裏妙義、縦走。

 2017年11月19日(日)
 今日はちょっと遠くへ遠征し、裏妙義。集合時間よりも1時間早く着いたので、御岳登山口をチェック。既に駐車場(10数台駐車可、トイレ有)は満杯、これはヤバくね?

 横川駅から御岳方面を見上げる。
b0050067_00224476.jpg

 西尾集落から妙義湖を越え、今は休館となっている国民宿舎へ。40台以上は停められそうな駐車場が、ほぼ満杯。裏妙義人気、すごい!トイレ、水場有。
b0050067_00253110.jpg

 はねとん、たまさん、すぎさんらと8:40頃に無事に合流し、出発。国民宿舎脇に登山届BOX有り。林道を進むこと数分で登山口。ここを右折。
b0050067_00274231.jpg

 標高500m位は紅葉がよい感じ。
b0050067_00285595.jpg

 落ち葉を「かさかさ」と踏み鳴らしながら、ゆっくり高度を上げていく。
b0050067_00273126.jpg

 途中、右手に素晴らしい壁が。カンテ沿いに登るクライマーも見える。裏妙義にルートがあるとは知らなかった!
b0050067_00302446.jpg

 最初の関門。地図には「ここを登れなかったら引き返したほうが良い」と書かれているが、のちに納得。
b0050067_00312353.jpg

 地図では尾根伝いに道が拓かれていたようであるが、谷沿いのマーキングに従い登っていく。
b0050067_00322703.jpg

 傾斜は徐々に増し、岩の上に砂が載っていて滑りやすい。
b0050067_00325432.jpg

 ここを越えれば稜線。
b0050067_00331046.jpg

 一旦、北側に下って「丁須の頭」(ちょうすのかしら)を巻く。じきに、丁の字状態の奇岩基部に到着。ちょうど、先行パーティーが懸垂下降していた。
b0050067_00342400.jpg

 関東平野の眺望が素晴らしい!
b0050067_00344955.jpg

 北に目を送ると、雪化粧が下がってきている浅間山が。
b0050067_00352688.jpg

 すぎさんの補助ロープをお借りし、みんなで「丁須の頭」に登ってみる。なかなかの傾斜であるが、ホールドとスタンスは豊富。上は風が強く、すぐに懸垂下降。これから進む稜線がくっきり望める。
b0050067_00372504.jpg

 稜線を進み、「丁須の頭」を振り返る。こうやってみると、なかなかの迫力。
b0050067_00382655.jpg

 程なくして、チムニーを下る。頑丈なチェーンが設置されており、両壁をうまく使いながら慎重に下る。
b0050067_00391464.jpg

 チムニーを振り返る。なかなかのスケール。
b0050067_00393411.jpg

 縦走路を進むと、こんなスラブ下りもあるが、チェーンが整備されている。 
b0050067_00400330.jpg

 赤岩を南側から巻く。足場は落石か何かで崩落したのか、足場は崩落。ただ、岩にしっかりステップが切ってあり、慎重に進めば見た目ほど怖くはない。
b0050067_00405584.jpg

 侮れないスラブ。
b0050067_00411828.jpg

 烏帽子岩基部の風を凌げる場所で、ランチ。
b0050067_00414026.jpg

 赤岩を振り返る。これは左から巻いてきた。
b0050067_00424908.jpg

 左から烏帽子岩、赤岩、そして「丁須の頭」。
b0050067_00425388.jpg


 稜線を下り始め、程なくして三方境。
b0050067_00443074.jpg


 谷急(やきゅう)山に向かって進み、P1でワタシとはねとんは引き返し、たまさん、すぎさんはP2から女坂を下ることに。

 三方境からの道(巡視道)はよく踏まれており、快適。
b0050067_00460034.jpg

 
 夕日に照らされる紅葉に、心が浮く。
b0050067_00463023.jpg


 谷地形と紅葉って、なんか合うなぁ。
b0050067_00465113.jpg


 トラバース気味に下っていくと、じきに林道へ。登ってきた「丁須の頭」方面を振り返る。
b0050067_00474494.jpg


 ルートの概要。
b0050067_00492021.jpg



 行動時間は6時間40分(休憩含む)、沿面距離は11.6km、累積登高は1,300m(GPS数値)。
b0050067_00493447.jpg
 
 「緊張」と「癒し」が絶妙に混ざり合う、素晴らしいルートであった。提案者のはねとん、一緒に歩いてくださったたまさん、すぎさんに感謝!

[PR]
by kanechins | 2017-11-19 23:19 | 「山」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧