「つくば」と言えば、筑波山。

 2012年8月18日(土)
 高校生の頃に大岳山(東京都青梅市)に登ったときに、関東平野のはるか対岸に見えて気になっていたのが筑波山。かといって、わざわざ登りに行くこともなかった。

 思いもかけず「つくば」で暮らすことになったので、今がチャンス!ということで、早起きして車を走らせたものの、じきに雨が!「どうしようか」と思ったけれど、とりあえず麓まで行ってみる。
b0050067_8212468.jpg

 ろくに下調べもせずに来て右往左往。「赤い大きな鳥居」の十字路は右はロープウェイ乗り場へ、左は市営第3駐車場(1回500円)、まっすぐ行くと筑波山神社&ケーブルカー乗り場(行き止まり)。ここの売店で駐車(有料)すれば一番近い。けれど、なんとなく市営駐車場へ。
b0050067_8215446.jpg

 神社の手前に、わかりやすい看板が!どうせなら女体を極めて男体へ縦走と洒落込もう。
b0050067_8223427.jpg

 神社右脇の「え?これ登山道?」というような生活道路を行くと、じきに登山口。ここから「酒迎場(さかむかえば)分岐」まではなだらかな登山道。分岐にはわかりやすい看板あり!
b0050067_8231290.jpg

 トレーニングも兼ねてトレラン気分で!が、走り初めてほんの1、2分で心拍数MAXで「む、ムリー!!」。山を走って登るだなんて考えられん。心拍数と呼吸が落ち着いたペース=普段の登りが結局、一番ラクで一番速そう、笑。

 白蛇弁天は「白い蛇が住んでいて、見ることが出来たら財を築く」そうな。蛇とお金にまつわる伝説って多いけれど、なぜ?
b0050067_8233236.jpg

 急な登りに耐えると、「弁慶七戻り」。かの弁慶がビビって7回引き返したとされる、今にも落ちそう岩の下をくぐる。確かに、よく耐えているな。がんば。
b0050067_8244384.jpg

 高天ヶ原(たかまがはら)。多くの神々(天津神、あまつかみ)が住み、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る稲村神社がある。
b0050067_2375753.jpg

 胎内くぐり。新たな自分に生まれ変われるか?
b0050067_2393318.jpg

 美しいオフィズス。じゃなかった、陰陽岩。
b0050067_2435152.jpg

 チムニーからフィスト。出船入船。「熊野の鳥居石」と言われ船玉神が祀られる。石の姿が出船と入船とが並んでいる様子からこう呼ばれるらしい。
b0050067_2502333.jpg

 シンハンドの裏面(りめん)大黒。袋を背負った大黒様の後ろ姿?
b0050067_2511369.jpg

 ブナに癒される。
b0050067_2545612.jpg

 ハイボール、北斗岩。動かざること、北斗星の如しだそうな。
b0050067_256688.jpg

 筑波山の大同心、大仏岩。葉が茂っていてわかりずらいが、かなり大きい。
b0050067_257416.jpg

 そうこうしているうちに、筑波山の最高峰「女体山」(877m)。トレイルランナーと山がーるが多い!登山口から55分とコースタイムのちょうど半分。トレランは向かないなぁ~^^;。
b0050067_313915.jpg

 なんと、筑波山は日本百名山!月山に続き、知らない間に百名山をまたひとつGET。ちなみに、百名山の中で最も標高が低い山みたい。女体山頂には伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が祀られる神社があり、縁結びのスポットでもあるらしい。これはしっかりとお参りしとかないと。
 
 山頂の下で登山道がぐるりと回っているため、方向を見失いやすい。「筑波山で迷った」という話を聞いたことがあるが、わからないでもない。
b0050067_310361.jpg

 そして、気になっていた「ガマ石」へ。口に石を入れると財を成すとされる。地元の人に「後ろ向きに石を投げて口に入れば願い事が成就する」と聞いていたので、やってみる。左右方向、投げる角度、強さを調整。が、これが難しい!口に入ってもこぼれてしまうのだ。地味ーにやってると、17投目で白い石がすぽっと呑み込まれた!願い事が成就するかな、笑。
b0050067_3171936.jpg

 セキレイ石。日本書紀でセキレイと言えば。
b0050067_3301592.jpg

 季節には、カタクリの群落が見られるらしい。
b0050067_3314087.jpg

 ガスに覆われる御幸ヶ原。天候のせいか、人もまばら。ケーブルカーから降りてくる人たちは口を揃えて「わー、涼しいねー!」と。こっちは湿度120%の中登ってきて、汗だくだが^^。
b0050067_3335540.jpg

 折角なので、男体山(871m)へも登ってみるが、ガスで展望が利かない上、コンクリートで固められた山頂はちょっと残念な感じがしないでもない。

 さぁ、下るか。雷様がゴロゴロ鳴りっぱなしだったのでケーブルカーで降りるかとも考えたが、まぁ折角なので、歩いて降りることに。
b0050067_3385532.jpg

 よく整備された登山道ではあるが、ちょっと歩幅が狭すぎ!?
b0050067_3395361.jpg

 前半は、傾斜がきついところが多い。ところで、筑波山を歩いていると、多くの人が挨拶を交わしてくれて好印象。昨今のアルプスとの違いはナンダ?ん?もしかして、アルプスだと自分、怖い人に見える?
b0050067_3403660.jpg

 途中、清酒の名前にもある「男女川(みなのがわ)」で口を清める。ここが水源になるらしい。

 小倉百人一首
 「筑波嶺の 峰より落つる 男女川
      恋ぞつもりて 淵となりぬる」(陽成院)

 雷様に追われるように下り、35分で筑波山神社へ下山。下りもぴったりコースタイムの半分。
b0050067_354531.jpg

 それにしては、神話にまつわる話が多い山だ。調べると、どうやら縄文時代は関東平野は海の底で筑波山の辺りが海岸線だったらしい。なるほど、その様子を想像すれば、日本が生まれる神話があってもおかしくはない気もする。

 筑波山は、(失礼だけど)思ったよりもずっと楽しい山であった。もう少し空気が澄む季節になったら、つくばを離れる前にもう一度来たいな。今度はケーブルカーで^^。
[PR]
by kanechins | 2012-08-18 14:18 | 「山」の独り言 | Comments(2)
Commented by NON at 2012-08-20 21:46 x
関東の山からだと、筑波山ってどこから見てもすぐわかるのよね。
山を始める前に、家族で登りました。
ガマ石に石投げて入れるのやったよ、つい夢中に、いやムキになっちゃうよね(^_^)
Commented by kanechins at 2012-08-20 22:24
★NONさん
奥多摩の山々から眺めると、だだっ広い関東平野の向こうに聳えているので目立ちます!はい、ガマ石!後ろ向きで入れるのは、結構難しかったです><。


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧