GWツアー day2 鳥海山BC(祓川~新山~中島台)。

 2017年5月4日(木)
 午前3:15起床。空はまだ真っ暗け。

 車2台に分乗し、一路、祓川を目指す。中島台からの直線距離は数キロなのだが、大きく迂回する必要があり、およそ1時間を要する。

 5:00頃に祓川第1駐車場(トイレ、水道有)に到着。こんなに早い時間なのに、ギリギリ最後の1台として滑り込むことができた。ここで、糸魚川のWill君、Emiさんも合流し、賑やかな大所帯に。
 
 次々に車が到着しては、第2駐車場へ移動していく。トイレ、水道はないが、ヒュッテ方面と雪はつながっている。

 身支度を整え、6:10に祓川駐車場発(標高1,180m)。
b0050067_23291917.jpg

 朝陽を受けながら歩みを進める。
b0050067_23295748.jpg

 しばらくは、フラットな地形。
b0050067_23301934.jpg

 月山もそうであったが、親子で登っているパーティも散見される、いいね!
b0050067_23310315.jpg

 珍しい、ワタシの写真。風もなく、天気もよく快適。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_23315372.jpg

 振り返ると、祓川ヒュッテが望める。空気の透明度が高い!
b0050067_17533798.jpg

 標高1,400m付近から避難小屋方面。正面は結構急なので、左側の尾根を行くことに。
b0050067_17544563.jpg

 標高2,000m付近。この辺りから傾斜が増してくる。
 雪が良い具合に緩んでいるので直登できる。
b0050067_17561449.jpg

 9:20に鳥海山の外輪山である七高山の山頂(標高2,229m)に到達。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_17583162.jpg

 9:40、メンバーが全員揃ったのを見計らって、外輪山からの下りの偵察に向かう。
b0050067_18001273.jpg

 夏道からは部分部分が凍結した急斜面となっており、本来であればブーツアイゼンが欲しいところ。慎重に下降。
b0050067_18004360.jpg
 
 一人一人、慎重に行動して核心部を無事に通過。岩場を下と新山が眼前に!
b0050067_18005255.jpg

 板を担ぎなおし、新山へ!
b0050067_18024472.jpg

 下ってきた外輪山を振り返る。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18044939.jpg

  七高山をバックに、福井さんとゲキさん!(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18051944.jpg

 新山への急な斜面を登ることわずかで、標高2,236mの新山に10:25登頂。
b0050067_18054426.jpg

 全員集合!
b0050067_18060388.jpg

 山頂の平らな部分に移動し、小休止。福井さんから振舞っていただいた「笹かまぼこ(牛たん)」を頬張る。これは美味しい!

 シールを外し、10:55に滑走開始!(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18072190.jpg

 御室小屋(大物忌神社)までのトラバースはなかなかの傾斜で、凍結しているような場合は滑落注意。
b0050067_18074655.jpg

 小屋からは急峻な行者岳の岸壁を左に、千蛇谷を下降する。
b0050067_18081081.jpg

  下るほどに、千蛇谷の幅が広がってくる。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18083780.jpg

  谷の上部は板が走って快適!(撮影:福井美津江さん)
b0050067_18093950.jpg

 それにしても、なんだこのスケール!?どこを滑ってもよし!
b0050067_18114291.jpg
 
 あちこち行っているつもりであるが、まだまだ未知の日本がある。
 このスケール感は今までにない大きさで、ずっと「すげー!」って言い続けていたような。
b0050067_18124141.jpg

 標高1,850m付近まで降りてくると、テレ泣かせのブレーキ雪になってきた。ここで大休止。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18162932.jpg

 標高1,800m位までは広大でなだらかな斜面が続く。
b0050067_18172040.jpg

 標高1,750m付近からがくっと傾斜が変わり、稲倉岳(1,554m)が眼前に迫ってくる。
b0050067_18184866.jpg

 海もすぐそこ。(撮影:福井美津江さん)
b0050067_18360210.jpg

 稲倉を正面に、快適な傾斜の斜面を滑降。(撮影:福井美津江さん)
b0050067_18370659.jpg

 増村さん。
b0050067_18373306.jpg

 いい、いいねこの斜面!(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18375502.jpg
 
  1,600m付近から地形が複雑になってくる。初めてのルートなので、1/25,000図とにらめっこ。
b0050067_18394577.jpg

 飛ばし過ぎ、注意。
b0050067_18402147.jpg

 さようなら、千蛇谷。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18405786.jpg

 もうお腹いっぱい!なのに、ルートはまだ半分残っている。
b0050067_18421570.jpg

 標高930m付近で、鳥越川の中州に上がるのが重要。
b0050067_18433691.jpg

 鳥越川に沿って、雪面を縫うように進む。徐々にブッシュが出てきたので、少しでもラクなルート取りを心がける。
b0050067_18441157.jpg

今日は気温が高く、ブナの芽吹きに立ち会えた。(撮影:福井美津江さん)
b0050067_18453493.jpg

 いよいよ、雪が少なくなってきた。ボードの2人は、上手に板を走らせてくる。

 ギリギリまで雪をつないで滑ってきたが、標高610m付近で板を外して背負う。
b0050067_18484823.jpg
 1,25,000図には木道が記載されていないが、どうやら「群」の字のところを目指せと指令が。こんな場所は、本当にGPSが心強い!

 できるだけブッシュが薄いところを選びながら進むと、14:20に「あがりこ大王」に到達。観光客の皆様、驚かせてごめんなさい。水芭蕉を踏まないように慎重に。
b0050067_18512183.jpg


 「あがりこ大王」は、幹周7.6m、樹高25m、樹齢は推定で300年以上とされるブナの巨樹。付近に炭窯跡が多く見つかっていることから、雪上で伐採された幹から萌芽しこのような樹形となった説が有力とのこと。

 ここからは、快適な木道下り。(撮影:増村多賀司さん)
b0050067_18571080.jpg

 途中、赤川に掛かるつり橋を渡る。
b0050067_18574156.jpg

 木道の入り口。
b0050067_18582799.jpg

 桜が見ごろ!
b0050067_18590347.jpg

 そして、14:50に中島台の駐車場(標高465m)に到着。単純計算で1,800mを滑降してきたことになる。みなさん、お疲れ様でした!
b0050067_18595860.jpg

 が、これで終わりではない。車の回収に、再び祓川を目指す。お疲れの中、運転してくださった福井さんに感謝!
b0050067_19033628.jpg

 沿面移動距離17.9km(GPS数値)。国土地理院地図におけるGPS軌跡(国土地理院コンテンツ利用規約に基づき、地理院タイルにGPS経時位置情報を追記)。
b0050067_19025229.jpg
 なお、下りは鳥越川沿いの林道を上がると、こんなに歩かなくても下山できるらしい。次回、調査したい。

 すぐ近くにある、象潟・湯の台温泉「鶴泉荘」で汗を流すことに。なんと、驚きの300円!単純硫黄泉、やっぱり癒されるわぁ。(営業時間10:00〜21:00、定休日:第4月曜日)
b0050067_19060796.jpg
 
 右側の深い谷が、今日滑ってきた千蛇谷・鳥越川ルート。スケールといい、滑り応えといい、大満足な1本となった。(撮影:増村多賀司さん)

 当初は鉾立まで上がる予定であったが、鳥海ブルーラインのゲートは既にクローズ。某所にテントを設営し、4人で今日の写真を肴に乾杯!
b0050067_19105748.jpg

 明日も天気は良さそうである。(つづく)

[PR]
by kanechins | 2017-05-04 23:32 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧