韓国・インスボン遠征記 day2

 2011年 9月23日(秋分の日)
 朝食は午前07:30から。山はゆっくり休めるからいいな。釜で炊いたご飯はとても美味しく、韓国のりだけでも美味しくいただけちゃう。
b0050067_07551.jpg

 充電できたところでギアをまとめて出発。アプローチは小屋の右側から。小さい畑を過ぎ、別のトイレから尾根に上がり、ルンゼを下降。チッピングしてはあるが、荷物が重いのでちょっと怖い^^;。
b0050067_094050.jpg

 大スラブの基部には、こんなに立派なルート図の看板が!
b0050067_095918.jpg

 まずは小手調べということで、比較的簡単かつオススメと言われた「シュイナードB(취나드B、5P180m、☆☆☆☆☆)」へ。どうも発音は「チュイナドゥ」に近いようで、韓国人にルートを聞く場合は注意。「OOOはどこですか?」は「OOO オディエヨ(어디에요)?」でOK。

 ルートは、人が居る場所から右上に伸びる細いクラックラインを詰めて、顕著なワイドへ続くルート。
b0050067_0195486.jpg

 1P目(35m)は恒例でワタシ。とにかく、グレード感覚も距離感もわからないので、あるギアを全て担いだが重たい。レイバックでがつがつ登れるコーナーを詰める。写真で見るよりは傾斜があるかな。
b0050067_021521.jpg

 上部のスラブは調子が乗らずに突っ込めず、パートナーにバトンタッチ、ありがとー。って、これで5.7?
b0050067_0243743.jpg

 先行パーティは九州から来たという日本人パーティであった。
b0050067_0225891.jpg

 2P目(5.8、37m)はパートナー。カンテをアンダー気味にもって斜上するルート。途中、ボルトが打ってある前後が悪い、つえーなー。って、これが5.8?
b0050067_02857.jpg

 3P目(5.6、25m)。先行パーティが出だしでえらい苦戦しているのが見えていたが、行って納得。いきなりトラバースなのだが、これが悪い&コワいのだ^^;。ウロウロしながらも、なんとか越える。越えてしまえば、グレードどおり快適なクラックラインが待っていた。
b0050067_0303646.jpg

 スカイラインにあるルート「シム」をフォローするクライマー。
b0050067_0342786.jpg

 4P目(5.7、40m)は、まるで不動沢の新緑荒野。パートナーは好調な様子で、ランナーもろくに取らずに上がり、途中から左のオフィズスに入る。
b0050067_0361726.jpg

 後続の白人パーティは2P目の核心を越えられずロワーダウン。隙を縫って、韓国人パーティが追い抜きに入った^^;。
b0050067_0371178.jpg

 割れ目からアンニョンハセヨ。
b0050067_0373767.jpg

 4P目上部は、見事なダブルクラック。ハンドがばち効きで快適。
b0050067_0381532.jpg

 5P目(5.6、40m)はワイドのパートがっ。最近、この手のパートが嫌いじゃなくなってきた、やばいなー^^;。上部は快適なコーナースラブ。ナポレオンハット下部は、ワイヤーでトラバースできる。
b0050067_0403964.jpg

 ここから5.10dのスラブを抜けて山頂にも行けるよう。絶好調のパートナーは「行く!」と張り切るが、1本目のボルトが遠く、残念ながら断念。後で聞いたら、ここはお尻を押してもらって上がるそうな^^;。靴や装備も取り付きに置いてあるので下降することに。
b0050067_04341.jpg

 すぐに、後続の韓国人パーティが追いついてきた。着くなりラジオを鳴らして、陽気なKポップで和やかな雰囲気に^^。韓国人には、なぜだがロープの径と長さをよく聞かれた。インスボンのスタンダードはどうやら60mらしく、何人かに「短いヨ」って言われたけれど、のちにカラダで知ることに^^;。でも、50mでも大丈夫。
b0050067_0465075.jpg

 「医大(ウィデ)의대」ルートを下降。ウィデの3P目終了点で1度切り、次にシュイナードBの2P目終了点で切ったが、すぐ左側にウィデ2P目終了点があり、こっちの方が良さそう。
b0050067_0522440.jpg

 4回の下降で取り付きへ。うーん、さすが「5つ星」だけあって楽しかったぞ~。登ってきたルートを見上げながら、遅めのランチを頂く。
b0050067_0583199.jpg

 びみょーに時間があまったので、ショートルートに行くことに。そこにいた韓国人に「一番カンタンなのはどれ?」って聞いたら「チャンポン(짬뽕、5.10a、10mB2)」を薦められた。が、1ピン目が遠い!「遠いよー」って聞いたら、「近かったら10aじゃないよ」という謎の答えが返ってきた!?恐るべしだわ。後で調べたら、チャンポンって韓国では「激辛スープ麺」料理のことらしい、なるほど^^;。

 とりあえずマスターで取り付くが、ほんっとに1ピン目が遠くてビビった。そこから上も結構シビアなムーブで焦ったわー。これで10aって、インスボン恐るべし。なんとかOSできてよかったが、腕張りまくり^^;。パートナーも見事、フラッシュ。
b0050067_143075.jpg

 さて、時間も時間なので撤収。山荘に戻り、少しづつ体調も戻ってきたので、冷えたビール(3,000W=220円)で完登を祝って乾杯!今日は骨付きカルビ。あぁ、骨の周りの肉って、なんでこんなに美味しいんだろう!
b0050067_1111162.jpg

 食欲もだんだんと回復基調!さぁ、明日もがんばろー。 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2011-09-23 23:05 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧