裏妙義、縦走。

 2017年11月19日(日)
 今日はちょっと遠くへ遠征し、裏妙義。集合時間よりも1時間早く着いたので、御岳登山口をチェック。既に駐車場(10数台駐車可、トイレ有)は満杯、これはヤバくね?

 横川駅から御岳方面を見上げる。
b0050067_00224476.jpg

 西尾集落から妙義湖を越え、今は休館となっている国民宿舎へ。40台以上は停められそうな駐車場が、ほぼ満杯。裏妙義人気、すごい!トイレ、水場有。
b0050067_00253110.jpg

 はねとん、たまさん、すぎさんらと8:40頃に無事に合流し、出発。国民宿舎脇に登山届BOX有り。林道を進むこと数分で登山口。ここを右折。
b0050067_00274231.jpg

 標高500m位は紅葉がよい感じ。
b0050067_00285595.jpg

 落ち葉を「かさかさ」と踏み鳴らしながら、ゆっくり高度を上げていく。
b0050067_00273126.jpg

 途中、右手に素晴らしい壁が。カンテ沿いに登るクライマーも見える。裏妙義にルートがあるとは知らなかった!
b0050067_00302446.jpg

 最初の関門。地図には「ここを登れなかったら引き返したほうが良い」と書かれているが、のちに納得。
b0050067_00312353.jpg

 地図では尾根伝いに道が拓かれていたようであるが、谷沿いのマーキングに従い登っていく。
b0050067_00322703.jpg

 傾斜は徐々に増し、岩の上に砂が載っていて滑りやすい。
b0050067_00325432.jpg

 ここを越えれば稜線。
b0050067_00331046.jpg

 一旦、北側に下って「丁須の頭」(ちょうすのかしら)を巻く。じきに、丁の字状態の奇岩基部に到着。ちょうど、先行パーティーが懸垂下降していた。
b0050067_00342400.jpg

 関東平野の眺望が素晴らしい!
b0050067_00344955.jpg

 北に目を送ると、雪化粧が下がってきている浅間山が。
b0050067_00352688.jpg

 すぎさんの補助ロープをお借りし、みんなで「丁須の頭」に登ってみる。なかなかの傾斜であるが、ホールドとスタンスは豊富。上は風が強く、すぐに懸垂下降。これから進む稜線がくっきり望める。
b0050067_00372504.jpg

 稜線を進み、「丁須の頭」を振り返る。こうやってみると、なかなかの迫力。
b0050067_00382655.jpg

 程なくして、チムニーを下る。頑丈なチェーンが設置されており、両壁をうまく使いながら慎重に下る。
b0050067_00391464.jpg

 チムニーを振り返る。なかなかのスケール。
b0050067_00393411.jpg

 縦走路を進むと、こんなスラブ下りもあるが、チェーンが整備されている。 
b0050067_00400330.jpg

 赤岩を南側から巻く。足場は落石か何かで崩落したのか、足場は崩落。ただ、岩にしっかりステップが切ってあり、慎重に進めば見た目ほど怖くはない。
b0050067_00405584.jpg

 侮れないスラブ。
b0050067_00411828.jpg

 烏帽子岩基部の風を凌げる場所で、ランチ。
b0050067_00414026.jpg

 赤岩を振り返る。これは左から巻いてきた。
b0050067_00424908.jpg

 左から烏帽子岩、赤岩、そして「丁須の頭」。
b0050067_00425388.jpg


 稜線を下り始め、程なくして三方境。
b0050067_00443074.jpg


 谷急(やきゅう)山に向かって進み、P1でワタシとはねとんは引き返し、たまさん、すぎさんはP2から女坂を下ることに。

 三方境からの道(巡視道)はよく踏まれており、快適。
b0050067_00460034.jpg

 
 夕日に照らされる紅葉に、心が浮く。
b0050067_00463023.jpg


 谷地形と紅葉って、なんか合うなぁ。
b0050067_00465113.jpg


 トラバース気味に下っていくと、じきに林道へ。登ってきた「丁須の頭」方面を振り返る。
b0050067_00474494.jpg


 ルートの概要。
b0050067_00492021.jpg



 行動時間は6時間40分(休憩含む)、沿面距離は11.6km、累積登高は1,300m(GPS数値)。
b0050067_00493447.jpg
 
 「緊張」と「癒し」が絶妙に混ざり合う、素晴らしいルートであった。提案者のはねとん、一緒に歩いてくださったたまさん、すぎさんに感謝!

[PR]
# by kanechins | 2017-11-19 23:19 | 「山」の独り言 | Comments(0)

初OMM in 野辺山(day2)

 2017年11月12日(日)
 午前3:30、周りの声で目覚める。「えらい早いなぁ」と思ったら、最もハードなストレートAのスタートは午前6時らしい。
b0050067_12340189.jpg

 ガスを点火し、ホットココアを作る。最低気温は氷点下3度程度(野辺山測候所)と冷え込みは緩く、3シーズン寝袋だったこともあり快適に眠ることができた。軽量化を図り疲れが残るのと、しっかりした寝袋でちゃんと寝る。どっちが良いかな?

 そうはいっても氷点下。テントの外は寒い。そして、核心はトイレにあった。
b0050067_12401821.jpg

 朝食を採り、たっぷり霜が降りたテントを撤収してパッキング。さぁ、今日もがんばるにー!
b0050067_12421821.jpg

 うちらのチームは7:10スタート。今日もウェーブスタートで、4チーム毎に出発。
b0050067_12451817.jpg

 Tの足は、まだ痛みが残る様子。このままゴールを目指すことも考えたが、コントロール75経由でぐるりと周り、あとはゴール近くを余力が残る限りとるという戦法に。

 1つ目のコントロール(75)は、敢えて森の中を突っ切る。顕著な地形の変化が乏しいながら、コンパスを片手にずんずん進む。少々迷ったものの、最初の40ポイントをゲット、幸先が良い。

 コントロール111周辺はスルーすることにし、124を目指す。スタッフ待機ポイントで、スタッフをしていたことちゃんとハイタッチ。124も迷わずゲット。
b0050067_13064790.jpg

 ひたすら林道を登り、コントロール71、101番もスムースにゲット。最高地点にある134をゲットしたところで、しっかり水分と食糧を採る。
b0050067_13073968.jpg

 さぁ、あとは下りメインだ。113は昨日通った場所なので問題なし。114も一発。ここからブッシュの中をショートカット。
b0050067_13083714.jpg

 今思えば、引き返して115をとる余裕は十分にあったのが悔やまれるが、117をゲットしたのち、沢の出合いにある125もゲット。
b0050067_13095173.jpg

 まだ1時間40分も残っている。欲を出して116もゲット。後はトレイルをひたすら駆け下るのみ。
b0050067_13112527.jpg

 コントロール122も難なくゲット。いよいよ、終わりが近づいてきて少し寂しい。
b0050067_13134973.jpg
 
 最後のアスファルトが、疲れた脚に鞭を打つ。
b0050067_13142298.jpg

 右に顔を振れば、八ヶ岳が微笑み返してくれた。
b0050067_13153422.jpg

 最後のコントロール122をゲットし、ゴールまで最後の下り。
b0050067_13162876.jpg
 
 2日目も少々ビビりすぎたか、制限時間まで50分ほど残してゴール。どういった基準かわからないが、我々は荷物チェック(必携装備を所持していないと失格)はなし。まぁ、60リットルがパンパンだったからなぁ。
b0050067_13183481.jpg

 暖かい豚汁を頂いたが、まぁこれが美味しいこと!
b0050067_13191352.jpg

 2日目の結果は、320ポイント。距離は25.5kmで、累積登高1,427m、下降-1,419m(GPS数値)。時間は5時間11分38秒(制限時間6時間)。

b0050067_13235714.jpg
b0050067_13240260.jpg


 総合600点、時間11時間22分34秒(制限時間13時間)。この結果、順位は64位/296チームとなった。初参戦にしては上出来?いやいや、もっと頑張れた?(笑)2日間の距離は58.5km、累積登高差3,154m(GPS数値)。10数kgの荷物を担いでよく頑張った、ということにしておこう。

 ちょっと興味深かったので解析してみた。総合50ポイント刻みでヒストグラムを作成。「OMMは速い人ばかり参加する強者レース」と想像していたが、正規性を判定するシャピローウィルク検定をやってみると、ギリ5%を割って帰無仮説が棄却されたものの、色々な層のトレイルランナーが満遍なく参加していると考えてよさそうである。
b0050067_15231206.jpg

 さて、H&Oチームは既にゴールしていて、テーブルを確保してくれていた。M&Hチームも健闘し、皆、無事に制限時間内に帰着できた。まずは、無事のゴールを祝って生ビール(ドライバーはノンアルコール)で乾杯!
b0050067_15391165.jpg

 みんなはこの後、温泉に入ってご飯を食べてから帰るようであるが、私は明朝5時起きで東京出張なこともあり、早々に失礼した。

 初めてのOMM参加。レースが始まってしまえば時間が経つのはあっという間。正直、林道走りが多くて読図力が発揮される部分は思ったよりも少なかったが、コンパス片手に獲物を探る楽しさは独特。

 また、マラソンやトレランのように孤独な闘いではなく、チームとしていかに判断、行動してポイントを稼ぐかを考えるのも、なかなか戦略的で面白い。

 初めてのOMM。実に楽しかった!パートナーに採用してくれたT、またその仲間の皆様。参加した皆様、そして何よりスタッフの皆様!本当に、本当にありがとうございました!

[PR]
# by kanechins | 2017-11-12 21:01 | 「走り」の独り言 | Comments(0)

初OMM in 野辺山(day1)

 OMM(Original Mountain Marathon)
 1968年イギリスで生まれた、世界でもっとも歴史ある2日間の山岳マラソン。気候条件の厳しい時期に、必要な装備を全て背負い、読図力、判断力、走破力、タイムマネジメントなど「山の総合力」が試される、2人1組のチーム制トレランレースである。

 この週末は、OMMに初参戦すべく野辺山へ。2人1組というのがミソで、まずはパートナー探しが核心。今回は某山岳会会長のTにお誘い頂き、二つ返事。仲間内6人の賑やかなパーティーが結成された。

 レースはストレート(すべてのコントロールを順番に踏破するタイムトライアル)と、スコア(コントロールのスコア、地形や体力を判断して制限時間内に踏破するポイント制)の2種。それぞれクラスが分かれており、「どうせ参加するなら」とスコアロング(2日間で13時間)に参加。

 前夜から、野辺山入り。前夜祭では随所に火が焚かれ、本場イギリス大会の映像などが流れていて雰囲気ある。
b0050067_10235326.jpg

 ブランドブースも充実。パック、ちっちゃ!
b0050067_10251276.jpg

 日ごろの睡眠不足を解消すべく、21時過ぎには一人、車に戻る。久しぶりの車中泊、嬉しい。外は満点の星空だ。

 2017年11月11日(土)
 午前5時20分起床、外は冷たい雨が舞っている。
b0050067_10310286.jpg

 パートナーのTほか4名と受付で合流。2人のうち、1人の腕に計測チップを装着。レース終了まで外すことは許されない(故意に外した時点で失格)。
b0050067_10314987.jpg

 カッパを着て、スタート地点へ向かう。ここから4km弱、1時間程掛かるとのこと。
b0050067_10384830.jpg

 途中、きれいな半円の虹が現れ、我々を元気づけてくれた。
b0050067_10402863.jpg

 途中から古い林道を登り、スタート地点に到着。まだ地図は渡されないので、現在地がよくわからない。
b0050067_10420019.jpg

 出発まで40分近くある。標高は1,500m程度あり、濡れた体に風が当たるとなかなか冷える。さー、がんばるにー。
b0050067_10470481.jpg

 スタートは4チームずつのウエーブスタート。スタート直前に、コントロールが記された地図を渡される。
b0050067_10481416.jpg

 我々チームは、7時15分過ぎにスタート。林道を登りながら、渡された地図を確認。縮尺を見ると、ちょっといやらしい1/30,000。距離感が普段と違うことを念頭に、およその方針を決める。
b0050067_10493105.jpg

 初日の地図。
b0050067_10501208.jpg

 数字はコントロール識別番号、カッコ内がポイント。制限時間オーバーは1分につき、なんと10ポイント!時間管理も大事なスキルとなる。
b0050067_10502281.jpg

 地図に示される立入禁止エリアを除けば、ショートカットは何でもあり。ただ、必ずしもショートカットが早いとも限らず、藪下が倒木だらけだと、かえって体力も時間も浪費するだけとなることも。この辺りの判断も重要となる。

1つめのコントロール(127)は、素直に林道伝いに。最初のコントロールを無事にゲット。簡単なところはポイントも低く、10ポイント。
b0050067_10523339.jpg

 傾斜が緩いところは走り抜ける。ショートカットのつもりが、下地が荒れていたりしてかえって時間がかかることも。
b0050067_10541878.jpg

 2つ目(73)は簡単。3つ目のコントロール(74)で初トラブル。前の3、4グループが右手の藪に入るのにつられてしまい、森の中へ。地図と地形から「間違いないな」と思って我々も森に入るが、地図に載らないような小さな谷が幾重にも走り、右往左往。

 「迷えば戻る」のが基本であるが、地形的には合っていると思い、しっかり彷徨ってしまう。迷いながらもポイントをゲット。ここで、10分以上遅く出たはずのH&Oペアに追いつかれた。普通に林道からくれば迷わず獲れたらしい!?

 教訓。周りに惑わされず、基本通りに現在地を確認しながら、自分らの読図判断が重要である。

 5つ目(76)は森の中でわかりづらそうなのか、40ポイント。ここは地形が顕著であったので迷わずGET。次の107を目指すが、不明瞭な藪道を行くよりは、少し遠回りでも林道を行くか、ということに。

 しかし、これも失敗。6つ目(107)はダイレクトに斜面を下っても、わかりやすいところにあった。1/30,000図だったので、遠回りの林道は意外に長く、ダイレクトに行くより10分以上のタイムロス。この辺りの判断が難しいし、面白い。

 コントロール107で、腕につけたセンサーに記録。
b0050067_11040772.jpg

 ここから林道を駆け下るが、玉石がごろごろする荒れた林道は集中力が必要。谷を大きく回り込むような場所も幾つかあり、メンタルにもきつい。
b0050067_11083877.jpg

 途中、「なんか見たことある風景だなぁ」と思って地図をよくよく見たら、「湯川だ、ここ!」。地形図には地名が記されていないので気付かなかった。8つ目(132)のポイントもゲット。え、ということは、400m以上の登り返し!?
b0050067_11101768.jpg

 残り2時間を切った。Tは足の甲がひどく痛むらしく、特に舗装路はきついみたいだ。相当痛そうだが、笑顔を絶やさず踏ん張るT。
b0050067_11150544.jpg

 迂回地点にあるポイント2か所は諦めることにし、ゴール近くのコントロール(102)だけはなんとかGETする方針に。ここも難しくはなく、1発で発見。

 そのままゆっくり歩きながら、ゴールに向かう。
b0050067_11164430.jpg

 じきに、テントが見えてきた。制限時間が7時間の中、かなり余裕を残して6時間10分でゴール。

 初日の結果は、280ポイントで暫定105位/312チーム。距離33.0km、累積登高1,737m、累積下降1,892m(GPS数値)。お疲れさまでした!。
b0050067_11325182.jpg
b0050067_11330524.jpg

 3チームの中で最初に帰ってきたので、平らなところを選んでテントを設営。程なくして、H&Oチームがゴール!
b0050067_11342799.jpg

 M&Hペアは、タイムリミットを1時間以上過ぎて帰着。1時間遅れはルールでリタイアとなってしまうらしい、厳しい。聞けば、遠いポイントを取りに行き遅れたらしい。距離はなんと45km!?ほんと、お疲れさまでした。

 キャンプ場は、八ヶ岳の裾野に広がる快適な場所。3つのテントを3角形になるよう設置し、その内側で反省会。ウィスキーに焼酎、テキーラにワインが揃い、どれもほんとおいしい。T持参のミニトマトが劇ウマ。
b0050067_11363857.jpg

 夕食の準備。H&Oペアはベーコン&野菜たっぷりラーメン。M&Oペアは食材(比内鶏ほか)や様々な調味料(柚子胡椒ほか)にパルメザンチーズ、アルファ米を使ったリゾットなど、どれも美味しい!

 我々はフライパンを持参し焼肉にしたが、よくよく考えたら、もし雨や雪だったことを考えたらヤバかったなあ。ガス缶もTではなくGを持ってきてしまうし、寒い時期はやっぱり汁物だなぁ、と反省しきり。美味しかったけどね。
b0050067_11373488.jpg

 朝が早かったこともあり、18時過ぎには寝袋に入る。
b0050067_11384868.jpg

 さぁ、明日もがんばろー。(つづく)

[PR]
# by kanechins | 2017-11-11 20:14 | 「走り」の独り言 | Comments(0)

タイヤ交換 in 2017秋。

ちょっと早いけれど、標高が高いところは路面凍結の可能性が出てきたのでタイヤ交換。

ついでなので2台とも交換し、倉庫からの出し入れ、給油&エア入れまで含めて、およそ1時間ちょっと。時給に換算すると、4,000円前後?よし、浮いたお金で日本酒を買おう、笑。

b0050067_20420914.jpg

[PR]
# by kanechins | 2017-11-05 21:41 | 「日常」の独り言 | Comments(0)

光城山でトレラントレ。

 2017年11月5日(日)
 午前中は地区の集まりがあり、中途半端な時間を使って午後から軽くトレランもどき。

 2時間程度で行ける近場を探していたら、光城山が良さげ。田沢駅前の国道19号を北上し、田沢北の信号を右折。鉄道の高架を潜ってすぐの信号を、看板に従い左折。

 景色が良い高台の住宅街を車で走ること4、5分。右手に「光城山駐車場」の看板あり。急な登りを進むと、程なくして駐車場へ。40台位は駐車可能で、バイオトイレ2基もある。
b0050067_20065141.jpg

 歩荷用に3kgほどの荷物を背負って登り始める。急過ぎず、緩過ぎずで、かといって走って登れるほどではない。心拍数150程度を維持しながら、早歩きペースで登っていく。

 20分ほどで光城山頂。なんか見たことある小屋があるなぁ、と思いを巡らせれば、昔、天飾さんらと花見でここに集ったような。あれから、随分と月日が流れたものだ。

 そこから稜線伝いに小走りで進む。地図も持たずに来たので、主に林道を進む。紅葉がきれい。
b0050067_20140551.jpg

 途中、「天平の森」という施設に。ここも行ってから気付いたが、昔、ももちゃんらとバンガロー、泊まってない??

 さらに北上し、長峰山を目指す。傾斜、距離も手頃で、「そろそろいいかなぁ」というところで山頂に。展望台があり、登ってみるとなかなか展望が良い。ここも、なんか来たことがあるなー。
b0050067_20152402.jpg

 パラグライダー、ハンググライダーが風を見ながら待機。なかなか離陸は難しいようで、中には何度か離陸に失敗して転倒する場面も。
b0050067_20272467.jpg

 高いところは苦手なので敬遠したいところではあるが、しかし、未知の世界なので興味もないことはない。が、装備を見ると、相当にお金もかかりそうだ。体験くらいであれば、やってみたいなー。
b0050067_20281275.jpg

 結局、40分ほど山頂で過ごし、再び光城山を目指す。帰りも林道を進み、ノンストップで駐車場まで。
b0050067_20322859.jpg

 断面図。累積標高差は、GPS数値で600m!?そんなにあるかな??
b0050067_20321574.jpg


 距離は9kmほどなので、ちょっと時間があるときにはよさげだ。

[PR]
# by kanechins | 2017-11-05 20:36 | 「走り」の独り言 | Comments(0)


【 Facebook、Twitter、mixi からご訪問の方】  最新の投稿を見るには、タイトル「旅鳥の独り言」をクリックしてみてください。


by kanechin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

 Take.Gさん、コメ..
by kanechins at 16:01
久々に遊びにきたら、読み..
by 02 Take.G at 15:41
 eco nekoさん、..
by kanechins at 11:27
 miezoさん、コメン..
by kanechins at 11:16

カテゴリ

全体
「日常」の独り言
「山」の独り言
「岩」の独り言
「アルパイン」の独り言
「滑り」の独り言
「人工壁」の独り言
「沢」の独り事
「料理」の独り言
「旅」の独り言
「走り」の独り言
「氷」の独り言
「潜り」の独り言
「映画」の独り言
「本」の独り言
「音楽」の独り言
「釣り」の独り言
「農業」の独り言
未分類

ブログパーツ

登山について

クライミング、沢に限らず「登山」は体力、技術、経験、ルート状況、気象条件、装備などによりリスクを伴う活動です。本ブログに起因するいかなる事象についても責任は負いかねます。皆様の安全登山をお祈りします!
 ★ 記事下部にある「comments」をクリックするとコメントできます!

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
iron日記
おなかがすいたら登れない(旧)
デブまっしぐら!ツッキー編

ファン

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧