小川山・屋根岩3峰(南稜レモン)

 7月10日(土)
 久しぶりの晴れ予報、日帰りでsonoと小川山入り。やっぱ、屋根岩は青空に映える~^^。
b0050067_20184211.jpg

 ずっと行きたかった屋根岩3峰「南稜レモン(5P、5.9☆☆)」へ。写真は、前回登った2峰から見た3峰で、赤線が南稜レモン。
b0050067_2020153.jpg

 セレクション基部で、強そうなアメリカ人2人にルート状況を聞かれる。基部を西へ回り込み、3峰基部へ。ダブルロープを接続し、11:40に登攀開始。1P目(40m)はワタシトップ。写真は途中のボルトから見下ろしたところ。
b0050067_20231387.jpg

 同じく、ボルトから上。ここから傾斜が増し支点が取りづらくなるが、スタンス、ホールドは豊富。
b0050067_20212989.jpg

 前回登った2峰は、裏から見るとこんな感じ。山頂に2人組みが見える。右中央に見えるのが駐車場。
b0050067_20261195.jpg

 2P目(35m)はsonoトップ。2本のぺツル支点からトラバース開始。ピンはないが、しっかりとしたスタンスがある。
b0050067_20294825.jpg

 sonoはやる気満々で、登りすぎてしまった!?一旦、懸垂でクラック基部まで降りてくる^^。
b0050067_2030253.jpg

 逆光でうまく撮影できなかったが、これが3P目(5.9、15m)の弓状クラック。
b0050067_20314183.jpg

 振り返ると、さっきのアメリカンが山頂から懸垂で6P目へ。Y字クラックの左側を下見??
b0050067_20325128.jpg

 懸垂で降りてきたsonoとギアの受け渡しをし、ロープも整理しなおす。ちょっとした手間が大事。
b0050067_20332566.jpg

 3P目はワタシトップ。出だしの1歩が厳しい。クラックは斜上しており、クラックに慣れないワタシはレイバック気味に登るが、消耗が激しい。写真は途中のボルトから見下ろしたところ。1番、2番を2個づつ使用。やってはイケないクロスロープ。。。まだまだ修行が足りない。
b0050067_20362232.jpg

 しかし!ボルトから上部がちんぷんかんぷん!?フレアした斜上ワイドで、成すすべもなく時間を浪費。カンテ登り、スラブ登りもするが、全く歯が立たず。見かねたsonoが、トップを代わってくれることに^^;。4.5番も持っていってもらい、ずりずりと体を入れて上がっていく。やるなー!!
b0050067_20404648.jpg

 フォローで上がる。大きなキャメ4.5番をしても、すんごく奥にやっと決まる程度。sonoにアドバイスをもらい、なんとか体を上げていく。こうやって経験値を上げていくしかないな~^^;。
b0050067_20512696.jpg

 3P目終了点のsono。ありがとにゃー。
b0050067_20521013.jpg

 3P目出口のワタシ。
b0050067_20523687.jpg

 そのままワタシがトップでスラブを上がる。後ろが2峰。一旦懸垂して南稜神奈川に継続することも考えていたが、時間も時間なので山頂を目指すことに。
b0050067_2054141.jpg

 さらにsonoに最終ピッチの基部まで歩いてもらう。写真が5P目で、右側のリッジを登るらしい。左下にsono。
b0050067_20552939.jpg

 5P目(40m)はワタシがトップ。ボロボロのスラブをノーピンで上がり、リッジへ回り込む。去年、登っていたパーティが「ロープが重い!!」と言っていたので、ロープの流れに注意しながら登る。要所要所にカムががっちり効くポイントがあり、開放感、高度感が心地よい快適なピッチ!
b0050067_20583341.jpg

 15:30に3峰山頂に到着。頂きにてワタシ、きもちいー!3P目の酸っぱさも忘れるほど、楽しい最終ピッチであった。
b0050067_2101247.jpg

 箱庭のように広がる、廻目平。マラ岩がちっちゃく見える。
b0050067_2104032.jpg

 山頂から懸垂下降40mほど。
b0050067_2111116.jpg

 歩いて戻り、そこからさらに45mの懸垂で1P目の終了点付近へ。降りる方向に注意。
b0050067_2122220.jpg

 さらに40mほど懸垂し、17:10に基部へ戻る。ちょうどアメリカン2人がやってきた。これから1P目だけでも登るらしい。荷をまとめて下山し、駐車場に18:00着。
 西日に照らされる屋根岩を振り返ると、1P目終了点に白シャツのアメリカンが見える。ん?セレクションの最終ピッチにも赤シャツの人が。今夜は廻目で泊まりかぁ、いいなぁ~。
b0050067_2172848.jpg

 ずっと念願であったレモンは甘くはなかったが、山頂まで繋ぐとなかなか充実した1本であった。やっと願いも叶ったし^^;。要領もわかったので、次回はさくっと再登したいな~。sonoたん、付き合ってくれてありがとー。
[PR]
by kanechins | 2010-07-10 22:12 | 「岩」の独り言 | Comments(8)
Commented by KAG at 2010-07-16 17:21 x
はじめまして。南信でコソコソ登っている者です。kanechinsさんは下條人ですか?勘違いだたらすみません。。。。
Commented by kanechins at 2010-07-20 22:55
☆kagさま
 ご訪問&コメント、ありがとうございます!
 生まれは下條ではありませんが、ココロは下條人です^^;。KAGさんは下條人ですか??
Commented by KAG at 2010-07-21 15:34 x
お返事ありがとうございます。私は飯田住みです。南信は岩が少なく困っています。もし南信に良い岩場があるようでしたら教えていただけないかなぁ、と思いまして・・・。
Commented by kanechins at 2010-07-21 23:25
☆KAGさま
 昔は天竜峡で登れたのですが、今は難しいようですね。
 ルートなら猿岩や戸台、瑞浪。ボルダーなら駒ヶ根、遠山川、笠置、豊田、フクベなどがありますよー。KAGさんは、どこかの会に入ってますか??飯田にも楽しい会があります。
Commented by KAG at 2010-07-22 08:12 x
色々と情報ありがとうございます。ルートはまだやっていなくて、ボルダーのみです。遠山川、笠置は行った事あります。駒ヶ根、豊田は良く通っています!もう少し近場の岩場が理想なんですが、やはりなかなかありませんよね・・・。ちなみにどこの会も入っていません。どこかオススメの楽しい会があれば教えてください。長文失礼しました。
Commented by kanechins at 2010-07-23 00:15
☆KAGさま
 豊田に通っていられるということは、強いんですね!!笠置は一度だけ行きましたが、ボルダー天国って感じでよかったです!高くて難しかったですけれど^^;。

 普段はジムはどうされてますか??アルティメットまで通ってるのですか??

 飯田に住んでいた頃には、飯田山岳会http://www.geocities.jp/iidasangakukaiii/に所属してました。ぜひ一度、HPを覗いてみてください^^。
Commented by KAG at 2010-07-23 12:00 x
kanechinsさま
豊田に通っているだけでたいして強くありませんよ。。。笠置はOPイベントに参加したきりですね。今年はフクベデビューをもくろんでます。しかし笠置は明日もイベントがあるように岩が豊富ですね!ニューエリア楽しみです!ジムはアルティメイトが一番近いですが高速も使って1時間なので行ってません。自分の家にウォールを作って一人で楽しんでいる状態で、ほかに一緒に登ってくれる方がいないか探している常態です。やはり自分一人だと課題も似たり寄ったりで飽きてしまうんですよね・・・。飯田山岳会のアドレスありがとうございます。HPを覗いてみます。
Commented by kanechins at 2010-07-23 19:43
☆KAGさま
 豊田はなかなかキビシーですよね^^;。フクベもなかなか「ボルダー天国」感が溢れてよい感じです!笠置のニューエリアは確かに気になりますよね!
 自宅にマイウォール!!す、すごい!!知り合いにホールド作っている人がいますので、お時間ございましたらごらんください(http://a-hold.jp)。
 どこかでバッタリしそうですね~!その日を楽しみにしております!!


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧