再び、一難場山~蒲原山BC。

 2017年2月4日(土)
 午前4時に起床し、白馬小谷を目指す。午前7時前には道の駅小谷に到着。
 先週とメンバーの大半は違えど、まさかの再び一難場山、蒲原山へテレで。

 木地屋集落先の除雪終了点に駐車。路面はツルンツルン。標高680m。
b0050067_00021968.jpg

 07:50、登高開始。この一週間で思ったよりも雪は降ったみたい。
 先週のぎったぎたに荒れた林道は見事にパックされていた。
b0050067_00023864.jpg

 林道をショートカットしながら高度を稼ぎ、08:20に杉ノ平。
b0050067_00025404.jpg

 前回と同じく、夏道の橋手前のスノーブリッジを渡る。
 この1週間で積雪が増し、すっかり渡りやすくなっていた。
b0050067_00030649.jpg

 一難場山の北西に延びる尾根に取り付く。
b0050067_00035961.jpg

 わいわい賑やかに登るのも楽しい。
b0050067_00042740.jpg

 標高1,380m付近で小休止。
b0050067_00061154.jpg

 登るのには快適な気温、皆さん余裕の笑顔。(撮影:こばさん)
b0050067_00162756.jpg

 朝日岳方面の視界が開けると、自然と歩みも早くなる。
b0050067_00064985.jpg

 稜線直下は雪が風で飛ばされ、急な上にカリカリで苦労。
 10:45、標高1,450m付近の稜線に出る。
b0050067_00073702.jpg

 稜線に上がってしまえば、山頂まではなだらかなスロープ。雪庇の左側を登るとラク。
b0050067_00080947.jpg
 
 ウサギ(?)に踏まれて締まった雪が残っていた。
b0050067_00090408.jpg

 山頂直下は若干、急ではあるが快適な登り。
b0050067_00094143.jpg
 
 雪面に走る切り取り線。
b0050067_00100989.jpg

 11:15、一難場山頂(1,518m)。そのまま稜線に沿って進む。
 11:45、蒲原山頂手前ピーク(1,629m)に到着。眼前に迫る雪倉、かっちょいい!今年の春に行けたらいいなぁ。
b0050067_00120571.jpg

 天気よし、仲間よし。皆の笑顔が絶えない。
b0050067_00124582.jpg

 リーダーこばさんのお誕生日に、Hiroさんがチーズケーキを焼いてきてくださっており、ご相伴に預かった。うまっ!皆で記念撮影!(撮影:天飾氏)
b0050067_00180600.jpg
 
 12:35、シールオフして滑走開始。天気が良い割には気温が低く、雪質は最上のままキープされており快適!(撮影:天飾氏)
b0050067_00194133.jpg

 稜線に上がった部分がカリカリの急斜面であったので、少し下った1,430m付近から西面にドロップ。出だしは硬かったが、それをこなせば快適な斜面が待っていた。
b0050067_00213492.jpg

 今回嬉しかったのは、自分を含めてテレマーカーが4人!しかも、みんな上手!ルート取りや全体の動きなど、刺激になった。
b0050067_00225783.jpg

 貴重な写真、笑。(撮影:天飾氏)
b0050067_00240777.jpg
 
 先週と違い、標高が下っても雪質が落ちない。結局、杉ノ平の平地まで快適に滑って降りることができた。14:00、渡渉点。20分ほど休憩し、14:20に再出発。

 標高が下がり、テレ泣かせのブレーキ雪に。なんとか脚は持ちこたえて、14:30に無事に林道終点。お疲れ様でした!
b0050067_00314232.jpg

 帰りは、道の駅小谷にある温泉(620円)で汗を流す。温泉に入ってからレストランで食事をすると、温泉の半額分を差し引いてくれるのがありがたい。

 実は、買ってきた食糧を家に忘れてきたことが登高直前に発覚、汗。ブラックサンダーだけで登って滑ってきたので空腹。ここの塩ラーメンは美味。だもんで、思い切って塩チャーシュー(900円)を。温たまも載っていて、んー、うまい!
b0050067_00353881.jpg
 
 今回のGPSログ。
b0050067_00361503.jpg

 Google Earthn落としたルート。
b0050067_00362859.jpg

 先週は技術が未熟なワタシには難しい雪質でテレターン率ほぼ0%であったが、今回は雪質もよく、テレで楽しむことができた。上手なみなさんに追いつけるよう、精進したいと思った一日であった。当分はスノーボードは封印だなー。

 飛び入り参加にも関わらず暖かく迎えて頂き、楽しい時間を共有させてくださった皆様、本当にありがとうございました。どうぞ、今後ともよろしくお願いします!

[PR]
by kanechins | 2017-02-04 22:27 | 「滑り」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧