初秋の八ヶ岳(その3、大同心・雲稜ルート)

 いよいよ大同心・雲稜ルート(7P、Ⅳ・A1 or 5.9)の登攀だ。
 午前4時半に起床、めいめいで朝食を摂り、ギアの確認。外気温は6、7℃くらいまで下がったようで、かなり肌寒い。午前6時にBCを出発。
b0050067_1505817.jpg

 硫黄岳に向かう登山道に入り、最初の沢「大同心ルンゼ」に入るが、あまりに立派な道標があるため、間違って沢筋に入りこんだパーティーに遭遇した。
 右岸に渡ったところから大同心稜となり、傾斜は次第に急になってくる。突如、姿を現せた大同心の迫力は固唾を呑むほどであった。
b0050067_1544023.jpg

 さらに登ると、大同心の基部に到着。すでに、かなりの高度感がある。
 スリップすれば数百mは滑落してしまう怖い草付きをトラバースして取り付きを探す。フレーク状のところから上部にボルトが見えた。左下の人間がいるところが取り付き。
b0050067_157784.jpg

 午前7時20分、登攀開始。久しぶりのクライミングで高度感に飲まれてしまった私は、恥を偲んでオールフォローに入る。
 写真は、フェースから小ハングを越える1P目をリードするShimizu師匠。でこぼこ突き出たホールドは、人工壁チック。
b0050067_1583882.jpg

 顔がひきつりかけの筆者。師匠が終了点に着いたようなので、思わずGoodサイン。
b0050067_20746.jpg

 逆さ大同心。
b0050067_202119.jpg

 1P目の終了点から見下ろす、「ぶらいあん」&Kentaroペア。
b0050067_205110.jpg

 赤岳(左)、阿弥陀岳方面を岩の途中から望む。
b0050067_214293.jpg

 2P目は少し左に寄りながらのフェース。クロニクルには「リーチが無いと厳しい」とあったが、のっぺらぼうフェースの上部ガバまでが遠い。厳しければ、A0、A1でラクに越えられる。リーチが無い人、自信がない人は、フィフィを持参すると使える。
 3~4P目は、巨大な浮石が詰まれたガレ帯。腕の置き場、足の置き場に細心の注意が必要。写真は、4P目を登ってきた「ぶらいあん」。
b0050067_25134.jpg

 ネットガイドに写真が載っていた場所で記念撮影する筆者。ここまで高くなると、高度感も薄れてくる気がした。
b0050067_262199.jpg

 横岳、小同心を望む師匠。なんたら頼もしい。
b0050067_265884.jpg

 大同心の頭に上る最終ピッチのビレイポイントで二人に追いつかれる。
b0050067_2323233.jpg

 5P目は、ちょっとバランスが求められる面白いムーブあり。
 6P目は、ノープロ(支点なし)でのトラバース。スタンスは豊富だが、めっちゃ緊張するピッチ。
 7P目は、人工壁チックなフェースから小ハング。核心のハングではホールドが乏しく、支点も怖いものがあった。
 写真は、最終ピッチの終了点でKentaroを確保する「ぶらいあん」。
b0050067_2102031.jpg

 コゴメグサ。良く見ると「私の胸に飛び込んできて!」という風に見えるのは私だけ?
b0050067_2181140.jpg

 7P目をフォローするKentaroを携帯で撮影する「ぶらいあん」。落とさないでね。。。
b0050067_2184647.jpg

 Kentaroも無事に到着!1、3、5、6Pをリードしたようだ。やるな、お主。
b0050067_2192765.jpg

 10時50分に無事に登頂したところで握手を交わし、陽だまりの中で楽しいランチ。
b0050067_222146.jpg

 横岳を通過し、地蔵尾根を下ってBCに戻る。
b0050067_2222375.jpg

 名残惜しいが、テントを撤収して、原村の「もみの湯」で汗を流しストレッチ。
b0050067_2353124.jpg

 露天風呂では「ぶらいあん」も「ねいすん」も人気者で、「どこから来たの?」「へえー、岩登りするんだ」なんて話題で湯が盛り上がった。
 料金は500円だが、17時以降は300円になるようなので申し添える。

 支点はリングボルト、ハーケン、ペツル(一部ケミカル)など様々。クイックドローは15本を担いだが、ギリギリ感があったようだ。ロープは10.5mmシングルの60mを使用したが、ダブルの方が望ましいのは明らかである。
 肝心なところでハーケンが深く打ち込まれた箇所もあり、細めのスリング、支点用に長めのスリング数本はしっかり欲しい。
 
 大同心に一緒に登る機会を与えてくれたみんなに感謝!

【天候、支点など不確実要素によるリスクが伴います。本記録により生じたいかなる事故にも責任は負いかねます】
[PR]
by kanechins | 2006-09-03 22:41 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(2)
Commented by ぶんぶん at 2006-09-08 18:06 x
画像見ていても足がすくみそうな写真もありますねーー;)。こんな場所があったなんて知らなかったです。
若い人達といると、何となく元気が出て楽しいですよね?
今職業訓練受けているんですが、クラスの平均年齢は24歳前後。気持ちだけは若くなった気がします(オツムは吸収の早い若者についていけませんが・・・。)
Commented by kanechins at 2006-09-09 01:32
★ぶんぶんさま、
 ほんと、めちゃくちゃ高度感に溢れるルートでした。
 若い人たちと一緒にいると、自分も若くなります!で、調子に乗っていると大変なことに。。。もう肝臓も体力も若くはないことを思い知らされます。。。
 職業訓練、始まったんですね!勉強は楽しいですか?無事に卒業されることを祈ってます!!


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧