最近の懸垂下降技術

 組合の会合で遠出をしたついでに、不意に長野の「物見の岩」に行くことができた。
 そこで、日頃からボルト整備に精を出されているKさんに遭遇。
 最近の懸垂下降技術を教えてくれた。山をやらない人にはわからない話題ですまん。

 エイト環を使った懸垂下降は、今までフツーの使い方をしていた。
 初心者はバックアップを取る、ということで、オートブロックとかマッシャー結びでエイト環の「上部」にタイするのが私の知っていた技術であった。
 しかし、このやり方は、実際にテンションがかかると解除が難しく、意識を喪失した場合などは宙吊りになってしまう。
 それに、懸垂下降に慣れてしまった私はバックアップなぞ取ったことがなかった。

 教えてもらった方法は、まずロープをセットしたエイト環にクイックドローで延長してビレイループと接続。その「下部」にビレイループから安全環付きカラビナでロープにマッシャー接続し、ロープはそのまま股の下に垂らすといったものだ。
 最初に教えてもらったとき、「え、こんなんで大丈夫なの?」と恐ろしく、身を空中に投げ出すことができなかった。
 それでも実際にやってみて、なるほど、これは使えると思った。

 最初のイメージでは、このマッシャーでロープをロックするものと思った。
 しかし、実際にテンションをかけてみて、ようやくその理論が理解できた。
 マッシャーから手を離すと、当然にロープは下方に引かれる。すると、エイト環はメインロープが引かれることでロックされるのだ。
 
 これなら、不意の落石で意識を失っても自然にロックされるし、救助の際も別にロープを用意できれば容易に下降させることもでき、ボルト整備などの作業でも今までのように「エイト環にロープを巻きつけてのロック」などする必要もなく、容易に両手が自由になるし、解除も至って簡単であった。

 世の中、まだまだ新しいことってあるなぁ。

(※ 実際にやられる場合には、経験者の指導の元、安全を確認しながら自己責任で行ってください)
[PR]
by kanechins | 2005-06-26 21:18 | 「岩」の独り言 | Comments(10)
Commented by namaste_1 at 2005-07-06 10:17 x
こんにちは。
救助技術の応用から生まれたと思われるこの方法は、
ゲレンデでも最近よく目にするようになりました。
僕は5mmの細引きで「小さな」スリングを2本作り、
万一の事故脱出やラッペルのバックアップ専用として、
常にハーネスの後ろにお守りとしてブラ下げています。
ちなみに東京では、マッシャーもオートブロックも同一の
結束方法で、呼称は後者に統一するよう推奨されています。

Commented by kanechins at 2005-07-13 22:59
 namasteさん、こんにちはー。
 色々と勉強になります。。。
 マッシャーとオートブロックは結び方が違う(オートブロックは
ロープにからめてカラビナと結合、マッシャーはテンションが掛
かる部分を反対側のループに通して結束)と思うのですが、で
も、その効果の違いがいまいちよくわかりません。
 単純に考えれば、オートブロックはテンションが掛かっても、
リリースが簡単なような。マッシャーはしっかりロックする??
 その辺りも、詳しく教えていただけると幸いです。。。
Commented by namaste_1 at 2005-07-20 11:03
kanechinsさんの言うマッシャーは、クレムハイストノット(通称ヘッドオン)のことかと思います。
おっしゃるとおり、オートブロックは可動させやすいのが利点。
それに比べて昔から使われていたプルージックは、一旦荷重が掛かると動かし難いし、いわば点で止まっているだけなので危険です。
他にカラビナを介してメインにスリングを巻き付けるバックマンノット(昔はカラビナバッチマンと呼ばれていた)や、同径のロープ同士にも有効なポロネなどを総称して、今は「フリクションノット」とも呼んでいます。
kanechinsさんの連絡先知らないので、山岳会の事務所宛にでもコピーを送りましょうか?(誤植多いけど話は早そう...)
Commented by kanechins at 2005-07-22 01:03
 namasteさん、こんにちはー。
 いつもご訪問、ありがとうございます。
 結び方って色々あるんですねー。
 いくつかクライミングの教本もあるんですが、そこまで詳しいのは見たことがありません。
 ネットで調べてもあまりヒットしなし、namasuteさんにお手間をかけさせるわけにもいきませんので、図書館で調べてみたいと思います。
 ご丁寧なご指導、ありがとうございました!!
 またのご訪問をお待ちしております。
Commented by lizard at 2005-08-09 08:33 x
プルージックは結び目を持って、片方のループをロープに巻き付けて行き、結び目をプルージックの巻きつけの上に乗るようにする菊池方式がいいですね。解除も楽ですからね。
Commented by kanechins at 2005-08-09 23:07
 lizardさん、はじめまして!
 なるほどー、早速試してみます。情報、ありがとうございまし^^。
Commented by lizard at 2005-08-10 12:21 x
はじめて発言させていただいております。よろしくお願い申し上げます。なお、ついでに吊り上げや自己脱出についてはプーリーがあるとかなり楽チンなのでいろいろ遊んで見てください。
Commented by kanechins at 2005-08-10 22:00
 lizartさん、ご訪問ありがとうございます^^。
 今日は壁が貸切り状態であったので、1/2引き上げシステムの組み立てもやってみました。
 ホント、プーリーがあると役立ちそうですねー。PETZLのミニトラクションが色々と使えそうだなぁ、と狙ってはいるのですが。。。

 ところで、lizardってトカゲですよね。。。
 スラブを登っている人間って、ほんとトカゲみたい。
 ということは、lizardさんも、クライマー、ですね!?
Commented by lizard at 2005-08-12 08:56 x
こんにちは、ジャミングプーリーは持っていませんが、普通のプーリーでは、Mとかのセカンド確保が好きな人はいいかなあなんて思っています。
そうそう、物見の整備はもうちょっとかなと思っておりまして、これが済んだら緑化整備をしたいですね。まあ、こっちの方がもともと本職ですしね。
eccentric lizard
Commented by kanechins at 2005-08-19 00:10
 lizardさん、こんにちはー。って、Kさんだったのですね^^。
 いつも、物見の岩でお世話になっております。
 また、色々とご指導いただけると嬉しいです。
 今後とも、よろしくお願いします。
 


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧