瑞牆山「調和の幻想」。

 2015年10月 4日(日)
 2時間ちょっとの睡眠を経て、04:30に起床。
 05:30にRicky、sonoと合流して、一路、瑞牆山を目指す。

 午前9時に末端壁に到着。まだ太陽光が谷底まで届かず、肌寒い。
 何パーティーかが、正面壁か奥壁を目指して登っていく。

 ギアを整え、じゃんけんでオーダーを決めて09:45に登攀開始。
 右側のラインが「調和の幻想」(5.10a、5P、145m)である。
b0050067_13103239.jpg

 1P目(5.9+、30m)はワタシ。出だしのテラスまでが濡れており、及び腰に。出だしのワイドは入るに狭く、しかし、トポにあるように右側のフレークだけで突っ込む技量も度胸もない。ワイドに挟まり6番を入れる。

 決まったところで、右側のフレークも使いながら、ずりずり上がっていく。が、ワイド技術が未熟なワタシに登れるほど甘くはなく、早速1テン><。とにかく抜けないことにはお話しにならない。なんとかかんとか上がっていく。ワイドパートが終わり、一段乗り越すが、支点が取れずに汗が噴き出す。

 慌てて5番を上のクラックに入れようとするが、狭すぎてボトミングになってしまった。そうこうしているうちに腕がパンプしてきた。回収しようとした瞬間、おっきな5番カムが顔面を直撃して前歯を欠損><。とにかく、テラスへ上がる。
b0050067_13105385.jpg

 2P目(5.8、20m)はRicky。出だしはワイドっぽい感じ。クラックの奥にフィンガーがあってそれで体を上げる。フィンガーの感覚が未熟なワタシには、体を上げるのに四苦八苦。その後はスラブを越え、左側のテラスへ上がる。
b0050067_13262898.jpg

 3P目(5.9、20m)はsono。カンテの右下のテラスへ上がり、左上の木の生えたテラスを目指してフェースを直上。そこから右に迂回して上に抜ける。
b0050067_13265891.jpg

 ふと横に目を送ると、巨大な垂壁を登るクライマーが。
b0050067_1329939.jpg

 4P目(5.10a、30m)は、再びsono。立木とスラブの間をバック&フットで登り始める。スラブ面に移ってからダイクを右にトラバース。リングボルト1本にクリップ。
b0050067_13314838.jpg

 さらにスラブを上がり、左へトラバース。見ているほうもシビれるムーヴメント。左のクラックにカムを入れてからは、水を得た魚のように登るsono。やるなぁ!
b0050067_13333475.jpg

 そして、5P目(5.9、45m)はRicky。ノーピンのままオフィズスに入る。登りは安定感バツグンであるが、見ているほうがヒヤヒヤするピッチである。
b0050067_1334560.jpg

 持ち弾を上手に使い、上部のオフィズスも越えていく。
b0050067_13371489.jpg

 フォローは上からロープが垂れているので、素直に楽しむことができる。
 と思うのも束の間。ここを越えると、このピッチの本当の核心が現れた。5.8はここに付いている。
b0050067_13384767.jpg

 ここを越えると、いよいよ終了点である。
 Ricky、お疲れさまでした&ありがとう!強いわ、あなた!
b0050067_13393229.jpg

 捨て縄2本で支点を補強。
 古いシュリンゲを整理しようとしたが、ナイフを5P目取り付きに置いてきてしまっていた。
b0050067_13405165.jpg

 5P目取り付きで、一旦ピッチを切る。
b0050067_13413676.jpg

 荷物を回収し、ここの下降点も捨て縄で整理する。リップにダイクが走っており、ロープの回収に苦労しそうだったので、コブをずらしながら下降し、3P目取り付きへ。ここから取り付きまで下降できたので、下降は3ピッチである。

 取り付きはすごく賑わっていた。
b0050067_13454390.jpg

 未熟さが痛いほどわかった一日。
 それでも、天候に恵まれ、静かで豊かなクライミングを共有させてくれたお二人に、心から感謝。

 使用ギア:50mダブル、スモールカムを含む2セット+5番、6番
[PR]
by kanechins | 2015-10-04 20:39 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16
はじめまして。 昨日、..
by eco_neko at 13:08

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧