北岳バットレス (連休3日目 2.第4尾根登攀)

【お願い】
 ① 本記録に起因するいかなる事故にも責任は負えません。
 ② ルートのネタバレ的な写真、記録があります。初登でルートファインディングを
   楽しみたい方はご注意ください。


 1P目(Ⅳ級+、40m)は出だしからクラック。サイドにもホールド、スタンスがあるので、クラックに固執しないで登る。
b0050067_2311568.jpg

 後続パーティも接近してることもあり、「ぶらいあん」は待てずにスラブを登る。写真は、それをフォローするKentaro。
b0050067_23124712.jpg

 2P目(Ⅲ級、35m)は左右に確保支点がある。右側のスラブっぽいルートから登る。徐々に増す高度感がたまらない。
b0050067_231441.jpg

 5P目(V級、35m)は第4尾根の核心。結構ツルツルなので、しっかりとスタンスを見極める能力が求められる。右から回り込めば弱点をつけるが、みな素直に直登していくので自分もそうする。
b0050067_23165265.jpg

 5P目の取り付きで待機していると、後続の3人パーティに追いつかれた。ザイルさばきを見ていると、只者ではないことが予想できた。後で知ったが、ガイドで5~60歳台の「おねえさま」2人を案内していた。写真のバックは鳳凰三山。
b0050067_23185244.jpg

 ダブルロープをてきぱきとさばいて、2人を同時登攀させる。早い、早い。かたや、うちらは10.5mmのシングルロープをダブルで使用しているので一苦労。
b0050067_23192970.jpg

 「旧マッチ箱のコル」へ10mの懸垂下降。手前の下降支点から降りる。
b0050067_2321614.jpg

 岩陰で休む「ぶらいあん」。初秋とはいえ高所にいるので陽射しは強い。すぐに真っ赤になってしまう白人にとっては辛い。
b0050067_23252490.jpg

 写真は6P目の狭いテラスでビレーする筆者。
b0050067_232617100.jpg

 6P目(Ⅳ級、70m)は快適なスラブ。左の凹角が簡単そうだが、快適なランナウト気味のスラブを登攀する。ピナクル(尖塔)の右下に「枯れ木テラス」がある。
b0050067_23295785.jpg

 「旧マッチ箱のコル」をバックにKentaro。みんながみんな、輝いていてカッコいい!
b0050067_233029100.jpg

 鳳凰三山も、次第に目線よりも低くなっていく。
b0050067_23311351.jpg

 最終ピッチは傾斜も落ち、快適すぎるスラブ。が、途中に大きく口をあけた大クラックがピッチのスパイスとなっている。飛び越えるとき、意外に怖い。
b0050067_23323974.jpg

 そそり立つ前傾壁の中央稜がものすごい迫力で迫ってくる。
b0050067_23282565.jpg

 そして終了点に到着!感激の瞬間であり、お互いに握手を交わす。テントが2、3張りほど張れるスペースがある。やっと昼食を摂ることができる。ロープと荷物をまとめる。ここからは草付きの踏み跡を辿る。
b0050067_23342098.jpg

 急峻な草付きを登ると、20分ほどで稜線に出た。北岳山頂はすぐそこである。
b0050067_23361569.jpg

 そして、午前11時55分に「北岳山頂(3,193m)」着!ここでKenがサプライズな差し入れ!なんとビール2缶が飛び出した。今までの人生で5本の指に入る「乾杯」だっ!
b0050067_23373583.jpg

 みなで肩を組んで輪になり、登頂の「わっしょい」で盛り上がった。
 ガスもなく、ぐるり360度の大パノラマ。写真は間ノ岳(左)と本白根山。下の赤い小屋は「北岳山荘」。
b0050067_2343526.jpg

 が、じきにガスが上がってきた。それに、午後4時のバスにも乗らないといけない。名残惜しいが荷をまとめ、八本歯のコルを目指して下山を始める。 【続く】
[PR]
by kanechins | 2006-09-25 21:09 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧