韓国・インスボン遠征記 day3

 2011年 9月24日(土)
 今日も天気が良さそうだ。日に日に体調が回復してきて、すっかりと食欲も戻ってきた。今日も元気だ、ご飯がうまい。 
b0050067_22243879.jpg

 今日は「下部クラック(2P、45m)」~「インスB(인수B、3P・97m、5.8☆☆☆☆)」へ向かうことに。かっちょいいラインだなー。ぱっと見は右のコーナーラインかと思い、でかいカムを置いて細かめのを持つ。
b0050067_22245583.jpg

 1Pはワタシ。いざ取り付いて見ると、クラックはふさがり支点が取れそうもなく、左側から登る。が、これがまたフィスト以上で思ったよりも悪い。なるたけギアを節約するが、中間より下で弾切れ。カム3つで支点を作りフォローを上げる。
b0050067_22251614.jpg

 パートナーは絶好調で、ビレーポイント(以下、BP)のカムを見るなり「こりゃ安心だ」と、(3番以上を節約するため)1本目も取らずに登る、登る。
b0050067_22253025.jpg

 クラックのパートを越えると傾斜が落ち、ワイヤーのBP。すぐ右上の大木で3、4人待機している。どうやらここが「インスB」の取り付きっぽい。続々と大スラブを人が上がってくるので、合間を見て大木に移る。当然ながら、インスボンではこんなところにはピンなんてありゃしない^^;。
b0050067_22254917.jpg

 スタスタ、とロープも無しに大スラブ上部を行くクライマー。ウワサは本当であったが、いくら自信があるっていっても、見ている方が怖いわ^^;。
b0050067_222605.jpg

 1P目(5.8、37m)はワタシ。スラブからガサガサしたルンゼを越えると、ハンド~オフィズスのクラックが。正規ルートは左のスラブを登るらしいが、先行パーティがかなり遅れており、仕方なくクラック沿いに上がり樹でBPを構築。このBPはアミドンとルートが交差しているポイントで渋滞しやすいみたい。正式には、木の少し右側のBPがインスB用らしい。
b0050067_22262674.jpg

 振り返ったところ。下の木が1P目のBP。
b0050067_22263623.jpg

 医大ルート周辺は大混雑。
b0050067_22264764.jpg

 2P目(5.7、30m)はパートナーで、右側のクラックを登る。左側のラインは不明。そこからさらに左側のスラブを登るラインがアミドン(5.10a)。それにしても、スラブにはボルトがほとんどないのに、クラック沿いにボルとが連打って、一体??
b0050067_22265898.jpg

 ハンドばち効きの快適なコーナー。
b0050067_2227105.jpg

 再び渋滞に。青い服の彼はアウトドアショップでデザイナーをしているらしく、snakeというイタリアのブランドウェアを着ており、ウィドンにある店「エーデルワイス」を教えてもらう。
b0050067_22272747.jpg

 色々な人のシューズを見ていたが、ほとんどの人が5.10を履いていた。韓国に工場があるからか、はたまたやっぱりスラブは5.10なのか。デザイナーの彼は相当上手いのか「足が痛いから、こんなところはアプローチシューズでOK」とのこと、つえーな^^;。
b0050067_22273985.jpg

 3P目(5.7、30m)はワタシ。ガサガサしてるが、支点も取れるし気楽。
b0050067_22275390.jpg

 クラックの途中から左トラバースに入るポイントがわかるか不安であったが、杞憂であった。ぼこぼこのトラバースポイントを渡るパートナー。
b0050067_2228161.jpg

 ナポレオンハットの5.10dを登るクライマーたち。
b0050067_22281389.jpg

 3P目の終了点はアミドンとも共用で混雑。支点を分け合って、下降の準備。インスBの2P目のBPが混雑していたので、アミドン3P目のBPで一旦切る。
b0050067_22284582.jpg

 そこからインスBの取り付きまで降りられるかと思ったら、数m足りない^^;。仕方なく、歩いてクライムダウン、すっぽ抜け注意!大木から下部クラック上部の支点までロープを伸ばしてクライムダウンし、そこからは45mほどの懸垂で取り付きへ戻ることができた。インス南西面を見上げる。賑わってるなー。
b0050067_22291055.jpg

 土曜日は大混雑と聞いていたので、荷物を小屋に預けて、一旦ソウルまで降りることに。コンビニで売っていた巻き寿司。上が참치마요(ツナマヨ)、下が참치김치(ツナキムチ)で、それぞれ1,000W(75円)。
b0050067_22293385.jpg

 一般ハイカーも多く、下山路も大渋滞。
b0050067_22294730.jpg

 ウィドンにあった山道具屋街が気になったので、トソンサから歩いて降りる。20分くらいかな?下界はさすがに暑く、途中の売店で水分補給。
b0050067_22295978.jpg

 ミレー、マムート、ラフマなどのブランドショップはもとより、見たことがないようなブランドショップもあって楽しい。が、外国ブランドはやっぱり安くはないな^^;。
b0050067_2230114.jpg

 写真がウィドンのバスターミナル。ここからトソンサへは信者用バス(片道500W)が往復している。
b0050067_22302367.jpg

 小屋に宿泊していた日本人からも聞いていたショップ「エーデルワイス」に行ってみる。バスターミナルの1本上の道路をトソンサに向かって右側に入ったところにある。Snakeブランドも扱っていたが、ちょっと派手系だな^^;。
b0050067_22304920.jpg

 バスから地下鉄へ乗り継ぐ。地下鉄スユ駅(414番)から4号線に乗り、10駅で若者の街「明洞(ミョンドン、명동)」、1,000W(75円)。地下鉄は1回用カードを券売機で購入。日本語も使えるのは便利。デポジットは500Wで、下車後に換金をお忘れ無く。
b0050067_2231548.jpg

 ミョンドンはほんと都会で、賑わっていた。が、そこいら中で聞こえる日本語。もはや、ミョンドンは日本!?お世辞にもオシャレとは言えない我々はなんだか肩身が狭い。
b0050067_22313343.jpg

 ピビンパプとスンブドゥチゲを肴に静かに「今までの無事」を祝って乾杯し、ちゃちゃっとお土産を買って帰路についたとさ。 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2011-09-24 22:23 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧