妙高山系・大渚山BC(テレマーク)

 2015年 2月28日(土)
 金曜までの出張で、一通りの大波は過ぎた。帰宅し、考え事はとりあえず鞄に仕舞い込み、布団に入る。この週末は、もう何年も天候に恵まれずに流れてきた、憧れの妙高山域・大渚(おおなぎ)山へ。午前3時半、起床。中条で合流したAkkoと午前4時40分に出発、白馬で合流した天飾氏と午前5時40分に出発。「待ち合わせ時刻には出発」という理想的な朝に少し感動。

 朝が早いのは、ひとつは駐車スペースが少ないこと。もう一つは、小谷は日本を代表する豪雪地帯。金曜日にかけて積雪があったようなので、ラッセルに相応の時間がかかりそうであったこと。

 白馬を過ぎると小雪が舞い始めた。南小谷を過ぎ、「小谷温泉口」の信号を右折。里はすっかり春の気配が漂っているが、小谷はまだ冬の装いだ。小谷温泉へ続く道を過ぎ、大草連(おおぞうれ)集落への分岐を左へ。すれ違い困難な細い道の両脇は雪壁が迫り、傾斜のある凍った路面を慎重に進む。

 終点を避けて一段下に駐車し、装備をまとめる。どうやら一番乗りのようだ。終点の雪壁を這い上がり、板を装着。つぼ足なら、大腿部まで沈む深雪だ。07:10、出発。
b0050067_1353426.jpg

 棚田の水路に沿って集落を上がり、東にトラバース気味に高度を稼いでいく。
b0050067_1354728.jpg

 急峻な尾根を回り込んだところで、山頂直下に広がる台地を目掛して急斜面を詰める。初・ラッセルのAkko、お疲れ様!
b0050067_1355217.jpg

 台地に上がってからは尾根を辿らず、弱点を突いて西巻きに進路をとる。樹林帯も避けることができてよい。
b0050067_13555665.jpg

 しかし、思ったよりも雪が良い。下りが楽しみである。(撮影:天飾氏)
b0050067_1474736.jpg

 ぐんぐんと高度を稼ぐが、標高1,300m弱で後続パーティーに追いつかれた。ろくに食事も摂らずに登ってきていたので、ここで大休止を取り、先頭を譲る。ブナの幼木林って、自分の中では珍しい。暖かい紅茶を啜りながら、静かな空気を楽しむ。やっぱ、山はいいな。

 少し休まったところで、再び歩行開始。ラッセルされたトレースをフォロー。
b0050067_13595036.jpg

 標高1,380m付近で傾斜が一旦緩んだ。先行パーティはそのまま直進したが、山頂までのルートを考え、すぐ右の尾根に取り付き、再びラッセル。
b0050067_144412.jpg

 ふと見上げると、霧氷が付着したブナ話が静かに風に揺れていた。再び、先頭に踊り出る。
b0050067_1445081.jpg

 山頂直下はかなりの傾斜。雪質によっては怖い斜面でもある。(撮影:天飾氏)
b0050067_1483189.jpg

 先読みしながら、もっともラクそうなルートを選び、ただひたすらに雪の斜面を登っていく。雪を撥ね退けながら、一人、黙々と1歩1歩進むこの時間、好きだなー。
b0050067_1454624.jpg

 この頃には、空を覆っていた雲は消え去り、強烈な日差しが雪面を照らし始めていた。しまった、日焼け止めを忘れていた。しかしまぁ、曇っているよりは晴れているほうがいい。(撮影:Akko)
b0050067_14111211.jpg

 そして10:20、稜線にトップで到着!スキーを履いてヒザ上のラッセルだったので時間が掛かるとは思っていたが、足並みが揃っていて思いのほか早かった。稜線から南に張り出す雪庇に気をつけながら、稜上の散策を楽しむ二人。
b0050067_1415304.jpg

 先ほどまで雲に覆われていた雨飾山も姿を完全に現してくれた。タイミングとしては、ばっちり!
b0050067_14162055.jpg

 折角なので、山頂まで足を運ぶ。10:40着。天飾氏の話だと、山頂には小屋があるそうだが、完全に埋没していた。雨飾山をバックに。(撮影:天飾氏)
b0050067_14142979.jpg

 山頂は冷たい風が当たるため、一旦、登ってきた場所まで引き返す。続々とスキーヤーやボーダーが上がってくる。人気の山なのね。北アルプス北部も一望できる、素晴らしき眺望。
b0050067_1421169.jpg

 北面に滑り込むことも考えてはいたが、今朝までの烈風で雪が飛ばされ硬くクラストしていそうだったので諦め、南斜面に滑り込むことに。装備を変更し、11:20に滑走開始。
b0050067_1422828.jpg

 し、しかし!天候が回復したことで南斜面の雪は一気に腐り、めちゃくちゃ重たい春の雪に!(撮影:天飾氏)
b0050067_1423351.jpg

 まぁでも、これで贅沢を言ったらバチが当たる。
b0050067_1424347.jpg

 登っているときは楽しみしていた斜面も、賞味期限切れ。直滑降でもブレーキが掛かる状態に。
b0050067_1425372.jpg

 台地下部は、一旦登り口まで戻り、西にトラバースしながら登り返しがないようルートを取る。
b0050067_14254615.jpg

 後は来た道を忠実に下るだけだ。じきに、大草連の集落が見えてきて、12:20に無事に帰着。
b0050067_14272590.jpg

 山スキーにデヴューして間もないAkkoも、随分と深雪になじんできたようで、始終笑顔が絶えなかった。
b0050067_14283495.jpg

 お疲れ様でした!TLT板の軽いこと!
b0050067_14293443.jpg

 白岩集落から振り返る大渚山。山頂からの雨飾山の展望は秀逸。いつか、紅葉の季節に湯峠から上がってみるのも悪くないな。
b0050067_14315314.jpg

 GPS軌跡。こうやって見ると、ルートはいくつも取れそうだ。
b0050067_14321471.jpg

 ザラメの季節も良いらしい。また、いつの日か。
b0050067_1433121.jpg

 まだ時間が早いので、糸魚川にある天飾氏オススメのお寿司屋さん「すし活」に行くことに。お昼は14:00までとのことで、電話で予約。小谷からは40分ほどか。カウンターを案内される。喉が渇いていたこともあり、お茶がうまい!
b0050067_14355840.jpg

 金沢の某有名な山岳スキーヤー御用達のお店らしく、焼山北面台地の写真とかも飾ってある。笑顔が素敵な大将と、山の話などに花が咲く。はるばるお魚を食べに糸魚川まで来たのだから、奮発して「上ちらし」(2,500円)を。うん、美味しい。これできゅーっと1杯やれたら最高なんだけどなぁ。
b0050067_1440046.jpg

 帰り道。天飾氏オススメの、小谷・下里瀬(くだりせ)温泉「サンテインおたり」で汗を流すことに。これが、なかなか良い。空いていることもポイントではあったが、泉質は「ナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉」で、ぬるぬるする、いわゆる「美人の湯」。浅い湯船でストレッチしたり、また寝湯の温度が絶妙。「古代檜」を浴槽は冷泉となっており、この温度も絶妙に良い。普段は「烏の行水」なワタシも、思わずゆったりしてしまった。
b0050067_14451064.jpg

 「サンテインおたり」(http://www.santeinn.jp/hotspring
 日帰り入浴:大人:550円 小学生:300円 幼児:無料
 営業時間:10:00~21:00(第一第三水曜は休館日)

 そんなこんなで、不意に叶った大渚山ツアー。天気良し、眺望良し、食べものも美味しく、温泉も最高。文句なしの、2重丸な週末となった。ご一緒いただいた天飾氏、Akko、ありがとう!また、どこかの山で!
[PR]
by kanechins | 2015-02-28 20:59 | 「滑り」の独り言 | Comments(2)
Commented at 2015-03-01 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanechins at 2015-03-04 20:35
 T様、御訪問&コメントをありがとうございました!あれから北面に行かれましたか?登っているときは南面の雪はとても良さそうでしたが、太陽が照り始めてから雪が腐るまではあっという間でしたね^^;。
 またどこかでお会いできることを楽しみにしております!


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16
はじめまして。 昨日、..
by eco_neko at 13:08

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧