錫杖岳合宿 day2(注文の多い料理店)

 2014年 8月 3日(日)
 午前4時起床。のはずが、一旦目覚めはしたものの、体じゅうがバキバキで二度寝。次に気が付いたのは4時半!?飛び起きてお湯を沸かし、朝食。新穂高温泉から続々とクライマーが上がってくる。予報が変わり小雨の心配があったので、sonoと先に上がることに。

 合宿2日目は、sono-ワタシ、おのちん-おじMAXは「注文の多い料理店」、Fukuちゃん-お父さん-megは「左方カンテ」へ。先に、昨日1ルンゼでお会いした関西パーティに先に上がって頂く。準備を整え、07:15に登攀開始。

 1P目(Ⅳ、40m)はワタシ。終了点がある大テラスを目指し、凹角沿いに直上。出だしいきなり、ノープロで少し外傾したホールドでマントルを返すところでヒヤヒヤ。凹角のクラックは意外に幅広で、おっきいカムをフォローに預けてきたのでちょっと苦戦、笑。Ⅳ級とはいえ、あまり支点が取れないので慎重に登る。
b0050067_6563539.jpg

 2P目(Ⅴ+、30m)はsono。クラックというよりは、カンテ奥にカムを決めながらフェースを登る感じ。
b0050067_745758.jpg

 1P目をリードするおのちん。
b0050067_75317.jpg

 2P目のポイントは、登り詰めたところから右上すること。フェース上部のでっかい割れ目に3番が入っていて、回収しようとしたらカムが黒い!?な、なんと直径1cmサイズのヘビがカムに絡まりついていた!!ビナ伝いに振動を与えると逃げてくれたのでよかった。狭い枯れ木テラスへ。

 3P目(5.9、20m)はワタシ。ビレイヤーを乗っ越し、4番、5番をキメて、ワイドルーフを越えていく。抜け口が悪く、A0が入ってしまった、涙。ハングを抜けてから上部クラックに入るパートも悪いが、それを越えれば快適な幅広クラックが待っていた。今回、6番を持参した。無くても登れるが、4番か5番のどちらかは2本あると安心して登れるか。
b0050067_795086.jpg

 つよつよのおのちんは、苦闘しながらもフリーで抜けた、ぱちぱち!おのちんの必死な姿と、ブヨにやられて腫れてきた瞼が重なり、まるでボクサーのようでかっちょよかった。
b0050067_7113045.jpg

 4P目(Ⅴ+、20m)はsono。出だしの小ハングがちょっとやらしい。その上の幅広クラックは快適だが、どん詰まりのハングから右上のテラスへ移るパートが怖い!カラダがおっきい人には窮屈で、苦戦を強いられるかも。やるな、sono。
b0050067_714431.jpg

 何度か小雨がぱらついたので終了にしようと思っていたが、空が明るくなってきたのと、左方カンテ組は登攀を継続するようなので、我々も継続することに。

 5P目(Ⅴ+、40m。結局、上部スラブも継続し45m?)はワタシ。出だしのダブルクラックは濡れているうえ、写真中央のカムを決めてある岩は浮いており、落ちたら多分はがれそうな中、だましだまし登る。右側のクラックは安定しはいるが、浮石も多くひやひや。
b0050067_7182784.jpg

 「リップを越えたら終わり」と思って、あまり考えずに潅木に左側ロープをクリップし、後に大変なことに。「後は鼻歌ハイキング」かと思っていたら、ぼろぼろに風化したコーナーはカムを決めづらいうえ、くそ重たいロープ(自業自得)を数m分を手繰って持ちながら、冷や汗満点で登っていく。

 「もう終わり?」というのを2、3度繰り返したら、追い討ちをかけるようなスラブが!半分やけになり、愚痴りながら登っていったら、終了点に1パーティが、恥ずかしい。汗だくゼーゼーしながら、支点を分けて頂き、ビレイ解除、ほっ。sonoも順当に上がってきて、11:20頃に登攀終了。

 一安心して周りを見渡せば、錫杖本峰がまだ高いところに望めた。スケールでかいなー!
b0050067_2246586.jpg

 じきに、左方カンテ組も上がってきた!お疲れ様でした!
b0050067_7244093.jpg

 天気がいつまで持つのかわからないので、下降はロープを共有することに。支点をセットし、落石を起こさないよう、ロープを腕に掲げながら懸垂。結局、おのちんらは4P目終了点から下降することに。50mロープで一気に1P目終了点まで降りることができた。
b0050067_7264327.jpg

 終了点から3ピッチで下降、ロープを回収して下山に入る。念願のルートを登って、満足げなおじMAX!
b0050067_7271116.jpg

 テント場まで戻り、テントを回収して下山。登山道から錫杖を振り返る。
b0050067_728538.jpg

 下山して、ありきたりではあるが、平湯温泉「ひらゆの森」(http://www.hirayunomori.co.jp/)で汗だの虫よけスプレーだのを落とす。同時に、かなりの降雨に見舞われた。ナイスタイミングだったなぁ。食堂でご飯を食べていくことに。お父さんがノンアルコールビールを振舞ってくださり、みんなで合宿の成功を祝って乾杯!ごちそうさまでした!
b0050067_7323072.jpg

 ほんと、お父さんが見守ってくれるだけで、ものすごく安心できる。まだまだ、これからもご一緒させてください!素敵な時間と場を与えてくれた錫杖の神様、適度な気温を与えてくれた天気の神様、そして共に汗を流した仲間たちに心から感謝!合宿を企画してくれたおのちん&おじMAX、オブザーバーのsono、また錫杖に来る機会を与えてくれてありがと!修行を積んで、またトライしたいね!
[PR]
by kanechins | 2014-08-03 22:50 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧