1、000円 高校生以下 500円
  日曜 祝日 一回 大人 1、300円 高校生以下 650円
[PR]
by kanechins | 2014-11-09 21:46 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)

久しぶりの駒ヶ根人工壁。

 2014年 9月 6日(土)
 飯田時代に何度かお世話になった、懐かしの駒ヶ根人工壁(正式名称は「森と水のアウトドア体験広場」のクライミングウォール)へ。中央アルプス・千畳敷のお膝元にあり、ルート長は12mとなかなかスケールがある。セッターも有名なE山さんであるし、国の施設とあって料金は1人300円と破格。
b0050067_23435543.jpg

 予報では土曜日は雨マークが付いていたが、晴れ。「駒ヶ根高原は標高があるから涼しいかなぁ」と思っていたら、直射日光が当たる面はかなりの暑さで汗が滲む。

 FRPの岩っぽい壁に設定されたルートはどれも面白く、またスケールもあるので充実している。後半は、人工登攀の練習。大ハングはルーフ状なので、ちょっと苦戦を強いられた。
b0050067_234802.jpg

 明日の受付があるので、早々に撤収。「汗を流しに温泉に行きたいね」と言ったら、伊那に住んでいたことがある相棒が「こまゆき荘がいいよ!」と。何度も早太郎温泉に来てはいるが、「こまゆき荘」は初めて。人工壁から山に向かってすぐの左手にある。
b0050067_23544464.jpg

 内湯しかないので「露天風呂がいい!」という人には向かないかもしれないが、(良くも悪くも)お客さんが少なく静かで景色も悪くなく、ゆったりと湯船に浸かることができた。肌もつるつる、美人の湯。下山後に「ちゃちゃっと汗だけ流せればよい」という人にはオススメ!

「こまゆき荘」(http://www.miyadakankou.co.jp/?cat=1
泉質:アルカリ性単純泉
営業時間:午前8:00~20:45(入館受付20時まで)
お食事:午前10:00~20:00(19:30LO)
定休日:毎月第2・第4木曜日

 さて、いよいよ前夜祭だ。どうなることか!? (つづく)
[PR]
by kanechins | 2014-09-06 23:36 | 「人工壁」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧