立山BC(室堂~浄土山~龍王カール~黒部平)

 2012年 5月13日(日)
 今日はいよいよ、楽しみにしていた立山BC!ルートは写真のとおり。Annieに会えるかな~?(Google Earth+GPSデータ)
b0050067_213438.jpg

 扇沢の始発は7:30なのに、午前6時過ぎには駐車場着。「早すぎやわー」って思ってたら、天飾氏も既に到着していた^^;。先週の悪天でココまで来て諦めたときはものすごい車だっが、今回は人も車も少なくて拍子抜け。
b0050067_021966.jpg

 スキーで室堂から下ってくる場合は「扇沢~室堂の片道」で買うよりも、「扇沢~黒部湖往復+黒部湖~室堂片道+黒部平~黒部湖片道」の方が安くなるみたい。正規料金だと、扇沢~黒部湖のトロリーバスは往復2,500円+荷物券往復400円、黒部湖~室堂は片道4,200円+荷物券片道400円、黒部平~黒部湖片道840円+荷物券100円で総額8,440円。「高いなー」って思ったけれど、天気が良ければ1日で立山を存分に滑ることができるので「これはアリだなー」って思った。天飾氏のJAFカードで運賃のみ1割引きに、感謝^^。

 黒部平からタンボ平を見上げる。ノントレースの大斜面!ココを滑り降りるのだ。
b0050067_0164437.jpg

 臨時便が出たおかげで、9時過ぎには室堂(標高2,430m)へ!うーん、燦々と降り注ぐ太陽、広がる青空、真っ白に輝く広大な立山連峰に心躍る!
b0050067_0235296.jpg

 国見岳に向かって手を合わせる。線香を買うとき「I君には、なんか似合わないなぁ~」と思い、ラベンダーのお香にした。Tさん、I君、どうぞ安らかに。大自然の計り知れない美しさの裏にある怖さを忘れません。
b0050067_0334754.jpg

 一の越への登り。焦る旅でもなし、のんびり周りの風景を望みながら1歩ずつ板をずらす。(撮影:天飾氏)
b0050067_0354572.jpg

 奥大日岳を振り返る山岳カメラマン、天飾氏。
b0050067_0363583.jpg

 祓堂手前の標高2,550m地点から浄土山カールを目指し、真南に登り始める。別山を振り返る。
b0050067_038530.jpg

 雄山をバックに、一の越山荘へ続く登山者の列。
b0050067_039403.jpg

 カールをそのまま登ると、程なくして10:30に浄土山(標高2,831m)へ。どどーんと広がる360度の風景、言葉が出ない。空気の透明度が高く、遠く能登半島まで見渡せる。写真は五色が原から槍ヶ岳へと続く日本オートルート。遠いなぁ^^;。
b0050067_0435970.jpg

 龍王岳へと続く稜線を行く天飾氏。快晴、無風!
b0050067_0444048.jpg

 別山の奥に、剣岳が頭を覗かせた。
b0050067_0452021.jpg

 雄山をバックに、一の越から登ってくるスノーボーダーたち。
b0050067_046027.jpg

 雄山をバックに、ワタシ。そりゃ、笑顔にもなるでしょう~^^。(撮影:天飾氏)
b0050067_0463946.jpg

 別山~雄山~龍王岳のパノラマ写真。(以降、パノラマ写真はクリックすると拡大される)
b0050067_1464280.jpg

 能登半島を撮影する天飾氏。
b0050067_0472485.jpg

 龍王岳(標高2,872m)は、今回はパス。
b0050067_0482049.jpg

 ぐるり360度の展望喫茶でランチタイム!
b0050067_1472445.jpg

 それにしても、陽射しが痛い!SPF50の日焼け止めを塗りなおす。ココから龍王カールを下るが、出だしはかなりの傾斜!カール底部からは快適な斜度の雪原が広がる!日本とは思えない風景だなぁ~。海外へスベリに行くって考えれば、アルペンルートなんて安いもんだわ~^^。カール下部を滑るワタシ。(撮影:天飾氏)
b0050067_0511939.jpg

 御山谷へ入る。東一の越へと伸びる夏道を目指してトラバース。ガスったら厄介そうだなぁ。
b0050067_0541775.jpg

 一の越を振り返る。御山谷が黒部湖まで雪がつながっている季節に、一度滑ってみたい!
b0050067_1401168.jpg

 途中で板を外し夏道へ。東一の越へのトラバースは結構の傾斜で、滑落したらちとやばそうだ^^;。
b0050067_142133.jpg

 龍王を振り返る。
b0050067_1423096.jpg

 東一の越は、すぐソコだ。
b0050067_1511816.jpg

 12:20、東一の越(標高2,480m)着。雄山をバックに。
b0050067_143485.jpg

 ここまで来れば、あとは黒部平までのひと滑り。ここでのんびり、2度目のランチタイム!風もなく暖かで、とーっても快適!あぁ、降りたくないっ!
b0050067_1454399.jpg

 鹿島槍ヶ岳、そしてコレから下る黒部湖。
b0050067_1492369.jpg

 さぁ、下ろう!出だしは少し急だが、以降は快適なカール斜面が広がる!好きなところを滑ってよし!(撮影:天飾氏)
b0050067_152659.jpg

 後立山連峰をバックにテレマーク!(撮影:天飾氏)
b0050067_1525526.jpg

 傾斜が落ちるタンボ平で、雄大な景色を望みながら再び大休止!天飾氏は徐にゼリーを取り出す。重たいカメラ2台といい、真性Mであることを再認識^^。
b0050067_1545841.jpg

 滑ってきた斜面を振り返る。いよいよ、旅も終わりだ。(撮影:天飾氏)
b0050067_1552629.jpg

 黒部平から黒部湖までは雪がつながっていないようなので、板を手にもって黒部平駅へ上がる、13:50。そこは今までの厳しくも美しい大自然とは別世界!もはや下界だ!滑ってきたタンボ平を振り返る。天候にも雪質にも恵まれた、素晴らしい1本であった。
b0050067_157139.jpg

 ケーブルカーで黒部ダムへ折り、ダム上部を板を担いで歩く。荷も体も重たいはずだが、妙に心は軽かった。さぁ、明日からまた日常が始まる。たっぷり充電できたので、がっつり動きまわりたい^^。
b0050067_1585990.jpg
 
 今回の滑走ルート。沿面距離9.7km、累積登高440m、累積滑降1,030m、最高速度38.4km/h。
b0050067_29323.jpg

 普段、なかなか写真や動画を撮ってもらえないので、天飾氏には大感謝!すばらしい天気にも大感謝!さぁ、滑りの季節も残すところわずか。引き続き、安全第一で山に触れていきたい。
[PR]
by kanechins | 2012-05-13 20:29 | 「滑り」の独り言 | Comments(6)
Commented by 真性Mの天飾 at 2012-05-18 21:31 x
いや~良かったですね!!

次回ここへ行くときの目標もさりげなく織り込んでいますね(^^)

私も今まで撮ってもらうこと無かったもんで嬉しいです。
稜線を行く・・・がお気に入りです!

それとパノラマ機能?カメラ内で自動で合成してるんですか!
私もほしくなった(ってまだ増やすんかい?)
Commented by NON at 2012-05-19 11:19 x
お~なんと素敵な風景&スキー&お天気
大カール滑ったら気持ちいいでしょうね~
今更ながら、行きたかったです。
来年も是非計画してください、参加希望~~~(*^^*) フフ
Commented by kanechins at 2012-05-19 13:57
☆M村さん、あ、やっぱMなのね
ほんと、ありがとうございました!素晴らしい天候に恵まれ、すっかり立山ファンになっちゃいました!御山谷を黒部湖まで滑ることができたら、それはステキですよね!最後の歩きは考えない、笑。
パノラマは携帯の機能なんです。自動合成してくれます!iPodにもそんな機能はあるみたいですし、最近のコンデジにもあるようですよ!ワタシもそろそろ欲しいです!
Mさんは、3台でも4台でもへっちゃらだと思います!ではまた!!
Commented by kanechins at 2012-05-19 14:04
☆NONさん
ほんと、ステキな風景が広がってました!どこを滑ってもよし、な大カール!ほんと、来られたらよかったのですが^^;。
来シーズンは、ワタシももうちょっと修行して、あそこやあそこを滑ってみたいです!
Commented by Bun at 2012-09-27 14:44 x
来週の立山を検索していたら。。。kanechinさんのサイトが出てきた!
「一の越~黒部平」のほぼ同じルート(プランナーがM氏だからかな^^)の紅葉バージョンに行って来ます
雪原を紅葉に見立てて再び読みました♪
黒部ダムより上に行った事がないので、とっても参考になりました
(JAFの割引!イイこと聞きましたm(^^)m)

Commented by kanechins at 2012-10-01 00:56
★Bunさん
お、紅葉の立山ですか、いいですね!!
天候に恵まれますように!どうぞお気をつけて!また日記を楽しみにしております!


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧