初OMM in 野辺山(day2)

 2017年11月12日(日)
 午前3:30、周りの声で目覚める。「えらい早いなぁ」と思ったら、最もハードなストレートAのスタートは午前6時らしい。
b0050067_12340189.jpg

 ガスを点火し、ホットココアを作る。最低気温は氷点下3度程度(野辺山測候所)と冷え込みは緩く、3シーズン寝袋だったこともあり快適に眠ることができた。軽量化を図り疲れが残るのと、しっかりした寝袋でちゃんと寝る。どっちが良いかな?

 そうはいっても氷点下。テントの外は寒い。そして、核心はトイレにあった。
b0050067_12401821.jpg

 朝食を採り、たっぷり霜が降りたテントを撤収してパッキング。さぁ、今日もがんばるにー!
b0050067_12421821.jpg

 うちらのチームは7:10スタート。今日もウェーブスタートで、4チーム毎に出発。
b0050067_12451817.jpg

 Tの足は、まだ痛みが残る様子。このままゴールを目指すことも考えたが、コントロール75経由でぐるりと周り、あとはゴール近くを余力が残る限り獲るという戦法に。

 1つ目のコントロール(75)は、敢えて森の中を突っ切る。地形の変化が乏しいながら、コンパスを片手にずんずん進む。少々迷ったものの、最初の40ポイントをゲット、幸先が良い。

 コントロール111周辺はスルーすることにし、124を目指す。スタッフ待機ポイントで、スタッフをしていた「ことちゃん」とハイタッチ。124も迷わずゲット。
b0050067_13064790.jpg

 ひたすら林道を登り、コントロール71、101番もスムースにゲット。最高地点にある134をゲットしたところで、しっかり水分と食糧を採る。
b0050067_13073968.jpg

 さぁ、あとは下りメインだ。113は昨日通った場所なので問題なし。114も一発。ここからブッシュの中をショートカット。
b0050067_13083714.jpg

 今思えば、引き返して115を獲る余裕は十分にあったのが悔やまれるが、117をゲットしたのち、沢の出合いにある125もゲット。
b0050067_13095173.jpg

 まだ1時間40分も残っている。欲を出して116もゲット。後はトレイルをひたすら駆け下るのみ。
b0050067_13112527.jpg

 コントロール122も難なくゲット。いよいよ、終わりが近づいてきて少し寂しい。
b0050067_13134973.jpg
 
 最後のアスファルトが、疲れた脚に鞭を打つ。
b0050067_13142298.jpg

 右に顔を振れば、八ヶ岳が微笑み返してくれた。
b0050067_13153422.jpg

 最後のコントロール122をゲットし、ゴールまで最後の下り。
b0050067_13162876.jpg
 
 2日目も少々ビビりすぎたか、制限時間まで50分ほど残してゴール。どういった基準かわからないが、我々は荷物チェック(必携装備を所持していないと失格)は無し。60リットルザックがパンパンだったからなぁ。
b0050067_13183481.jpg

 暖かい豚汁を頂いたが、まぁこれが美味しいこと!
b0050067_13191352.jpg

 2日目の結果は、320ポイント。距離は25.5kmで、累積登高1,427m、下降-1,419m(GPS数値)。時間は5時間11分38秒(制限時間6時間)。

b0050067_13235714.jpg
b0050067_13240260.jpg


 総合600点、時間11時間22分34秒(制限時間13時間)。この結果、順位は64位/296チームとなった。初参戦にしては上出来?いやいや、もっと頑張れた?(笑)2日間の距離は58.5km、累積登高差3,154m(GPS数値)。10数kgの荷物を担いでよく頑張った、ということにしておこう。

 ちょっと興味深かったので解析してみた。総合50ポイント刻みでヒストグラムを作成。「OMMは速い人ばかり参加する強者レース」と想像していたが、正規性を判定するシャピローウィルク検定をやってみると、ギリ5%を割って帰無仮説が棄却されたものの(正規分布ではない)、色々な層のトレイルランナーが満遍なく参加していると考えてよさそうである。
b0050067_15231206.jpg

 さて、H&Oチームは既にゴールしていて、テーブルを確保してくれていた。M&Hチームも健闘し、皆、無事に制限時間内に帰着できた。まずは、無事のゴールを祝って生ビール(ドライバーはノンアルコール)で乾杯!
b0050067_15391165.jpg

 みんなはこの後、温泉に入ってご飯を食べてから帰るようであるが、私は明朝5時起きで東京出張なこともあり、早々に失礼した。

 初めてのOMM参加。レースが始まってしまえば時間が経つのはあっという間。正直、林道走りが多くて読図力が発揮される部分は思ったよりも少なかったが、コンパス片手に獲物を探る楽しさは格別。

 マラソンやトレランのように孤独な闘いではなく、チームとしていかに判断、行動してポイントを稼ぐかを考えるのも、なかなか戦略的で面白い。

 初めてのOMM。実に楽しかった!パートナーに採用してくれたT、またその仲間の皆様。参加した皆様、そして何よりスタッフの皆様!本当に、本当にありがとうございました!

[PR]
by kanechins | 2017-11-12 21:01 | 「走り」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧