正月登山 in 聖岳 (2日目 1月1日元日)

 「ん?」、雪が降っている夢で目が覚めた。目覚めると、実際に雪が降っている。「あれ?ここはテントの中じゃ??」。
b0050067_23185676.jpg
 写真はテント内側の様子。
 あまりの低温(推定、氷点下10数℃)でテント内の水蒸気が結晶化し、風で揺れる度に顔に降りかかっていたようだ。
 点けっぱなしのラジオから、各地の初詣の様子が流れてきた。どうやら、2007年が始まっていたようだ。

 午前4時45分起床。今年最初の食事は、昨晩に残しておいた「青椒肉絲」に正月らしくカマボコとネギを加えた棒ラーメン。山では贅沢な食事の部類に入ると信じたい。
 極寒で空気中の湿度が低く水分を多量に摂取する必要があるので、汁までしっかり頂く。
b0050067_23284778.jpg

 まだ辺りが薄暗い午前6時30分頃から、ヘッドランプの灯りを頼りにアタックの準備。クランポンに緩みがないか、ピッケルバンドに問題はないか、雪崩ビーコンの電池残量などを確認。
b0050067_23312069.jpg

 朝日に照らし出される聖岳のモルゲンロート。期待と緊張が彷彿。
b0050067_23321787.jpg

 しばらくは主稜線伝いに歩きづらい樹林帯を進む。小聖岳の登りに差し掛かったところで2007年初の太陽が顔を覗かせた(07:15)。写真は樹林帯を抜け、小聖岳の雪壁に指しかかった場所から撮影した「初日の出」と「富士さん」。
b0050067_23335964.jpg

 07:40、喘ぎ喘いで小聖岳(2,662m)に到着!雪稜を越え、あの雪壁を登るのだ。
b0050067_23371141.jpg

 標高2,850m付近から振り返る。この辺りから、大陸からの冷たい風に煽られるようになる。
b0050067_23383147.jpg

 上を見上げると、紺碧の空が宇宙色に染まっていた。見えているところが山頂かと思えば、まだまだ先がある。
b0050067_2340699.jpg

 それでも、登るにつれ傾斜が緩くなり他に高いところがなくなった。聖岳の山頂(3,013m)である!写真は、赤石岳をバックに師匠。(08:50)
b0050067_23412077.jpg

 同じく、喜びに狂う筆者。バックは中央アルプス連峰。
b0050067_23415828.jpg

 写真は、いつか厳冬期に挑戦したい赤石岳。実に雄大だ。
b0050067_23425894.jpg

 大陸からの風は強く冷たく、写真と動画を撮影し、テルモスの紅茶を啜っただけで山頂を後にする。下の動画は山頂の様子(動画の閲覧にはFlashが必要デス)。



 さぁ、これから下山だ。登山は登りよりも、下りの方がはるかに危険を伴う。
 テカテカに光るクラストした雪面を慎重に下ると、じきにフカフカでキックが入りやすい雪面に入る。そこからは快適に高度を下げていく。
b0050067_23463028.jpg

 滑落や雪崩の心配がない稜線まで戻ってきた。再び、熱い紅茶で喉を潤した。写真は、大河内岳をバックにコンテ(ザイルで結び合う)で雪稜を辿ってくる後続の5人パーティ。
b0050067_23475054.jpg

 小聖岳から聖岳を振り返る。バイ、バイ。また来る日まで。。。
b0050067_23491470.jpg

 幕営場まで戻り、お湯を沸かしてレギュラー・コーヒーを淹れる。しばし、今歩いてきた道を振り返り感慨に耽る。
 いつまでもここにいたかったが、ええぃ、降りてしまおう。テントを片付け、いざ登山口を目指して下降を開始。
b0050067_2351577.jpg

 登りに5時間半かかった尾根を、2時間40分で駆け下りる。落石が頻発する林道を歩みながら振り返ると、この正月を飾ってくれた南アルプスの峰々が微笑み返してくれた。左側の白い峰が聖岳。この地点からの標高差はざっと2,000m強ある。
b0050067_23535134.jpg

 無事に車まで戻ることができた。元日なので「やっていないだろう」とダメモトで「かぐらの湯」に行ってみると、なんとオープンしていた。元日に温泉に浸かれるだけでも有難いのに、なんと記念品までいただいてしまった。
b0050067_23552653.jpg

 汗と疲れを流したあと、飯田市へ向かう。充実した年末年始を共に過ごしてくれた師匠、素晴らしい条件を授けてくれた大自然に感謝!
 しかし、我々の正月は、実はまだ始まったばかりなのだ。。。 【続く】
[PR]
by kanechins | 2007-01-01 20:16 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(6)
Commented by のみ子 at 2007-01-06 10:25 x
サイコーの年越しですね~
写真から見える天気のよさに、よだれが出そうです~
私も去年の元旦は八ヶ岳の麦草峠から上がった、中山展望台というとこでいい思いをしました
コタツで丸くなる正月もいいけど、やっぱり山はイイですね~
お天気様様~
Commented by kanechins at 2007-01-06 11:39
 のみ子さん、今年もよろしくです!
 ほんと、予報とは裏腹に好天に恵まれた2日間で新年早々ラッキーでした。あれ?麦草峠は冬期通行止めでは!?ということは、ひたすら林道を攻めたのカナ??
 山での正月も最高ですが、コタツで丸くなって熱燗ひっかけながら紅白観るのもイイかなぁ、とも思いました^^;。
 ほんと、お天気「様」「様」です。今年も晴れ男で行けるカナ?
Commented by bz-massuru at 2007-01-06 14:32
いや~
頂上の景色はすばらしいですね。動画で師匠さんが「やったあ~!」と叫ぶ気持ちも良く分かります。
お天気にも恵まれて最高の年初め初登山となってよかったですね!!!
Commented by のみ子 at 2007-01-06 20:01 x
いちおう、その時はピラタスロープウエイから入って三ッ岳まわりで、縞枯山荘付近でテン泊、年越して、元旦に黒百合ヒュッテまで行ったんです~
Commented by kanechins at 2007-01-07 01:39
massuruさん!ほんと、景色は素晴らしかったんですが、強風&寒さでほんとちょっとしかいれませんでした。落ち着いて景色を見たのはデジカメ映像がはじめて!?ちなみに、叫んでいるのが私です、恥ずかしい。。。
 ほんと、今年も晴れ男パワー全開で行ってみます!
Commented by kanechins at 2007-01-07 01:42
のみ子さん、
わかりましたー。ということは、結構な距離を移動したんですねー。
その辺りは、一度テレマークで歩いてみたいエリアです^^。


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧