2017年 03月 11日 ( 1 )

妙高山系・容雅山BC(退却)

 2017年3月11日(土)
 午前2:50に起床し、出発準備。遊び過ぎかもしれないが、仕事の関係で、3月に遊べる週末は今日が最後。わがまま言って、魅力的な名前の「容雅山」を目指し、午前4:00に出発。

 高速に乗ってすぐ、「中野でチェーン規制」の電光掲示板。「え?満月なのに?」。が、信濃町を過ぎたら突如、吹雪!?路面にもシャーベット状の雪が積もる。妙高SAで大休止。とりあえず、行くだけ行ってみることに。

 中郷ICで降り、西菅沼新田の集落を目指す。集落終点から除雪車が入っていたので、行けるところまで行く。が、終点は除雪車のUターンスペースしかなく、途中の待避所に停めてアクセス問題になってもいけないと思い、結局、集落終点に駐車。予定よりも遅れ、5:40着。
b0050067_21364641.jpg

 5:55、歩行開始。ほぼ車1台の幅しかなく、また待避所もほとんどないことから、後ろから車や除雪車が来ないかひやひやしながら歩き、06:20に除雪終了点へ。
b0050067_21484815.jpg

 ここからノートレース。H氏と交代で、くるぶし~中脛位のラッセル。軽い部類のラッセルではあるが、距離8km、標高差400mあるのでボディーブローのように効いてくる。

 8:00、林道終点。展望が開け、第三発電所と容雅山(右上)が見えた。
b0050067_21545884.jpg

 発電所をめがけて、急斜面をトラバース気味に下る。
b0050067_21553360.jpg

 な、なんか、想像よりも雪が多い。
b0050067_21560806.jpg

 隙間だらけのつり橋を渡る。
b0050067_21572153.jpg

 8:20、第三発電所に到着。小屋の裏側に、登るべき送水管があるみたいであるが、どこをどうやって行くのだ??小屋の縁は高い溝が走り、滑落は許されない。
b0050067_21582564.jpg

 右側から小屋裏に回り込めないか偵察してみるが、板を脱ぐと股下の深雪。
b0050067_21590938.jpg
 
 ツボ足で行けないかと試みるが、とにかく雪が深い。
b0050067_22033697.jpg

 何も食べずにここまで歩いてきたので、大休止。天気は回復するはずなのだが、日本海に近いので、あまり期待できないか?雪も多いし、テンションだだ下がりで退却ムード。。。

 そうこうしていると、2人が斜面を降りてくるのが見える!?
b0050067_22043787.jpg

 9:00、発電所の作業員さんらがなんと、クロカンで登場!仕事でクロカンだぁ。「遠いところ、お疲れ様です!」とお伝えすると、「いや、うちらはスノーモービルで上まで来てるので」と。それで、モービルの跡がうっすら残っていたのだ。
b0050067_22055764.jpg

 どうされるのか見ていたら、再び板を履いて上に登っていくではないか!そっか、こちらから回り込めばよいのか。それにしても、こんな雪でも発電所の管理に人が上がって来てくださっているのね。お疲れ様です。
b0050067_22081299.jpg

 右側から裏の尾根へ回り込み、送水管の上まで上がる。
b0050067_22090928.jpg

 じきに、なんとあっきゃんのお友達であるボーダー2名も上がってきた。730m台地を共に進む。澄川の河原へ一旦降り、渡れそうなスノーブリッジを探す。
b0050067_22114487.jpg

 なんとか渡り切り、10:20に北桑沢に入る。谷は所々深く口を開いている。深い山の中での万一のことを考えれば、やはり10m位の補助ロープは持ってくるべきであったと反省。

 10分ほど谷に入ったところで、未知のルートであること、視界、天候、体力、谷の状況、ワタシの滑走能力、帰路などを含めて勘案し、山頂まで行くのは困難と判断。H氏と相談し、涙を呑んで退却を決定。また、天気が良いときに来よう!Hさん、ここまで来ておいてごめんなさい。
b0050067_22190390.jpg

 来た道を滑り降り、再び澄川を渡る。
b0050067_22201646.jpg

 送水管の斜面は、気温の上昇に伴い重い雪に。11:20に発電所帰着。
b0050067_22211241.jpg

 11:30、林道終点。往路では望めた容雅山は、霧の中。また来るよ。
b0050067_22220643.jpg

 シールを外して林道を下り始める。4kmほど進むと、急に青空が広がってきた。標高が低い上に日射も加わり、ぺたぺた雪になって板が走らず苦労する。
b0050067_22243032.jpg

 除雪終了点からの林道は融雪が進み、途中から板を外して歩く羽目に。そして、13:00に西菅沼新田の集落に帰着。
b0050067_22253226.jpg

 折角なので、新井の「道の駅」へ寄る。小雨が舞ったりと、すっきりしない天気。振り返ると、山は再び深い霧に包まれていた。
b0050067_22263231.jpg

 国土地理院地図におけるGPS軌跡(国土地理院コンテンツ利用規約に基づき、地理院タイルにGPS経時位置情報を追記)。総行動時間は7時間、累積登高差は771m、沿面距離は18.2km(いずれもGPS数値)。
b0050067_22281025.jpg
 
 鳥瞰図。白矢印が第三発電所。赤三角が容雅山。
b0050067_22283251.jpg
 
 偵察としては北桑沢まで入ることができたので十分。実際に来てから記録を拝見すると、なるほど、よくわかる。またいつか、青空の下であの大斜面を目指したい。


[PR]
by kanechins | 2017-03-11 22:30 | 「潜り」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧