恐怖のウルシオール

 「うるしかぶれ」の原因となるウルシオールが俺の肌で猛威を振るい始めた。

 「うるし」から分泌される樹液が肌に付着すると、ものの10分ほどで皮膚に浸透して石鹸で洗い流しても洗浄できなくなると言われる。ウルシオールがアレルゲン(アレルギーの原因物質)となりうる場合、1~2日ほどで「かゆかゆ感」と「水疱」が発生。
 肌にウルシオールが触れてから発症まで時間がかかるため、「うるしかぶれ」の症状を知らない人は「これは一体ナンダ!?」となってしまうことも。
 色々と調べたが、これだけ薬学が進歩した現代でも、特効薬はないらしい。

 最初は「これくらいなら大丈夫」というのが、時間が経つにつれて新たな水疱が生まれ、やがて水疱同士が結合して巨大な水疱となり、1週間ほどで発症のピークを向かえる。水疱の破裂が始まり、それは見るに耐えない状態となる。
 完治まで軽い症状で1週間、ひどい場合には1ヶ月、それどころか、極く稀に全身症状まで発展してヤバくなることもあるというから、たとえ「うるしかぶれ」と言えども侮れない。

 そんなこともあって、仕事が終わってから皮膚科医院へ駆け込んだ。
 「あぁ、ウルシだねぇ」。季節の風物詩なのか、慣れた様子で処置と薬剤が看護士に指示。そこで一瞬、目を疑った。看護士さんが持っている注射器の大きさはナンダ!?
 それは、例えるなら「魚肉ソーセージ」をさらに一回り大きくしたような、両手で持つ注射器。「え?悪いのは皮膚だに!?」と思うと同時に、針は静脈へと沈んでいった。
 献血などで採血はかなり慣れているが、ゆっくりと動く巨大シリンダーをものすごく引きつった顔で眺めているのを、自分ではっきりと感じた。

 処方された薬剤は、炎症抑制剤、アレルギー抑制剤、そして「うるしかぶれ」のたびにお世話になる「副腎皮質ホルモン軟膏」。初診料、処方薬代含めて2,000円程度。それに、ガーゼに包帯で合計3,000円か。
 人間、痛みはガマンできても痒みをガマンするのは大変。でも、一番辛いのはアルコールを控えないといけないこと!?
[PR]
by kanechins | 2005-09-26 23:23 | 「日常」の独り言 | Comments(2)
Commented by nana at 2005-09-27 21:10 x
「うるしかぶれ」大丈夫ですか?
うるしにかぶれたことがないので、辛さが分からないけれど、何年か前に、蕁麻疹(?)になって、しばらく全身豹柄になったことがあります(汗)痒いのってけっこう精神的に辛かったりしますよね!
早く治るといいですね。
Commented by kanechins at 2005-09-27 22:52
 nanaさん、こんにちは!
 初めて「うるしかぶれ」でお医者に行きましたが、予想を上回る回復ぶりで、この分なら3、4日で治りそうな予感(期待)!?
 ジンマシンも辛いですよね。原因がわからないときは、なんだか不安だし。私も今までに2回「豹柄」になったことがありますが、今だ原因は不明。疲れが貯まった時に、魚で当たったのかもしれません。
 とにかく、痒さはつらいっ!!今は薬で随分楽ですが、発疹が始まった当初は、右前腕全体が残らず蚊に刺されたよりも「痒い」くらいでした。。。
>早く治るといいですね。
 ありがとう!!もうしばらくの辛抱デス。。。
 今の夢!?それは「ゴシゴシ腕を洗うこと」です。


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧