戸隠山系・乙妻山BC(テレマーク)。

 2017年3月5日(日)

 久しぶりに戸隠山系・乙妻(おとつま)山へ。天候や雪面、己の体力、仲間などのコンディションが求められる、私にとっては敷居が高い山。

 午前5:45に大橋に到着。「これだけ早ければ駐車場は空いているだろう」と思っていたが、残り2、3台分しか空いていない。
b0050067_00173626.jpg

 午前6:10、大橋を出発。林道はカチンコチンに凍結し、シールが滑って少々歩きづらい。
b0050067_00181142.jpg

 6:20頃に朝陽が射し込みはじめる。6:40、黒姫分岐を通過。
b0050067_00182228.jpg

 佐渡山からの尾根と派生尾根を過ぎ、小さな谷を越えた尾根に取り付く。
 尾根に上がると、佐渡山からの尾根が2本、白く輝いてみえる。
b0050067_00183244.jpg

 前日に多くのスキーヤーが入り、削られた雪面がそのままカチンコチンに凍結。クトーの刃すら跳ね返す硬さでひやひや。
b0050067_00184060.jpg

 慎重に尾根を詰めて左にトラバースし、8:00に佐渡山のコルへ。
b0050067_00185042.jpg

 ここから先、携帯の電波が入らなくなる。装備、体調を今一度確認し、シールを付けたまま北西に延びる谷に滑り込む。
b0050067_00190133.jpg

 西日が当たるような場所は硬いモナカ、日陰はふかふかパウダー、これが交互に押し寄せる感じでなかなかテクニカル。往路は左岸の河岸段丘を目指して進む。

 中妻山からの沢の出合。7、8人ほどの大パーティーが休憩していた。ここも休まず通過。
b0050067_00191585.jpg

 ゴルジュ状の谷に降りず、トレースのない左岸を進む。何度かアップダウンするうちに、崩落地へ。ここを過ぎれば乙妻からの沢の出合、8:45着。ここで最初の大休止。
b0050067_00193194.jpg

 9:00、出発。予報はあまり良いことを言っていなかったが、素晴らしい青空に恵まれる。Tシャツ一枚でも暑いくらいで、小鳥のさえずりが春の到来を告げている。

 しばらくは林の中を進む。斜度は徐々に増してくる。林を抜けると、突如、広大な乙妻カールが眼前に広がる。この風景が大好きで、わざわざこのルートを選ぶほど。
b0050067_00212976.jpg

 気温の上昇に伴い、雪が緩んでくるのがわかる。昨晩は風が強かったのか、トレースはほとんど消失。深いところで、ブーツ上くらいのラッセルになってきた。
b0050067_00215157.jpg

 乙妻に近づくに従い、急激に斜度が増してくる。
b0050067_00220194.jpg

 振り返ると、妙高が頭を覗かせていた。
b0050067_00242113.jpg

 青空の下、ここまで来れただけでも満足。
b0050067_00253288.jpg

 標高1,750m付近からがくっと傾斜が変わる。
b0050067_00272341.jpg

 登高しやすい斜面を選びながら高度を稼ぐに従い、黒姫山も頭を覗かせた。
b0050067_00275925.jpg

 谷は貸し切り。贅沢な時間。
b0050067_00283899.jpg

 恰好のナチュラルナビゲーション。
b0050067_00323288.jpg
 

 同行者のあっきゃんが、自然の造形美を写真に収めてくれた。
b0050067_00342481.jpg

 時折流れてくる霧が、なんとも幻想的。(撮影:あっきゃん)
b0050067_00333488.jpg

 途中、ピットを掘ってみるが、顕著な弱層は認められない。表層も緩んできて、これなら稜線まで行けそうだ。

 稜線直下はクラストしていたが、クトーを付けるほどではなかった。11:50に稜線。遠く焼山、火打が望める。
b0050067_00363462.jpg

 中妻を登ってきたパーティも稜線まで無事に上がってきた。
b0050067_00374790.jpg

 コンディションが良いので、乙妻山頂を目指す。
b0050067_00381876.jpg
 
 幾つか小高いピークを越えると、眼前に乙妻の頂きが。もう少し!
b0050067_00385184.jpg

 北側の雪庇に気を付けながら進む。バック中央は中妻、右が高妻。
b0050067_00394881.jpg

 12:15、乙妻山頂(2,318m)に到着!ぐるり360度の大展望。
 少し休憩し、シールを外して12:25に滑走開始。
b0050067_00430112.jpg

 12:30、稜線からドロップ。
b0050067_00434636.jpg

 往路を忠実に辿る。稜線直下はクラスト、途中はモナカ、下部は重い湿雪と、雪質が目まぐるしく変わる。ワタシのへなちょこテレは、深い重い雪に脚を取られて何度も吹っ飛ぶ。けど、これもまた楽しい。(撮影:あっきゃん)
b0050067_00472509.jpg

 あれだけ苦労した登りがウソのように、あっという間に台地へ。素敵な一日に感謝。
b0050067_00465366.jpg

 13:10に沢出合。時間に余裕が見られたので、ここで大休止。
 13:30に沢出合を出発。
b0050067_00485809.jpg

 帰りは右岸を辿ってみる。中妻からの沢出合から見上げる中妻。
b0050067_00494350.jpg

 14:30に佐渡山のコル。後は下るだけなので、ここでも大休止。
 あっきゃんに分けてもらった普通の「紅茶オレ」が、めちゃくちゃウマイ。

 15:00、シールを外して佐渡山のコルを出発。往路にあれだけ手こずった尾根の雪はすっかり緩み、快適に林道まで滑走。
b0050067_00525570.jpg

 15:15に黒姫分岐を通過。ボブスレー状態の林道をノンストップで進み、15:20に大橋に帰着。お疲れ様でした!
b0050067_00530966.jpg

 戸隠神告げ温泉(600円)で脚の疲れを癒し、帰路についた。
b0050067_01170448.jpg

 国土地理院地図におけるGPS軌跡(国土地理院コンテンツ利用規約に基づき、地理院タイルにGPS経時位置情報を追記)。総行動時間は9時間、累積登高差は2,018m、沿面距離は19.7km(いずれもGPS数値)に及んだ。
b0050067_01001377.jpg


 断面図。
b0050067_01002948.jpg
 当たり前だけど、左右対称。登って滑ってを3度楽しめるルートである。

 
鳥瞰図(北西方面から)。
b0050067_01010597.jpg

 予報が好転し、雪の状態も良く、久しぶりに乙妻山頂まで行くことができた。半端ない疲労感が残ったが、なんとも心地よい疲れである。

 苦労あっての充実感かもしれないが、素晴らしい1日を共有してくれたあっきゃんに感謝。いつかまた、ザラメの時期に再訪したい。

[PR]
by kanechins | 2017-03-05 22:56 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧