エレクトリック・レディ・ランドもどき(小川山・仏壇岩)

 2013年 7月21日(日)
 (本記録はトポなしで取り付いた結果、本来のエレクトリック・レディ・ランドとは異なるルート取りとなっております。)

 今日の予定は未定。カナダ組がルートファインディングの練習をしたいとのことなので、あまり考えずに仏壇岩を提案。トポが無かったのだけれど、「それがかえって練習になるのでは」ということで決定。

 ペンギン岩へのアプローチは以前に下見していたので、なんとか。まずは林道をフェニックスの大岩直前まで進む。そこから仏壇岩が遠望できるが、「遠い」そして「でかい」印象。涸沢沿いに登ると、仏壇岩がどんどんと大きく迫ってくる。
b0050067_22251580.jpg

 ガレガレの岩場を慎重に進む。
b0050067_23161682.jpg

 初めての岩場はアプローチ核心。トポがないのでペンギン岩と仏壇岩の位置関係がわからず、右往左往。写真は、まさに見たとおりのペンギン岩。
b0050067_22311022.jpg

 ザックを置いて、ぐっと左に回り込んだら「岩の墓場」があったので、そこを詰めたら仏壇岩の基部であった。取り付きがわからなかったので、偵察で基部を左に上がっていく。テラスまで上がると、眼前に広がる岸壁に目を見張った。こ、こんな巨岩が小川山にあったのだ!?
b0050067_2228452.jpg

 これも見たとおりの「モアイクラック」が走る前衛峰(亀頭岩)。この段階で、ペンギン岩=前衛峰の裏側と誤解。
b0050067_22395492.jpg

 「取り付きにはハーケンが打ってある」という情報はあったので、探してみる。恐らくコレだろうというところから、カナダ組(sono&fuku)、kane&megで50mシングルでアンザイレンして登攀開始。アプローチでかなり迷ったため、この時で既に11:30。
b0050067_22434133.jpg

 1P目は後で調べると5.9(40m)。ルンゼ状を進むが、浮石が多くホールド&スタンスも脆くて不安定。カムがばっちり効くような場所も少なく、かなりひやひやしながらの登攀を強いられた。5.9という表記よりもⅤ級とかの表記がしっくりくるピッチであった。
b0050067_22464023.jpg

 右手に見えるモアイクラック、美しい。
b0050067_22463571.jpg

 1P目終了点はテラスになっており、下降支点が整備されていた。そこでビレー。さて、2P目。ワタシは正面のクラックではないかと思ったが、sonoは「右手のスラブにリングボルトが打たれていたとこじゃね?」、と登っていく。(正解は正面クラックで、ここは恐らく中央カンテルート)
b0050067_22474819.jpg

 そうこうしているうちに、megが登ってきた。
b0050067_22495650.jpg

 2P目(5.9、50m)は岩も安定してきて、やっと楽しめる感じ。
b0050067_22525934.jpg

 ルート取りは自然で、途中、コーナーっぽいところもガシガシ登れて、クラックをやっている人なら快適なピッチ。写真は途中から振り返ったところ。
b0050067_22541366.jpg

 50mロープいっぱいで、ぎりぎりテラスへ。残置支点はなく、複数のカムで支点を構築。3P目は、写真の上部に上がったところでsonoは右往左往。右にも左にも行けそうで、最終的には左側から登攀。なお、正規ルートはここで一旦ピッチを切り(5.5)、右側のワイド~ハンド(5.9)を登るみたい。
b0050067_22564812.jpg

 雰囲気は、前穂奥壁。フォローするmeg。
b0050067_22571984.jpg

 3P目を振り返る。なかなかの高度感ではあるが、岩は硬く安定しているので快適。
b0050067_23272222.jpg

 そのままロープを伸ばし、左側から一気に3ピッチで山頂へ!この時、既に16:00。写真は、いつか行ってみたい涸沢岩峰群。
b0050067_231069.jpg

 屋根岩1~5峰も遠く眼下に望める。
b0050067_2314015.jpg

 が、今度は下降点がない!?トポがないと、そもそも懸垂で降りられるのか、歩きなのかすらわからない。後続のうちらが荷をまとめているうちに、fukuchanが下降点を発見!RCC2本+シュリンゲナッツという心もとないものではあったが、これに頼るしかない。
b0050067_23399.jpg

 初めてのエリアの下降って、方向とかピッチ長とかわからずに不安が大きい。でも、これもカナダに向けては良い練習だ。
b0050067_2352357.jpg

 うまくピッチを切ることができ、2ピッチの下降でどこかのコル(鞍部)に降り立った。
b0050067_236877.jpg

 下降路を振り返ったところ。いくらでもルートが作れそうだ。
b0050067_2364897.jpg

 はて、ここで悩む。方角的には下を見て右なのだが、適当な支点はないし、歩いて降りるにはガレガレで悪い。左側に行けば朝通ったペンギン岩の基部まで懸垂できそう。
b0050067_23145052.jpg

 しかし、そこからの回り込みを考えると相当遠回り。時間が迫ってきた。試しに右側に行って見ると、なんとか降りられそう。50mシングルで2回懸垂したら、ぴったりザックのところに降りてくることができた。この時点で18:00。
b0050067_2310388.jpg

 慌てずに荷をまとめて、下降開始。座布団大の岩がごろごろと不安定な状態で積み上がった場所を慎重に下降。ちょっとしたミスで岩雪崩が起きそうなので、ここがもっともリスキーかも。ありがとう、仏壇岩。
b0050067_2312739.jpg

 暗闇が迫るなか、ぐんぐんと高度を下げる。
b0050067_23134058.jpg

 小川山が漆黒の闇に包まれた19:35、林道へ到着。あとはのんびり廻目平まで歩を進め、20:00過ぎにキャンプ場に到着。出発が遅れたこと、4人パーティであったこと、アプローチで迷ったこと、トポがなかったこと、下降で迷ったことなどで12時間行動になってしまったが、カナダ組にとっては良い経験になったことと思う。

 帰ってからトポを見直したら、結果的には「もどき」なルート取りとなってしまった。が、下降路もわからないまま自分達でルートを判断して登っていくのはとても冒険的で、久しぶりにアルパインな雰囲気を楽しめてよかった。アプローチが遠く、岩も不安定ではあったが、「小川山はちょっとな」というアルパイン嗜好の方には良い1本と思われる。仏壇岩はフリーのエリアではなく、そして本ルートは5.9でもない。Ⅴ級を登るつもりで、ぜひトライ頂きたい1本である。

 使用ギア:50mシングル×2本、キャメロット(#0.3~3) 2セット(支点構築を含め、2セットあれば安心)、アルパインヌンチャク多数(特にシングルロープでの登攀であったので、延長に多数必要であった。ダブルなら節約できる)、その他一式。エイリアンかTCUがあったら、1ピッチ目でランナウトしないで済んだかも。

 帰りはお決まり、鮮味館(長野稲里店)で油淋鶏定食で登攀の成功(としておこう)を祝う。
b0050067_23251460.jpg
 久しぶりに登り応えがあるルートを共にしてくれた仲間に感謝!なんとかもってくれた天気にも感謝!
[PR]
by kanechins | 2013-07-21 23:23 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧