前穂高岳・東壁(北壁~Aフェース) day1

 2011年 8月13日(土)
 「今日は奥又まで」だからと、上高地BTにのんびり07:15着。お盆だから劇混みかと思ってたらそうでもない。やっぱり、穂高は青空が映えるなー。
b0050067_22422834.jpg

 07:30歩行開始。明神、徳沢と歩む。今日も明神は輝いている。
b0050067_22445360.jpg

 新村橋を渡り、パノラマ新道を進む。奥又白沢沿いに高度を稼ぎ、沢の傾斜が変る開けた場所が「屏風の頭」と「奥又白池」の分岐点。
b0050067_2247655.jpg

 左が「松高ルンゼ」、右側の尾根が中畠新道。「松高ルンゼは悪い」と聞いていたので、迷わず中畠新道へ。尾根の取り付きに遭難碑がある。10:35通過。
b0050067_22573971.jpg

 道はよく踏まれており、邪魔な枝も刈り払われていて歩きやすい。タカネニガナ(高嶺苦菜?)もお出迎え。
b0050067_2315769.jpg

 松高ルンゼと出合い、最後の急登を詰めると奥又白池へ12:15着。お盆だから「場所取り争い」があるかと思っていたが、そんなことはなく1張だけ!?ここは幕営禁止。帰ることも、登ることもできないのでビバーク(不時の露営)なのだ。常念をバックに。
b0050067_236586.jpg

 コーヒーで一服つけ、ルート偵察へ。眼下に見えるのは横尾山荘。
b0050067_2395648.jpg

 尾根伝いに150mほど高度を上げると、前穂東壁が望める。「おわー、厳しそうだなぁ」って眺めていると、sonoが「クマだー!」っと。3、40mほど下にいたコグマもこっちに気付いて、すげースピードで沢を下っていった。ありゃ、追いかけられたらアウトだな。

 写真手前がA沢で、順に落石が一番多いとされるB沢(上部は前穂北壁~4峰)、そして我々が詰めるC沢、4・5のコル。C沢を詰めてインゼル(小尾根)上部を左にトラバースしてB沢に入り、さらに詰めて北壁へ行くようだ。
b0050067_23195480.jpg

 何も知らないチングルマは、ただ風に揺られている。5・6のコルから2人組が「ラクー!」と叫びながら降りてくる、あっちも悪いらしい。
b0050067_23201819.jpg

 ケルンからA沢に向かって下降。が、A沢にたどり着くまでの急な上にガレ&ザレで悪い!!
b0050067_23214274.jpg

 ヒヤヒヤしながらもA沢へ。7月だと雪渓でパックされてトラバースできるらしいが、今は雪渓は皆無。写真左下の岩も浮いていて、いつ落ちてもおかしくない状況。とてもトラバースする気になれない。
b0050067_23512558.jpg

 そのまま慎重にA沢沿いに下る。ついさっきまでコグマがいた場所だ。
b0050067_23234122.jpg

 第4峰、かなりかっこいい。シビアなC沢に入らずに取り付けるようなので、機会があれば。
b0050067_2324418.jpg

 慎重に下ってきたA沢右岸。全ての岩が浮いていて、連鎖でいつ岩雪崩が起きてもおかしくない。人の体サイズの岩も簡単に動くんだからおっかない。
b0050067_2326167.jpg

 前穂東壁を見上げる。どうもこんな感じになるようだ。
b0050067_23341473.jpg

 A沢下部で渡れそうな場所を発見。横断して偵察すると、良くはないけれど本谷まで降りられることを確認。「雪渓がないこの時期は本谷回りかなー」と判断。踏み跡を戻ると、奥又白池から5・6のコルへ続く道と接続。分岐を覚えておく。やっぱ、偵察は大事だなー。

 軽量化のため、各自アルファー米とレトルトで夕食を済ます。寝不足もあって、ワタシはそのままウトウト。しばらくして、sonoと隣のテントの方々の話し声で目覚める。ワタシも挨拶に出ると、なんとベテランのM谷さんらが!すごい偶然だなー。二人は明日に第4峰を登るらしく、下降路の偵察に5・6のコルまで行ってきたみたい。

 M谷さんは最近まで穂高の常駐隊に入っていたらしく、先日の気の毒な奥穂の遭難も担当されたそう。C沢の事故の話とかも聞けたけれど、うーん、我々はそんなキケンな場所にホントに行ってよいのか??

 そうこうしていると、夕立が!湖面も荒れ模様。このとき、ふと「朝まで降り続けてほしいな」って思ってしまった。雨は嫌いじゃないけれど、テントが重くなるのは勘弁だな。
b0050067_23464651.jpg

 結構通るM谷さんの声が子守唄になり、珍しく早めに寝付くことができた。 (つづく)
[PR]
by kanechins | 2011-08-13 22:24 | 「アルパイン」の独り言 | Comments(2)
Commented by アノニマス at 2011-08-16 19:18 x
毎回楽しみにしています。かねちんさんを目標にして山を登っています。day2が待ち遠しい。
Commented by kanechins at 2011-08-18 01:31
☆アノニマスさま
 ご訪問&コメント、ありがとうございます!うれしいです^^!
 day2、少しづつアップしていきますね!いつも他人のHPで勉強させていただいている分、できるだけ詳しくアップしたいな、と思いつつ、なかなか細かいことを覚えてなくて^^;。

 またのご訪問をお待ちしております!


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechins

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

クラさん、ご訪問&コメン..
by kanechins at 12:47
 自分も12月に遠山郷へ..
by クラ at 23:37
 T様、御訪問&コメント..
by kanechins at 20:35
★Nonさん  初めて..
by kanechins at 00:40

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧