カテゴリ:「岩」の独り言( 357 )

登り初め on 兜岩。

 2017年1月7日(土)
 今日はS氏、H氏と山梨・兜岩で登り初め。快晴で風もなく、2F部分は暖かい。まずは「薫風」(5.10a★★)でアップ。
b0050067_23140396.jpg
 
 
 スラブフェースは久しぶりなせいか、ちょっとおっかなびっくり。しかし、星も納得のなかなか面白い1本。
b0050067_23223411.jpg

 振り返れば、てっかてかに光る富士山が。
b0050067_23231661.jpg

 続いて「青とブドウ色」(5.10a★★)へ。ムーヴがあって、これもなかなか面白い。
b0050067_23252190.jpg

 そして、懲りずに「スターゲイザー」(5.10d)。相変らず登れなかったが、いよいよムーヴが見えてきた。次回!?
b0050067_23290427.jpg

 そして、下部は薄カブリのカンテ、上部は迫り出したフェースが印象的な「火山」(5.11c★)へ。出だしからボルダームーヴが求められる。
b0050067_23314397.jpg

 上部はクラックとカンテを上手に使って登る。
b0050067_23324930.jpg
 
 結局、ワタシは上部フェースの最終ピンに辿り着けず、トップアウトならず。修行も指皮も気迫もと、色々が足りぬ><。
b0050067_23343252.jpg

 しかし、目標ができたことは素晴らしい。
 楽しい時間をありがとうございました。また、近々行きたいな。

◆ 本日を振り返って ◆
薫風(5.10a★★) 〇(再登)
青とブドウ色(5.10a★★) 〇(再登)
スターゲイザー(5.10d) ×
火山(5.11c★) ××

[PR]
by kanechins | 2017-01-07 23:39 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

登り納め on 兜岩

 2016年12月25日(日)
 今日は午前6時集合で、H氏と兜岩へ。
 
 西関東道路を鎮目ランプで降りて左折し、フルーツライン方面に道なり。春日居ゴルフ倶楽部入口の看板で左折し、ゴルフ場のすぐ手前にある兜山登山口の道標で右の脇道に入り、ゲートの戸締りをして、ゴルフ場上部を巻くように林道を進む。
b0050067_22125708.jpg

 1年前に初めて来て、2度目。辿り着けるか不安があったが、なんとかフラッシュ。駐車場はがらがら。
b0050067_22071691.jpg

 身支度をして、橋の手前を左折し川沿いに下る。数分ほどして左折し登り始める。注意していないと、左手に入る部分を見過ごしてしまう。
b0050067_22151271.jpg

 岩場に着くと、あれお懐かしい方々と再会!!ご無沙汰しております。。。
 まずはアップで「はじめの一歩」(5.10a)へ。 
b0050067_22161755.jpg

 「目覚め」(5.10b)。一見、寝ていてカンタンそう、と思うと、ちゃんとムーヴがある。短いけれど、濃い1本。
b0050067_22184990.jpg

 「大好き」(5.10d★)。H氏はOS/m、さすが。
b0050067_22231797.jpg

 「十月」(5.8、NP)。トポに「楽しい」とあるが、看板に偽りなし!
b0050067_22263602.jpg

 「小春」(5.9、NP)。ワタシ、下部のハンドが広すぎて、あっという間に甲がずる剥けに。。。
b0050067_22303424.jpg

 H氏は果敢に「勘助」(5.11d★★)へ。いやいや、これ11台なんですか??
b0050067_22313189.jpg

 ワタシは、去年の宿題であった「スターゲイザー」(5.10d)に取り付くも、昨年以上に登れなくなっていてショボーン。。。

 としながらも、やはり兜は暖かい!ぽかぽか陽気の中、今年最後の最後に生岩を触ることができて嬉しかった。また、年明けからがんばります。年明けから???
b0050067_22321210.jpg

 往復6時間、370km。遠くないと言えばウソになるが、メンツが揃ったらこの冬にもう1回くらい来たい。よろしくお願いします。
 
 


[PR]
by kanechins | 2016-12-25 22:36 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

小川山、再び。

 2016年11月20日(日)
 午前5時50分、起床。外、しとしとと雨が降ってる!?
 行くと決めたからには、行かねばなるまい。がしかし、佐久南インターを降りても路面はびったびた。。。

 「ラブリートラバース」にリーチが掛かったUeQ曰く、「雨でも登れる岩だから!」。「おいおい、ホントか?」と内心は思いながらも、八千穂を過ぎた辺りから急に青空が広がり始めた!?

 まずは所用で岩根山荘へ。わー、初めて見るけど、すごく立派なドライ壁ができていた!
b0050067_22314268.jpg
 任務を果たし、いざ、クローズされた廻目平へ。「ガラガラだろう」と思っていたがなんの、上の駐車場は6割方は埋まっていた。

 この一週間で、カラマツはほとんど落葉。寒いかと思っていたがなんの、陽だまりは風もなく、Tシャツ1枚でもOKの陽気。
b0050067_22362565.jpg
 
 早速、入口岩へ。おお、昨日のあの雨がウソのように、UeQが言ったとおり、ホントに岩はパリパリに乾いていた。

 UeQは、アップも兼ねてムーヴの確認。ワタシは後半パートをトライ。試行錯誤の上、ムーヴのイメージはできた。が、前半からつなげるのは至難の業と思われる。

 UeQ、トライ。こなれたムーヴで核心を越えた!
b0050067_22432735.jpg
 
 そして、リップ手前のスローパーを取った!誰もが、そして本人もが「登った!」と思った瞬間、まさかの左足スリップ><。

 ボルダーって恐ろしい。トライを繰り返すが、撃てば撃つほどにカラダはよれていく。。。ワタシはと言えば、左手のポッケ寄せができるようになり1歩前進したものの、一難去ってまた一難。指皮もあっけなく終わり、専属スポッターに。

 結局、10時半頃から3時近くまで撃ったが、敢え無く宿題に。場所を移動し、かねがね行ってみたかったファンタジー岩へ。

 行ってびっくり、すんごい人!裏側のスラブ6級と、マントル2級を登ったところで表側へ。が、ヒール3級を触るも、まったくヒールに乗れずに終了。結局、16時半位まで登ることができた。本日、ご一緒させて頂いた皆様、本当にありがとうございました。

◆ 本日の成果 ◆
マントル2級、スラブ6級のみ

[PR]
by kanechins | 2016-11-20 22:57 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

ボルダー in 小川山。

 2016年11月12日(土)
 急遽、自由な時間が取れた土曜日。実質、今年最初で最後となる小川山へ。
 シラカバの葉がすっかり落ち、カラマツもよい感じに紅葉。
 
b0050067_22384082.jpg
 

 午前中は水晶スラブ下の犬岩で、以前どこかの山で一緒になったことがあるツベートさんの取材見学。アップで8級を登らせてもらったが、足裏感覚がすっかり鈍ったこともあってか、ちょっとした高さが怖い。

 涙岩へ移動し、「ホワイト・ティアーズ」(4級)にトライ。最初に取りに行ったカチが甘くて、マッチできる気がしない。とやっちは、軽々と一撃。強いのは知っていたけれど、ほんと強いわ。UeQも抜けて、残るはワタシとツベートさん。。。
b0050067_22502480.jpg

 ワタシはと言えば、ポトポトと落ちまくり><。それでも、アドバイスを頂きながら撃ち続け、なんとか登ることができて、ほんとよかったわ~。

 ツベートさんはいつかの印象と変わらず、明るく元気!わずかな時間だったけれど、まるで旧知の友と再会したかのような、アットホームで楽しい時間に。笑い声の木霊を残し、颯爽と下って行った。

 続いて「涙涙」(1級)へ。アンダーからカンテ状のスラブへ上がる課題。
b0050067_22551553.jpg

 写真ではわかりづらいが、左手の薄カチが悪く、この次の2~3手が核心。
b0050067_22583014.jpg

 とやっちもトライ。え?そこそんなに立てるところ??
b0050067_23003578.jpg

 とやっちはさすが、わずか3便で完登。それを追うように、UeQも見事に登り切った。ワタシ?右手を離すことすらできず。。。

 その後、入口岩へ移動し「ラブリー・トラヴァース」(左->右:初段)へ。
 UeQは以前にある程度ムーヴをバラしているようで、核心まではスムーズに。
b0050067_23042630.jpg

 とやっちは、核心までは軽々と難無く渡り、ムーヴ固め。
b0050067_23060765.jpg

 ワタシはといえば、二人の話題についていく以前で、まずは核心まで行けるようがんばる。なんとかワタシも核心部まで行くようになったが、左手のポッケへの寄せが不確実。

 途中から加わったご夫妻からもアドバイスを頂き、とやっち、再トライ。なんしか、ありえない動きをしたと思ったら核心を越えていて、そのまま完登!素晴らしい!
b0050067_23063852.jpg

 UeQもいい所まで行くのだけど、核心で指皮をさっくり持っていかれてしまい流血。ムーヴはほぼ固まったようなので、次回はさくっといけるでしょう!

 考えたら、外ボルダーも今年、最初で最後?最後になって、ボルダー楽しい!って思ってしまった。今年は、金峰山荘はこれでクローズらしい。けど、チャンスがあったら、もう1回くらい行きたいな。

 帰り。UeQに案内頂き、東御市鞍掛にある「パンとお菓子 クリシェ cliché」へ。
 時間が時間だけに残りはわずかで食パンのみ購入。翌朝、頂いたけど、いや、実に美味しかった。福があったな。

 ほんとに急遽なのに、お仲間に混ぜていただいたお二人には多謝。
 ボルターが楽しい理由が話題になったけれど、やっぱり「人」も大きいなぁ。

◆ 本日の成果 ◆
「ホワイト・ティアーズ」(4級)のみ


[PR]
by kanechins | 2016-11-12 22:17 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

レスキュートレ2016。

 2016年5月21日(土) day1
(本日記は備忘のためのメモであり、記載内容が正しい技術であるとは限りません)

 毎年恒例の、所属山岳会のレスキュートレに参加すべく、大町人工壁へ。
 本日の目標を確認し、KYから。
b0050067_10274511.jpg

 2~3人毎に分かれ、まずは1)1/3レイジングシステム、2)リーダーの固定&ビレイヤーの脱出。
 ここ何年か毎年やっているので、みな、比較的スムーズにできる。
b0050067_10303129.jpg

 3-1)懸垂下降中にトラブルで動けなくなった要救助者へのダイレクトアクセス。
 訓練なのでトップロープでバックアップを取りながら、環付きビナ2枚を使用する方法を。バックアップは、下降セットの上部にスネイクノットが良さそう。
b0050067_10324761.jpg

 3-2)要救助者の下降。
 要救助者の下降器に救助者のハーネスを固定し、救助者のバックアップを利用し下降セットを回収。要救助者の下側に入り要救助者のバックアップを緩めて一緒に下降。
b0050067_10405352.jpg

 4)カウンターラペルの確認
b0050067_10411785.jpg

 ひとつひとつを、お互いに確認しながら、全員が行う。

 夜は山岳総合センターの講義室をお借りして、座学。
b0050067_10415838.jpg

 WAFA(wilderness advanced first aid)クラスに参加した経験を持つsonoから、傷病発生時の基本的な対応についてレクチャー。
 ①安全の優先順位(レスキュー、傷病者、第三者)
 ②傷病者の一次評価(呼吸系のチェックほか)
 ③頚椎損傷時の対応(頚椎損傷しているときは首の固定)
 ④脳機能不全の原因
  (血糖、内部温度、酸素、頭蓋内圧、感電、標高、毒、低ナトリウム症)
 ⑥救助事情について

 ルート開拓者でもあるM氏から、最近、ボルトの破損事故が目立つカットアンカーについて、構造やデメリットなどを伺う。カットアンカーの構造を知らなかったので、勉強になった。実際、古いルートにはカットアンカーのボルトが多い気がするので、注意したい。

 2016年5月22日(日) day2
 今日の目標と、KYから。
b0050067_10542079.jpg

 前傾したマルチルートでリーダーに事故が発生し、ロワーダウンではアクセスできない場合の対応(ダブルロープなどロープがもう1本ある場合)。

 1)リーダーの固定&ビレイヤーの脱出
 2)クレイムハイストやアッセンダーなどを利用し、要救助者をアンカーとしてアッセンド
 3)最終アンカーの補強(1本上のボルトや、カム・ハーケンで支点の追加など)
 4)カウンターラペルシステムの構築
 5)要救助者へアクセス
b0050067_1115992.jpg

 6)要救助者を救助者側のロープとクレイムハイストなどで連結。
b0050067_11105940.jpg

 7)要救助者をリフトアップするための支点を救助者側のロープに設置し、120cm以上のスリングを使って1:1引き上げ。要救助者を抜重できたらロープを解除。(実際は切断するほうが断然に速く、ラク。体重差がある場合には、解除はまず無理)
b0050067_11111696.jpg

 8)要救助者のテンションをゆっくり救助者の下降器に移し、カウンターラペルで下降する。傾斜が強い場合には、残置ヌンチャクに救助者側のロープをクリップしながら下降することでテラスに戻れる。

 要救助者の体重が救助者よりも軽い場合にはパワーで解決できる部分があるが、逆の場合は各手順に細心の注意を払って実施しないと、救助者も動けなくなる場合がある。安易なレスキュー行動は、二次遭難の可能性もある。
b0050067_11123376.jpg

 本年もみっちり2日間、お互いに意見交換しながらトレーニングを無事に行うことができた。
 このような技術を用いる必要が生じないよう、日頃から留意して山と向き合っていきたい。

 皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
[PR]
by kanechins | 2016-05-21 17:14 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

久しぶりの豊田。

 2016年1月9日(土)
 三連休は天気も良さそうだし、信州には雪がないし、久しぶりに豊田へ。
 と張り切ってはいたものの、仕事初めからほとんど寝てないので大寝坊。。。

 お昼過ぎに歌石駐車場へ。「大田(だいた)城址」は連休だから激混みかと思っていたら、そうでもない。
 「お手」「お手上げ」などでアップし、散策を兼ねて槍エリアへ。
b0050067_1012380.jpg

 これでレベルaなのだから、怖いわー。
 ぐるり大田城址を一回り。100岩に掲載されていないエリアもあるみたい。

 そして、今日の目玉「うなぎの寝床」(c)へ。取り付いてすぐ、「か、カラダ重っ!」、愕然。
 一方の相棒は得意系らしく、核心のリップ取り寸前まで。
b0050067_10195178.jpg

 ワタシのリーチだとアンダーガバからリップはぱっつんぱっつんなので、アンダーホールドをさらに一手上げるムーヴに変更。すると、あれ、安定してリップが取れた!?前回は、この発想はなかったなー。

 あとはカラダの振れに耐え、トラバースしてゴール。
 グレードはさほどではなくても、やっぱり登れると嬉しい。
b0050067_10241686.jpg

 人気も頷ける、とても美味しい、楽しい課題であった。
 しかし、豊田は結晶が荒いのか、指皮だけでなく、手の平の皮も激しく消耗。。。

 「おいでんの湯」で汗を流し、畳部屋に寝転がって読書、至福。
b0050067_10293312.jpg

 最近、池井戸さんの本にはまっており、「ロスジェネの逆襲」を読んでいたら、あっという間に2時間が。
 行きたいと思っていた「煮込みうどん屋」に慌てて行ったら、間に合わなかった><。


 2016年1月10日(日)
 朝食を買いに、九久平のコンビニへ。
 レジに並んでいると、関西に引っ越したえり&エリコンビに会偶!仲間たちと「大給(おぎゅう)城址」へ向かうとのこと!

 おぎあや夫妻も大給へ向かうとのことであったので、今日会う予定のゆきちゃんにも連絡して移動。
 えり&エリコンビはダイヤモンドスラブへ。って、高っ。
b0050067_1044314.jpg

 写真はおぎー。
b0050067_10541043.jpg

 自分も触らせていただいたが、ないな、苦笑。おぎあや夫妻は見事完登、さすが!

 ゆきちゃんオススメの、高くない課題「ティータイム」へ。うん、高くない、笑。
b0050067_10571935.jpg

 トラバース課題で、なかなかに面白い。カチの連続で激しく指皮を消耗し、登るほどに登れなくなる。
 結局、最後の核心を越せずに終了。これで、また豊田に来る目標ができた^^。

 そして、ゆきちゃん一家と、実に7年振りの再会!
 考えたら、実際に一緒に岩に行ったのはK坂、城山、湯河原の3回位なんだけど、もう長いこと一緒に登っている感じがする不思議なお友達。

 「鯉のぼり」(d~e)に移動すると、おぎあや夫妻もトライ中。
b0050067_11384011.jpg

 そして、見事に完登!さすがだわぁ。
b0050067_11515575.jpg

 ゆきちゃんも奮闘!
b0050067_11514933.jpg

 とまぁ、賑やかで楽しい1日を過ごすことができた。楽しい時間、ありがとうございました。
 
 大給(おぎゅう)城址は足助(あすけ)街道と新城街道との交差点にある九久(くきゅう)平に位置する、標高204mの城址。途中、切堀りもあったりと、歴史を感じるエリア。
b0050067_11515957.jpg

 廃城から420年の時を経て、まさかこうやって多くの人々が(登りに)訪れることになろうとは、当時のお侍さんたちは思いもしなかっただろうな。

 東郷PAで休憩。小腹が空いたので、「とんてきカレー」(1,000円)を。
 名物「とんてき」のソースがカレーと相まってうまい!
b0050067_1152272.jpg

 しかし、皿がでかい!なんと、ご飯は400gもあった!大満足。
b0050067_11521240.jpg

 たまたま暖かい週末だったからかもしれないが、気温もベストで楽しい時間となった。
 また行きたいな、豊田。
[PR]
by kanechins | 2016-01-10 20:46 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

登り初めは湯河原幕岩。

 2016年1月2日(土)
 登り初めは、久しぶりの湯河原幕岩へ。
 すっかり外岩から離れていたので、カムバックにはもってこい。

 初心にかえって、懐かしいルートを端から触っていく。
b0050067_23575716.jpg

 初めての、ピーターパンロック。
b0050067_23584062.jpg

 ぽかぽか陽気で、一日、楽しく登ることができた。幸先が良いな。

 夕方は、これも恒例になりつつある「いずみの湯」へ。
b0050067_031441.jpg

 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸温泉。入館料は、信州人には高めに感じる大人1,080円(税込)だが、設備は充実しているし、施設もきれいでリゾート感が溢れているので、なかなか良い。

 初めて知ったのだが、追加料金1,770円を支払えば、朝の9時まで居ることができるみたい?
 いつか、試してみよう。 http://www.welcity-yugawara.co.jp/higaeri

 夜は、国道沿いにあった回転寿司「花まる」へ。
b0050067_010594.jpg

 やっぱ、海沿いのお店は違うなー。何より一番美味しかったのは、一番安いお皿の「いわし」。
 「鰯」と書くだけあって、鮮度が命のねた。信州では高級魚なのだ。
b0050067_0114237.jpg

 イオンで地酒を買い、準備万端!今宵はすごく空気が澄んで、満点の星空。
 やっぱ、いいところだなぁ、湯河原。

 2016年1月3日(日)
 午前7時起床。早朝から、続々とクライマーが岩場へ上がっていく。
 桃源郷エリアは既に混雑。
b0050067_014269.jpg

 アップでダークヘラーを登ったあと、ワンダーマリアへ。
 んー、今の自分には、ないな。。。

 どんどんと賑やかになってくるので、正面壁へ移動。
 こちらは人気課題以外は静か。写真のスラブは5.7と書かれていたが、リングの向きが芳しくないリングボルトがなかなかスパイシーで山っぽかった。
b0050067_030328.jpg

 昨日よりもさらに暖かく、Tシャツ1枚でも過ごせる陽気。そうこうしているうちに、お昼に。
 ずっと気になっていた福浦漁港「みなと食堂」へ!スマホに場所をセットし出発!

 ん?すぐに画面が真っ暗に!?突然に電源が落ちて、入らなくなってしまった。。。
 カンを頼りに行って見ると、新年は1月6日までお休みとの看板が。。。

 湯河原からそのまま沼津へ抜けれると思い込んで、山に向かって走っていく。
 出てくる看板は、どちらにも「沼津」と出てこなくて迷子。スマホGPSを使うようになってから、車に地図を用意しなくなって久しいが、やっぱり地図がないと困る。

 結局、芦ノ湖周りで遠回りとなってしまったが、こんな風景にも出会えたので、まぁいいか。
b0050067_8443322.jpg

[PR]
by kanechins | 2016-01-03 23:00 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

鳶岩。

 2015年12月 6日(日)
 週末もお仕事交じり。それでも日曜日くらいはと、Dekiさん、まみたすに打診。
 まみたすが鳶岩の「凧」(5.11b)にトライするというので、急遽、お仲間に混ぜていただく。

 糸の切れた凧の如く、最近はハイボルダーとして登られている。
 が、自分はありえないなぁ~、汗。
 
 まみたす、着実に糸を伸ばす。
b0050067_0311410.jpg

 まみたす、ドカ墜ちしても風に乗ろうと頑張る。
b0050067_033183.jpg

 ワタシもその姿に刺激を受けて、頑張る。
b0050067_0334322.jpg

 2便出してムーヴがつながり、3便目で風に乗れてRPできた。
 ルートは短めであるが、出だしから最後までボルダームーヴが続いて面白い1本!

 鳶岩に来たら、「みかん」と「凧」はオススメです^^。
 なんか、どちらも正月っぽい名前でいいな~。

 駐車場に着いた頃は風の強さと冷たさで「帰ろうかな」とも思ったが、岩場に着くと風はうまく避けてくれ、思ったほど寒くなく、帰らなくてよかった^^;。

 ひも付きボルダーはセッションできるので、楽しい。
 Dekiさん、まみたす、混ぜてくれてありがとうございました!
[PR]
by kanechins | 2015-12-06 19:22 | 「岩」の独り言 | Comments(0)

忘年会からの、兜岩。

 2015年11月28日(土)
 今日は、相棒が所属する山岳会事務所の大掃除を、ちょこっとお手伝い。

 午後は、すぐ裏の森の中でビーコン探索トレ。
 やると知っていたら、今年新調したMAMMUT「Barryfox」を持参しトレーニングできたのにー、苦笑。

 ビーコンなしのワタシは、埋没担当。なんだか妙に盛り上がり、たっぷり2時間探索されまくり。
 埋没時のビーコンの向きを変えたり、複数埋没させたり。反復すると、目に見えて探索が早くなる。

 夜は、立派な山小屋風の事務所で忘年会の準備。
b0050067_2354883.jpg

 山盛りの地「きのこ」に、初めて頂いた「羽広菜のかぶ漬」とテンションアップ。
 「羽広菜のかぶ漬け」はしゃきっとした歯ざわりが心地よく、酒の肴にもってこい。
b0050067_23545457.jpg

 続々とメンバーが揃う。誰か来るとその人の音頭で乾杯を繰り返す^^。
 突然参加したにも関わらず、暖かくお迎え頂きありがとうございました!

 2015年11月29日(日)
 今日はTakako、Funa-chan、相棒と、ワタシは初めての兜岩。
 まずは、アップで「林」(5.9NP)へ。NPって書いてあるけれど、Takakoが持っていたキャメロット0.5しかなかったのでランナウトとなり、めっちゃシビれるアップとなった。(OS/m)

 いつになくテンション高い相棒は、トポに載っていない無名ルートへ。
b0050067_045168.jpg

 ワタシとTakakoは「はじめの一歩」(5.10a)へ。
 限定一切なしで、アルパインちっくに弱点を突いて登る楽しい1本。(OS/m)
b0050067_052321.jpg

 無名ルートでは、Funa-chanも奮闘している。なにやら、面白そう?
b0050067_0523630.jpg

 ワタシも触らせていただく。
b0050067_053775.jpg

 最終クリップをしてからリップまでが見た目以上に悪い。
 けれど頑張れば行けそうな感じがして、順番こっこにトライ。

 結局、だれも登られなかったけれど、ひも付きボルダーはセッションできて楽しい。

 2Fエリアに上がり、「薫風」(5.10a★★)へ。快適なスラブカンテ。と思っていたら、最終ピンからが悪い。
 高度感もあり、まさに風薫る、2つ星も納得の好ルートであった。(OS/m)

 続いて、「Nightmare」(5.10c★)へ。悪夢??
b0050067_1133100.jpg

 スラブフェースからハングを右上に乗っ越す豪快なルートで、ムーヴの組み立てが面白かった。(OS/m)

 最後に、甲府城エリアの「MY SONS」(5.10c)へ。ちょうどFuna-chanがトライ中。
 ぱっと見は11ありそうだったけれど、10台?ほんと?ヤバそうなところも上手にこなしてRP。
b0050067_162967.jpg

 折角なので、ワタシもトライ。オープンブック状で、気分はボルトでワイド。
b0050067_164786.jpg

 Funa-chanの登りを見てイメージできていたからフラッシュできたけれど、OSトライだったらやばかったなー。

 そんなこんなで、暖かな陽だまりの中、久しぶりに外岩でクライミングができてよかった。
 冬に登りたくなったときに、また訪れたい。

 ご案内いただいたTakako&Funa-chan、ありがとう~!
[PR]
by kanechins | 2015-11-29 23:33 | 「岩」の独り言

三重・神須ノ鼻 day2

 2015年11月22日(日)
 昨晩は、潮騒が心地よい海辺でキャンプ。
 夏は海水浴やビーチバレーで賑わう三木里キャンプ場は、この時期は静か。
b0050067_13201067.jpg

 三木里観光協会が運営するキャンプ場はトイレに自動販売機もあって快適。
 4月27日~5月8日、7月15日~8月31日は有料の管理キャンプ場になるが、オフシーズンはゴミの持ち帰りなどを徹底すればフリーに使えるらしい。
b0050067_13232559.jpg

 ウェザー○ュースの予報は「雨まじり」であったが、「弱気の天気予報」だろうということで、今日も神須ノ鼻へ。結論から言えば、神須ノ鼻には雨は一滴も降らなかった。三木里の路面は濡れてはいたけれど。

 Eriが先導して下降点まで進み、懸垂下降。
b0050067_13253216.jpg

 本日も、岩場は我々の貸し切りとなった。
b0050067_13262487.jpg

 Rickyが「大和(やまと)」(5.10+)をリードし、ワタシはフォローへ。
 写真は、「アマテラス」(5.10)をフォローするEri。
b0050067_13281119.jpg

 東側のエリアへ。M氏とロープを結び、「高砂(たかさご)」(5.10)をフォロー。フィンガリーなコーナークラックはステミングが鍵。

 M氏は、さらに上へ続く「栄螺(さざえ)」(5.11-)へ。トポには「このグレードで登るには足のリーチが必要」と書いてあったが、フォローして納得。足が短くてスミマセン。M氏は見事、OS。

 ジャミング紳士、Eriは水平クラックが印象的な「鳥居」(5.10+、2P)へ。
 すごく面白いらしいので、いつかトライできたらいいな。いつだ??

 そうこうしていると、南岸の低気圧の影響かアプローチが時折、波で洗われるように。
 若潮なはずなのだが、満潮は15:06頃なので大事をとって撤収することに。

 13:20頃からユマーリング開始。
b0050067_1346391.jpg

 時間があったので、無理を言って「楯ガ崎」の三国合同エリアへ案内いただく。
 展望駐車場に車を停める。二木島湾では、何が養殖されているのだろう?
b0050067_13512772.jpg

 遊歩道へ入る。
b0050067_13525558.jpg

 少し下り、カーブの部分から左側へ降りる。
 あまり人が入っていないのか判然としない。
b0050067_1353496.jpg

 かなりの急斜面を立木伝いに降り、古いFIXロープを頼りに下る。
 水しぶきが風に舞う海岸線に降り立った。
b0050067_13544236.jpg

 強い南風が波を煽り立てる。時折、激しく打ち寄せる大波は恐ろしいほど。
 アプローチはリスキーであったので、ここで引き返すことに。
b0050067_13545890.jpg

 再び、「夢古道の湯」を訪れ、体を温める。
 折角なので、尾鷲市内で夕食を。「海鮮ユッケ丼」を頂く。
b0050067_1359279.jpg

 港町なのにユッケはどうかとも思ったが、なんの。
 ネタの良さが引き立つ絶妙な旨さに感嘆。ボリューム少な目なのが、またニクい。
 紳士はクライミングルートだけでなく、お店選びもセンスが輝いている。

 お二人はこれから名張に移動。ご一緒したかったが、四日市の渋滞を懸念し帰長することに。
 
 ジャミング紳士、M氏には、色々とご案内頂き、また未熟なワタシにもあれこれ登らせて頂いて本当に感謝してます。同行頂いたRickyも、岩に運転にお世話になりました。しかし、氏は本当に紳士で驚いた、笑。

 クライミングのモチベーションが落ちきっていた昨今であるが、これを機会に盛り上げ返したいな。
 あ、やべ、もう信州は登りの季節は終わりかけだ。それでも、またいつか修行を積んで再訪したい。

~ 備忘メモ ~
・懸垂&ユマーリングに60mシングルのフィックスが必要。回収も考えてロープを扱う。プロテクターも有効。
・ユマーリングはBASIC×2で行ったが、やっぱ上手だけでもアッセンダーがあったほうが良い。
・細めのクラックが続くので、小さめのカムがそれなりに必要。ナッツワークもポイントなので要修行。
・低気圧接近時や大潮のときは、東側エリアとの移動は危険なことも。特に帰りに気を付ける。
・コンビニは尾鷲市内に何軒かある。24時間営業のガソリンスタンドもある。
・Docomoは、駐車場を含め前後の道路上は電波なし。岩場基部では場所を選んで1本立つくらい。
・また来ることがあれば、某民宿泊まりにする。ご飯は味、ボリュームともに文句ないらしい。
[PR]
by kanechins | 2015-11-22 23:13 | 「岩」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧