二子山中央稜。

 2014年 5月11日(日)
 今日は所属山岳会のマルチトレで、ワタシにとっては5年半ぶりの「二子山中央稜」へ。写真の中央右側の顕著なカンテが中央稜(6P、5.7)だ。
b0050067_22591084.jpg

 午前5時にAWを出発。上部駐車場までの林道が危ぶまれたが、倒木は枝を切って処理されており、なんとか通行可であった。取り付きに、午前8時20分着。既に3パーティほど先行しており、また次々にパーティが集まってきた。現時点で、既に8パーティ!?すごい人気なのね。

 写真のドラム缶が取り付き。ワタシ&hideki、ふくちゃん&おとうさん、UeQ&Megのオーダーでロープを結ぶ。
b0050067_22593374.jpg

 では、いってきます!
b0050067_2328213.jpg

 1P目(Ⅳ+)はまずは凹状フェースから。
b0050067_22595266.jpg

 レッジからフレークを越えてテラスへ。難しくはないのだが、ランナーの取り方に慣れていないと怖い思いをするかも!?
b0050067_230010.jpg

 1P目終了点のテラス。2つ前のパーティが3P目で詰まっているようで渋滞中。天気が良いから、壁の中で留まるのも悪くはない。
b0050067_230934.jpg

 出発を待つワタシ&hideki。(お父さん撮影)
b0050067_2304873.jpg

 気楽に風景などを眺めていたが、な、なんとここでまさかの1時間20分待ち、汗。

 気を取り直して、2P目(Ⅴ-)に取り付くHideki。
b0050067_231380.jpg

 ちょっとスラビーな快適なカンテを越えると、核心の3P目が眼前に。前回はA0で登ったので、今回はフリーで抜けたいところだ。
b0050067_2314699.jpg

 hidekiもマルチのロープワークにかなり慣れてきた様子。
b0050067_2324282.jpg

 3P目(5.7、Ⅴ+)はワタシ。フェースからオフフィストのクラック。足が決まりすぎて、もし墜ちようものなら足がもげそうなくらい!?残置無視でカムだけで登ろうとしたが、1セットしか持ってこなかったので普通にハーケンやボルトを拝借。核心は少し迷ったものの、フリーで抜けられてよかった。写真は核心を越えるhideki。
b0050067_2351353.jpg

 3P目終了点は立ち木で。20人くらいビバークできそうな大テラス。UeQも普通に核心を越えてきた。
b0050067_2362087.jpg

 4P目(Ⅳ+)はHideki。弱点をうまくついて、着実に登っていく。
b0050067_2372657.jpg

 5P目(Ⅴ-)はワタシ。実に快適なピッチであったが、終了点間際にタイヤ大の浮石があり要注意。続く6P目(Ⅳ)はHideki。青空に向かってロープを伸ばす。
b0050067_239859.jpg

 眼下に見えるローソク岩。クライマーが望める。
b0050067_2393570.jpg

 5P目に取り付くふくちゃん&おとうさんペア。
b0050067_23102771.jpg

 7P目(Ⅱ)はほぼ歩きでワタシ。終了点には頑強なボルトが1本ある。hidekiを上げ、稜線へ!西岳方面に歩き、後続のみんなに声援を送る。写真は7P目に取り付くふくりゃん&おとうさん。
b0050067_23134699.jpg

 稜線に到達したhideki。
b0050067_2312338.jpg

 6P目に取り付くMeg&UeQ。なかなかかっちょいい。
b0050067_23143070.jpg

 そして、全員が無事に稜線へ!お疲れ様でした!みんな、良い笑顔!適度なグレードのルートと、気が置けない仲間たちに感謝!
b0050067_23153718.jpg

 折角なので、西岳山頂(1,165.6m)へ。
b0050067_23181024.jpg

 帰りは一般道で股峠へ。荷物を回収。近くにはニリンソウが咲き誇り、ほっと癒される。折角なので、ちょろっと登っていくことに。
b0050067_23185827.jpg

 「話がピーマン」(5.10a)でクールダウン。hidekiはマスターOS。ワタシも久々に触らせてもらったが、うん、なんかアルパインチックで楽しい1本!
b0050067_23195778.jpg

 お父さんが、群馬クライマーが開拓している岩を見に行きたいとのことなので、早めに下山開始。道の駅「上野」で味噌ソフトを。カラダが塩分を欲しているみたいでうまい!
b0050067_23212148.jpg

 しかし、トポに5.7と書いてあるが、Ⅴ+の表記の方が体感に近いと思う。クラックグレードなら確かに5.7程度だけれど、この表記が安易に人を寄せ付けている気もしないではない。簡単なクラックやカムセットなどの練習を積んでからトライされた方が楽しめると思う。残置もたくさんありカム無しでも登れるけれど、キャメロットの#0.5~#2辺りを持って行けば安心して登れると思う。

 予報に反して好天に恵まれ、実に楽しいマルチトレとなった。やっぱり、山はいいなぁ。さぁ、次はどこへ行こう!
[PR]
by kanechins | 2014-05-11 22:23 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧